3バカ兄弟の日常

世界一周情報、フィリピンセブ島ブログ。2年1ヶ月の世界一周情報とセブ島情報、語学留学情報を!

ミンダナオ島情報

禁酒に禁煙!?ドゥテルテ大統領の政策が田舎では影響が大きい!

投稿日:2016-09-20 更新日:

さて、久しぶりのブログを書こうか!(笑)

何をしていたかというと・・・。

 

WordPressのテーマの「Affinger4」に変更して弄ってました(笑)

元々「Stinger5」に出会って、色々カスタマイズして機能が詰め込まれた進化系の「Stinger Plus」に変更したけど・・・。

マジ凄すぎる!!「Affinger4」 機能がさらに追加されて便利&カッコよすぎる!!

 

特にスゴイのが・・・もうPCからこのブログを閲覧している人はお気づきであろう(´・ω・`)

このブログはPC閲覧の3倍くらいスマホから閲覧されているが(笑)

Youtube動画背景めっちゃいいね♪ フィリピンの紹介動画っす♪

Homeだけにするか、各記事にするか今悩み中だけど、表示速度が落ちるかと思ったら、ほとんど速度もスコアも落ちてなかったし♪

Affinger4はマジでかっこいい&やりたい事がプラグインなしでできる&カラーカスタマイズがかゆい所に手が届く最高のテーマです(*´ω`*)

参考 稼ぐサイトの設計図-AFFINGER4公式ガイド

 

さて、そんなご機嫌なボクが今日書くブログは

「ロドリゴ・ドゥテルテ フィリピン新大統領に変わって今、フィリピンも大きく変わろうとしている!!」

スポンサーリンク

アドセンス 記事下

ロドリゴ・ドゥテルテ フィリピン新大統領の影響は?政策が早くも多く浸透している!

路上喫煙禁止 罰金 政策 ロドリゴ・ドゥテルテ フィリピン新大統領 

ドゥテルテ政権の政策!路上、公共の場で禁煙!罰金だよ・・・。

 

何かと日本のニュースでも話題の「ロドリゴ・ドゥテルテ大統領」

最近でもドゥテルテ大統領の発言で・・・。

  • 国連に麻薬関係者殺しの人権問題を非難されて、もう国連抜ける!
  • オバマ大統領にタガログ語で酷い言葉を言って、ラオスでの会談が中止になったり・・・・。
  • 麻薬撲滅戦争を6ヶ月延長って・・・。
  • フィリピン南部のアメリカ軍に出て行けって言ったり。

 

うむ。さすが当選前からフィリピンのドナルド・トランプと言われただけあるわ。

 

そんなドゥテルテ政権に変わって、ボクがフィリピン ミンダナオ島に訪れた8月初旬。

政権交代からわずか約1ヶ月ですでにドゥテルテ政策により、フィリピンが変わっていた!!

実際にボクがミンダナオ島 オザミス市、オロキエタ市で見た、聞いたドゥテルテ政策とは?

 

ドゥテルテ大統領就任後、6ヶ月以内に麻薬関係者撲滅!

この「6ヶ月以内に麻薬関係者を全員、超法的措置で殺す」というのは、ドゥテルテ大統領が選挙戦でいい続けてましたね。

すでに2,500人以上の人が、警察、そしてドゥテルテ大統領の私設警護団によって殺されている。

 

ボクがミンダナオ島に行った時も毎日TVのニュースで流れていました。

「恋人が麻薬の疑いで殺され、その亡骸を抱きかかえる彼女」の映像とか・・・。

相方の無数にいる親戚も射殺されましたよ。また別の一緒に飲んだ従兄弟は麻薬の疑いで突然家に警察が大量にやってきて、留置所に連行されましたよ。

 

つい先日、ドゥテルテ大統領はこの麻薬撲滅戦争の期限の延期を決めました!

フィリピンでは麻薬、大麻は蔓延していて、手にいれようと思えばどこでも、サリサリストアですら売っている。ボクの知っている限りでは某語学学校のスタッフが売っている。

葉っぱなら10スティック100P、シャブなら2~300Pで買えるフィリピンではこれはもう麻薬関係者と政府の戦いですね。

 

ただ警察は捕まえるor殺せば報奨金が手に入るとあって、あらぬ疑いで殺されたらたまったもんではない!

フィリピンに行く人は変な行動しないようにね!死ぬよ(´・ω・`)

 

お店でのお酒は夜12時まで!フィリピンの田舎は浸透しているが・・・。

ドゥテルテ大統領の政策で

 

「お店でのお酒の提供は夜12時まで!」

ボクが行った、ミンダナオ島のオザミス市とオロキエタ市は夜20時を越えれば、通りの人はまばらになる(笑)ましてお店が夜遅くまでやってない(笑)

だけど、あのみんなでパーティーしている時も夜22時を回ったら、

「もう帰らなくっちゃ!捕まる!!」

とみんな帰っていきました。

これは田舎ではかなりの影響力がでていると思います。

 

ボクが聞いた情報ではセブ島の夜のアチラのお店も1時閉店になったそうですが・・・。

マニラ、セブなどの大都市にも段々と影響していくでしょうね。

 

公共の場、外で喫煙禁止!1,2,3回目と罰金が増えていくぞ!

