3バカ兄弟の日常

世界一周情報、フィリピンセブ島ブログ。2年1ヶ月の世界一周情報とセブ島情報、語学留学情報を!

ルソンその他フィリピン情報

海外、フィリピン、セブ島で風邪をひいた時の薬は?薬局、サリサリストアで!

投稿日:2015-09-20 更新日:

めっきり朝晩は涼しくなってきましたね。

もうTシャツ、ハーフパンツで寝ていると夜中に寒くて起きる事も。

でもそんな事を繰り返していたら・・・・。

 

風邪をひきましたよ!!(笑)

当たり前でした・・・・。日本に帰ってきてからめっきり風邪をひかなかったので油断しました(´・ω・`)

スポンサーリンク

アドセンス 記事下

セブ島で働いていた時はすぐに風邪をひいていた!

フィリピン ローカル

しかし、フィリピン セブ島にいた時や世界一周をしていた時は

2ヶ月に一回は風邪をひいておりました!

 

これはボクだけではなかった。

同僚の2人も2ヶ月に一度は風邪をひいていた。

ただ普通と違った。

 

日本で風邪をひいた場合、熱などはそんなに出ず、

鼻水、咳、喉の痛み

これが続くが1週間もしないうちに治ることが多かった。

 

海外、セブ島の風邪(カゼ)は熱がめっちゃ出る!

日本だと、先に述べた症状で終わるのだが、セブ島、海外でカゼをひいた場合

 

38度を越えて、39度近い熱がでるんですが!!

もう寒気とかハンパない。いや、熱帯の国にいても体が震える。

本当にカゼなのかを疑ってしまうくらいの症状。

 

ただ40度近い熱がでる場合はマラリア、デング熱の可能性があるのですぐに病院にいきましょう!!

タビロックの方の事もあるので・・・。

 

セブ島で風邪をよくひいた原因は・・・・わかっているんです。

まぁセブ島に住んでいる方ならもうそれは一目瞭然ですよね。

街中は昭和の長屋のような世界。

バランガイにはめっちゃデカイネズミ、ゴキブリ、ごみなどに囲まれて生活している。

そして一度雨が降れば・・・・。

 

そこは濁流の水が溢れる雑菌のパラダイス(笑)

はい。水はけの悪いセブの街。

いたるところで道路が川、池のようになっており、その中を車、バイク、人、そして動物、昆虫がつっこみます。

 

もちろんボクもそこをサンダルでつっこんでいたんですがね(笑)

セブで靴を履いたことって数えるほどしか・・・(´・ω・`)

 

そう、そんな雑菌だらけの世界に住んでいるフィリピン人がカゼをひく。

そして同じオフィスで働いていればすぐに菌が舞う。

そんなフィリピン人でさえやられてしまう菌に当然菌の世界に弱い日本男児。

 

当たり前のように毎度風邪をもらいましたよ!!!(笑)

すべての風邪のパスを受けきりました!。・゚・(ノ∀`)・゚・。

 

 

風邪をひいたら病院に行きましょうね♪

フィリピン ローカルこんな生活してたらまず免疫ないとすぐやられるよね(笑)

 

海外旅行保険に加入はしておきましょう!

AIUの海外留学保険

クレジットカードの付帯の保険でもいいので。

 

セブ島でもジャパニーズヘルプデスクのある病院なら日本人の方がいて、英語が不安な方でも大丈夫です。

診察、治療、薬代も保険のキャッシュレスで対応してくれます。

 

他の病院に行って立て替えた場合でも、領収書(receipt)を貰っておけば、日本に帰国後に保険会社に請求できます。

 

ボクも風邪ひいた場合は、自宅に近いアヤラのB2にある病院に行ってました!

ちゃんと帰国後にAIUに保険請求して返って来ました。

(タクシー代もね♪ちゃんとタクシー代のレシートも取っておいてね!あとレートが請求時のレートになります。ボクは得しましたが・・・。)

 

 

行く時間ないから薬で治したいって人は!

IMG_2349たぶんパラセタモールの一種。38度以上の熱の時に飲めって言われて飲んだらめっちゃ汗でてやばかった(笑)

 

海外、セブ島の薬はかなり強いのでちゃんと処方を聞いてくださいね!

薬はドラッグストアでなくてもサリサリストアでも売ってるところは売ってます。

うちの近所もみんな売ってたよ(笑)

ここに挙げるのはボクが風邪をひいたときに飲んでいた薬ですが、ウチのスタッフに聞いて買った薬なので効く、効かないの苦情は受け付けません(笑)

 

BioFlu(バイオ フルー)

BioFlu(バイオ フルー)

これはフィリピン人に「風邪ひいた」っていうとすぐにコレ買えって言われる薬。

総合風邪薬。解熱、喉の痛み、頭痛に効くと。

 

NEOZEP(ネオゼップ)

NEOZEP(ネオゼップ)

鼻水が止まらないときはコレがいいんだと。鼻カゼの時ですね。

ただしこれ飲むとめっちゃ眠くなるし、喉が渇くんですよね・・・。 

ただボクにはこの薬が一番合いました(笑)

 

Paracetamol(パラセタモール)

オレンジ色の錠剤のやつ。

これは日本で言う「鎮痛解熱剤」と同じ位置で、頭痛、解熱に有効

頭痛い、熱がある時はコレ飲んでました。

あと、写真のピンクと茶色の錠剤もパラセタモールの一種だろうけど

「38度以上の時に飲むのよ!それ以外はダメよ!」

と医者に言わて飲みましたが、服用後30分くらいで体が熱くなり汗がどばぁーっとでましたよ(笑)

が、その後も熱が下がったわけではなく、ぶり返しましたが・・・・・。

 

Loperamide(ロペラマイド)

Loperamide(ロペラマイド)

これは下痢の時によく効く薬。

これフィリピン人は2錠飲めといいますが、1錠で充分効きます。

ちょっとお値段が他の薬よりも高いです。

この薬は強力な薬ですべての菌を殺すみたいで、アメーバー菌、赤痢などの下痢の場合は医師の診断の元考えた方がいいと思います。

 

Buscopan(ブスコパン)

Buscopan(ブスコパン)

腹痛に効く薬。

ただ、6時間おき1錠を服用。

腸の動きを整える薬だと。相方が使用していた・・・(笑)

この薬も1錠30P近くするちょっとお高めな薬!

 

頭痛の時の薬は前の記事を参考にしてください。

 

どの薬も1錠から5~10Pで買えますが、くれぐれも薬を買うときは医師、薬剤師の処方を聞いて買ってくださいね。

ここに書いたのはボク、周りのフィリピン人の経験則なので・・・・(笑)

 

スポンサーリンク

アドセンス 記事下

アドセンス 記事下

ブログ村

海外生活ブログ セブ島情報でセブ島情報、世界一周情報満載の人気ブログがみれます!

関連アドセンス PC

こんな記事も読まれています♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

@yottu33をフォロー

-ルソンその他フィリピン情報
-, ,

Copyright© 3バカ兄弟の日常 , 2016 AllRights Reserved.