3バカ兄弟の日常

世界一周情報、フィリピンセブ島ブログ。2年1ヶ月の世界一周情報とセブ島情報、語学留学情報を!

日本 旅行

屋久島の縄文杉が見たい!偶然こうのとり5号機を載せたH2Bロケットの打ち上げが見れた!

投稿日:2015-08-27 更新日:

16年ぶりに台風が直撃する熊本にいたというね・・・。

旅の最後に運悪く熊本~名古屋便が欠航で延泊(ノω`●)

ということで今日からはこの1週間の旅を♪

どこに行っていたかというと・・・。

スポンサーリンク

アドセンス 記事下

そうだ!屋久島に行こう!

屋久島

 

日本に帰国したら、屋久島に行きたい!ってずっと言っていたのに・・・。

気づいたら帰国して半年以上経ってた・・・・!

 

 

今しかない!ということで急遽屋久島に行く事に。

思い立ったが吉日ですよね♪

 

そしてどうせなら暇人を巻き込もうと農家に転職したMくんを誘い出す・・・。

Mくんは「農家ですよ!休みないです!」というが、翌日もう一度確認すると言って一旦電話を切り、翌日かけると・・。

 

「親に聞いたら、別に休んで言ってきていいよと言われました(笑)」

ちょ!!それって戦力外・・・・(笑)

そんな暇人農家Mくんを誘い出し、成功して突然の屋久島ほぼノープラン旅行へ♪

 

最後に情報は纏めて載せますね♪

 

 

愛知(名古屋)から屋久島までの飛行機は?

中部国際空港 天丼中部国際空港の天丼。ウマシ!

 

さて、屋久島に行くのはいいけどどうやって行くか。

屋久島までのダイレクトのフライトはない。。。。

  1. 中部国際空港から鹿児島まで飛んで、鹿児島から屋久島まで飛ぶ。
  2. 中部国際空港から鹿児島まで飛んで、鹿児島から屋久島まで高速フェリー。
  3. 中部国際空港から鹿児島まで飛んで、鹿児島から屋久島まで鈍行フェリーor夜行フェリー。

もちろん何日行くかも決めてないボク。

3の方法を選択しましたよ♪

 

そして中部国際空港から鹿児島へのフライトは

  • 格安航空のjetstar(ジェットスター)
  • 名古屋空港、小牧ならフジドリームエアライン
  • 日本の代名詞 ANAかJAL

お得意のスカイスキャナー で検索したところ。。。。

 

ジェットスター安すぎ(笑)

2日後のフライトで機内持ち込みなしでも6000円!!

後から友達に聞いたところ、ジェットスターのプロモがあると2980円とかでも飛べるとか・・・。

しかもジェットスターは2,3日前とか前の予約でも値段が変わらないのが魅力的!!セブパシなんて取った次の日に値段変わるのに・・・(笑)

 

もう新幹線で移動はできないですな(ノω`●)

 

 

台風15号、16号と桜島の噴火の危険で避難勧告がでている鹿児島に行けるのか?

海上保安庁の船フェリー乗り場にはあの尖閣諸島に行く海上保安庁の船まで見れたよ!

 

中部国際空港から鹿児島行きのジェットスターは昼便と夕方便の2便。

そうなると鹿児島について、そのまま屋久島に移動するのは夜行のフェリーか、JALの2択。

 

JALめっちゃ高い!!わずか30分ので1万5000円とかありえん!!(笑)

時間を惜しむかたはJALがいいですね♪

時間に余裕がある方は高速フェリーか、鈍行フェリー、夜行フェリーで♪

 

さて台風が2つも向ってきている&桜島の噴火が予想される鹿児島に無事到着(笑)

ちょ!!そんな時に行くボクもステキすぎ(笑)

 

まずは鹿児島空港からフェリー乗り場に行かなくては!!

夜行フェリー「はいびすかす」の乗り場は鹿児島中央駅から更に行ったところ・・・。

 

とりあえず鹿児島中央駅まで高速リムジンバスで移動!!

着いたのが14:15ではいびすかすの出発時刻が18時だからと中央駅でダラダラと買い物とかしていたら・・・。

 

 

あらやだ!!!チケット購入は出発1時間前までで予約はできないとな!!(笑)

 

見落としていました・・・。

 

 

そして鹿児島市内・・。電車本数すくなかった(´・ω・`)

港近くの坂之上駅に着いたのは16時30分。ここから歩くと40分以上かかるらしい・・・。

てかね。

 

 

昼ごはん食ってないんだぁぁああぁああああ!!!

この後弁当屋でからあげ弁当を買って、タクシーで港まで行ったのはいうまでもない・・・・(笑)

だがこのタクシーで行ったことにより衝撃の事実を聞かされる!!

 

 

 

その日はなんと延長に延長していた宇宙ステーション補給機「こうのとり」5号機(HTV5)を搭載したH-IIBロケット5号機(H-IIB・F5)の打ち上げ日だった!