ダバオではドゥテルテ大統領が市長をやっていた時に施された政策。ダバオでは喫煙する場所以外では喫煙禁止のおかげで街はとってもキレイって聞いたが・・・。

 

「外での喫煙禁止!!罰金ね!!」

オザミス市ではまだ大丈夫でしたが、オロキエタ市では街中のマーケットにめっちゃデカく看板が掲げられていましたよ(´・ω・`)

みんな守っていたし、誰も路上で喫煙していなかったよ(笑)

 

これは喫煙者には肩身がせまいですが、世の中の流れですね。日本でも同じですし・・・。

マニラのニノイ・アキノ国際空港のターミナル3の喫煙も到着ロビーの外すぐのところから、道路を渡った駐車場方面になってたし。

 

ペナルティーはオロキエタ市は

  • 1回目は500P(約1,100円)
  • 2回目は1,000P(約2,200円)
  • 3回目以降は1,500P(約3,300円)

これはフィリピン人の日給平均が350Pから考えたら、日本より重いペナルティーですよね(´・ω・`)

まだセブ島は大丈夫らしいですが、その内に「公共、外での喫煙禁止」は施行されるでしょうね・・・。

喫煙者の皆さん!フィリピンでも肩身は狭くなりますよ(笑)

 

よい子は早くお帰り!子供は22時門限で破ったら親が罰せられる!

これはウソか真か酔っぱらいながら話てたので、真偽のほどは確かではないけど

 

「子供の門限は22時!それ以降に外出したら親を罰する!」

子供が翌日学校を休まないよう配慮された法律だけど、この法律もオロキエタの人々はみんな守ってましたよ(笑)

さておひらきおひらき♪で帰って行きましたからね(´・ω・`)

ただバコロドの友達とつい先日電話で話していたら、「そんな門限の話知らない。バコロドでは全然だよ!」と言ってましたが。

この22時門限政策も田舎は影響力が強いのでしょうね・・・。

 

でも子供の為を思えばいい政策かも!?

ただ、あのにぎやかな景色が特徴のフィリピンの夜の景観が見れなくなるのはちょっと寂しい感じが。昭和の匂いがする軒先でみんなで話していて、その周りで子供が遊んでいる風景が・・・・。

 

1家族子供は5人まで?4人まで? それ以上産んだらペナルティー?

この政策はオロキエタで聞いた時に衝撃でした。

 

「1家族 子供は4?5?人まで!それ以上はペナルティー(罰金)!」

ちょっと人数がフィリピン人に何人に聞いても曖昧だったので(笑)

 

フィリピンといえば大家族が特徴。カトリックで避妊に対しての教育や、中絶に対して拒否など色々な考えが混ざり合って子供が多い事で有名な国なのに・・・。

それ故に貧困問題が後ろではある。

 

フィリピンのもう一つの特徴で「兄弟の子供は親、他の兄弟姉妹が家族ぐるみで面倒を見る!」というとてもいい文化だけれども、今後この政策により子供の数は減るでしょうね・・・。

フィリピンの人口爆発の問題もしかり、中国の一人っ子政策が産み出した問題もあり、どちらがいいとは言えませんが、少子化の日本とは違ったまた問題がフィリピンにはあるでしょうし・・・。

 

 

まだまだ増えるドゥテルテ政策!今後のフィリピンは急速に変化する?

今日の美女 フィリピンの子供達

フィリピンの子供達に明るい、いい国になる事を願います。

 

ここに挙げたのはボクがミンダナオ島のオザミス、オロキエタ両市で実際に見た、聞いたドゥテルテ政策でしたが、最近聞いた話では

  1. お釣りがないよ禁止令!
  2. パートで労働はダメ!正社員化促進!

 

1の問題は観光客がいつも喰らう問題で、大きなお札でお釣りがない!って揉めた人はこの中には絶対いるね(笑)

お釣りを「アメちゃん」でもらうこともしょっちゅうだったけど、これが禁止されるのは我々観光客には嬉しいですよね♪

 

2の問題については語学学校系とか、オンライン英会話から日本人、外国人が経営しているところはどうするんだろう?

フィリピン人はすぐに「隣の芝は青く見える」精神で辞めていくので、半年は試用期間ということで雇っているオーナーが大半。

そして6ヵ月後に1年or半年で契約orパート契約というのがフィリピンでの安い労働力確保というルールだったはず。

これがフィリピン人労働者を最初から正規雇用というドゥテルテ政策により、人件費が大幅に上がる。

試用期間は会社としての義務の「SSS, Philhealth, Pag-Ibig」に加入させていないなど、人件費を削っている(´・ω・`)

 

フィリピン人にとってはちゃんとした雇用条件の確保ということで喜ばしい政策だが、日本から進出した企業はそこはしっかりと正規雇用してやっていると思うが、語学学校、オンライン英会話、飲食店などのオーナーにとっては大問題だろう。

 

とまぁまだドゥテルテ フィリピン大統領が就任してもうすぐ3ヶ月と僅かな期間でここまで色々と政策を施行したフィリピンという国。

まだマニラ、セブなどの大都市ではそこまで影響はないが、ミンダナオ島や田舎の都市ではドゥテルテ政策の影響が色濃くでているフィリピン

 

フィリピンは今後どのように変わっていくか?いい方向、悪い方向、はたまた独裁政権に行くのか?

もうすでに変わり始めたフィリピンは昔のようなハチャメチャな国から変わっていますよ!今後の変化が楽しみでもあり、すこし寂しい気もするけどね。

とまぁたまにはフィリピンの事をマジメに書いたけど、

Affinger4の機能を使うと、こんなにも色んなパターンで記事を書けるんだって実験も兼ねて(笑)

スポンサーリンク

アドセンス 記事下

アドセンス 記事下

ブログ村

海外生活ブログ セブ島情報でセブ島情報、世界一周情報満載の人気ブログがみれます!

関連アドセンス PC

こんな記事も読まれています♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

@yottu33をフォロー

-ミンダナオ島情報
-, ,

Copyright© 3バカ兄弟の日常 , 2016 AllRights Reserved.