3バカ兄弟の日常

世界一周情報、フィリピンセブ島ブログ。2年1ヶ月の世界一周情報とセブ島情報、語学留学情報を!

ミャンマー 旅行

イッテQでミャンマーにイモトが行ってましたね♪ミャンマー観光の魅力とは?

投稿日:2015-03-01 更新日:

今日のイッテQでイモトがミャンマーに。

見ていてまた行きたいと思いましたね(´・ω・`)

番組だからバガンで気球に乗ってたけど・・・。

 

めっちゃ上から見た景色いいじゃん!!!!

スポンサーリンク

アドセンス 記事下

ミャンマーの魅力ってなんなの?

今日の美女 ミャンマーの魅力

 

もうそれは一言でいってしまえば、まだ発展していない、そして汚れていない人々の笑顔だと思います♪

ボクもいくまではミャンマーって軍事政権が終わってるっていってもまだまだベトナムのような社会主義のような国だと思っていました。

ただ単にまだ変わりきっていない、そしてこれからどんどん観光客が押し寄せて変わっていってしまう。

 

 

そうなる前に、変わる前にその姿を見ておきたい。

そんな気持ちもありました。

でも、行った旅人が口々にいった言葉。

 

 

あんなに心癒される国はないよ!

ボクにはただ田舎でのんびりしているんだろうなぁ~というくらいの気持ちでした。

 

 

なんだろ。ミャンマーのあの居心地のよさ

修行僧 ミャンマー

 

着いたその初日から感じる。。。。なんだろ・・・。

 

居心地のよさ、空気、人々との関わり。

これを感じずにはいられなかった。

それはどこに行っても感じた、他のアジアの国とは違う何か。

決してみんな英語が話せるわけではない。

そしてボクもミャンマー語を話せるわけではない。

でもお互いに言いたい事はわかる。

身振り手振りでなしえる会話。

 

そこに面倒な感情や、汚れた感情は一切ない。

ただ優しさ、親切な心を持って接してくれるミャンマーの人々。

 

こんなに優しさに溢れた人たちと出会える。

それだけで色んな国を見て、人とは?どういう風に接するのか距離をとっていた自分が少しずつきれいになっていく気がした。

きっとそれは同じ仏教国ということも大きいのだと思う。

 

ボクらと同じ仏教。

それは分派して形は違ってはいるけども、最初は同じ。

世界を周ったことですごくわかったこと。

それは日本にいては全然感じなかった宗教。

 

これは他の国では人々の生活、いや、根底の考え方にすごく密接に関わっている。

 

だから同じ仏教のミャンマーにはすごく親近感がわくのかもしれない。

 

 

きっと誰がいっても同じ感情になると思う

バガン 朝焼け

 

ボクがミャンマーに行った後、2人の旅人が別々でミャンマーに行った。

彼らにはボクは

 

東南アジア、いや世界中で好きな国上位に入る国。人々も優しいしきっと好きになるよ。

その言葉通りに彼らはすぐにミャンマーという国を好きになった。

決して先進国のような快適さがあるわけでもない。

かといって何もない田舎でもない。

 

ただ人々の温かさ、優しさ、素朴さに魅入られたのだろう。

そしてまだまだ残る自然。

広大な遺跡。

信仰心。

 

ミャンマー 牛使い 

 

ボクも強くオススメします!!

まだ行ってない人はぜひミャンマーの良さに触れてみてください!!

 

きっと行った初日からミャンマーの魅力にひきつけられるから♪

ミャンマーのまとめはコチラ

ホテルの予約はNo1予約サイトのAgoda

⇒ヤンゴンのホテルの予約と空室確認はこちらからどうぞ

スポンサーリンク

アドセンス 記事下

アドセンス 記事下

ブログ村

海外生活ブログ セブ島情報でセブ島情報、世界一周情報満載の人気ブログがみれます!

関連アドセンス PC

こんな記事も読まれています♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

@yottu33をフォロー

-ミャンマー 旅行
-,

Copyright© 3バカ兄弟の日常 , 2016 AllRights Reserved.