屋久島行きフェリー

 

タクシーの運ちゃんがいうには

 

「桜島の噴火なんてしょっちゅう小規模なの起きてるから全然いつもの事だよ!」

「それよりも県外からも来る大花火大会が中止になっちゃったのが痛いよね~」

 

や、やはり地元民にとってはいつもの事でしたか。そうですよね。海外の人が地震がくると怖がるけど日本人が平然としているのと同じですよね・・・。

そして次に発せられた言葉は衝撃的だった・・・。

 

 

「今日は延期していた種子島の宇宙センターからのロケットの打ち上げが予定通りいけば打ち上げられるから、種子島にフェリーがちょうど近づくから見れるんじゃないかな?」

な、なに~!!!!???

 

フェリーの上からロケットの打ち上げという一生にあるかないかの瞬間が見れちゃう!?

しかもそんな事知らなかったなんて口が裂けてもいえない(笑) 

わざわざツアーで行く人も多いのに・・・たまたま屋久島行きのフェリーが種子島経由で、タイミングよく見られるなんて・・・(笑)

 

そして無事チケットも買えて、フェリー はいびすかすに乗る・・。

中は大きく区切られた部屋で雑魚寝ができる・・・・。

ただし売店はなく、カップラーメン、ジュースの自販機のみだから食べ物持ち込んだほうがいいよ!!

 

 

そして時刻は20時。タクシーの運ちゃんが言っていた時間に甲板にでる。

波風が猛烈に強く、立っているのもやっとの状態なんですが(笑)

 

 

 

あれ・・・・みんな見ないのかな・・・誰もいない・・・・。

そして待っているが、いっこうに打ち上げられない・・・・よもや・・・・中止・・・・・!?

 

一抹の不安が頭をよぎる。

 

 

そしてスマホで打ち上げ時間を調べてみると・・・。

 

20時50分49秒やないかぁあああい!!!

運ちゃん・・・時間間違って教えおった(笑)

 

 

そして再度部屋の中で仮眠後、今度こそ・・・・。

 

今度はみんな出てきている・・・。

そして時計は20時50分を回った・・・・。

 

種子島から少し離れた位置だがどこから打ち上げられるのだろう・・・。

そんな時、20:50:49 突然暗闇から日の出のような閃光が見えて打ち上げられた・・・。

 

 

H2Bロケット打ち上げ 種子島 H2Bロケット打ち上げ 種子島

そしてそれは一度は止まって、落ちるかと思われたが、上昇、止まって、上昇を繰り返しながらどんどん宇宙に上っていく・・・。

 

H2Bロケット打ち上げ 種子島 H2Bロケット打ち上げ 種子島

 

そして遂には周りの星たちと同じ大きさになり、そしていつまでも輝いていた・・・・。

こんな感動の、そして偶然の産物にしろ、ロケットの打ち上げを近くで見上げられたこの瞬間。

なんとも言いがたい気持ち・・・。

 

 

横にいるのがMくんでなければもっと感動したはずなのに!!いや!!告白絶対に成功するはず!!(笑)

そんな感動ともんもんとした気持ちの中、再び眠りについたとさ♪

 

愛知から鹿児島、屋久島までの行き方 情報

○屋久島までの直行便はない。鹿児島、そして鹿児島から屋久島まで移動

 中部国際空港からはJetstar(ジェットスター)、ANA。小牧からフジドリームエアライン。  安くいきたいのならプロモでジェットスター。3000円せずに行けます。普通でも5,980円~

 

○鹿児島空港から屋久島までいく方法

1.鹿児島空港からJALで屋久島空港まで

一日4,5便あるので早く行きたいかた向け。ただしこの路線は日本一高い路線で2万円~

2.鹿児島から屋久島までフェリーで行く

朝7:30から最終16:00の一日6便。夏は7便。料金は片道8,800円。早割あり。

翌日朝8:30に行くならこれが片道2等4,900円、1等6,100円。

夜18時に出発し、種子島に停留、翌朝5時に出発して屋久島には朝7時に着く。

ただし種子島には降りられない。

料金は片道3,500円。時間があって安く行きたい、一泊分浮かせたい人向け。

 

○鹿児島空港から鹿児島中央駅までの行き方 

バス乗り場2番より高速バスが1時間に3本。料金1,250円一律。 天文門、市役所にいっても同じ値段。

 

屋久島の宿の予約はネットで取っておいたほうがいいです。

⇒アゴダで屋久島のホテルの予約と空室確認はこちらからどうぞ

楽天トラベルおすすめの宿です

屋久島 民宿 ひまわり <屋久島>

スポンサーリンク

アドセンス 記事下

アドセンス 記事下

ブログ村

海外生活ブログ セブ島情報でセブ島情報、世界一周情報満載の人気ブログがみれます!

関連アドセンス PC

こんな記事も読まれています♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

@yottu33をフォロー

-日本 旅行
-

Copyright© 3バカ兄弟の日常 , 2016 AllRights Reserved.