ブログ運営

ConoHa WING(コノハウィング)の評判は国内最速?半年でわかったメリット・デメリットを徹底解説

Yoshi(丼)

長男の設定で「3バカ兄弟の日常」を書いてる中の人です。
世界一周バックパッカー旅行を2年1ヶ月56カ国した後、フィリピンのセブ島で現地採用で働いていました!
詳しいプロフィール

「国内最速」と謳い、数々のブロガーやアフィリエイターが褒めているレンタルサーバーのConoHa WING(コノハウィング)。

ConoHa WINGを使って半年経って大満足な、こんにちはYoshiです。

「サイトの高速化で一番悩むのが、レンタルサーバーを変えるかどうか?」だけど、悩んでいる人は失敗はしたくないので色々なレンタルサーバーを比較しますよね!

去年から色々な有名ブロガーやアフィリエイターさんが「サイト表示速度が速くなる!おすすめ!」と評判の ConoHa WING(コノハウィング)

はてな

ConoHa WINGってそんなにサイト表示速度が速くなるの!?理由は!?

メリットはいいけど、デメリットはないの?

実際に、去年の夏にこの「3バカ兄弟の日常」のブログを含めて2サイトConoHa WINGに移行させたよ!

結論としてサイト表示速度も速くなったし、WordPressかんたん移行でサクっとお引越しできるのでConoHa WINGはおすすめです!

⇒ConoHa WING公式ページを見る

ということで、今日は「ConoHa WING(コノハウィング)の評判は国内最速?半年でわかったメリット・デメリット」を徹底解説するよ♪

ConoHa WING(コノハウィング)の評判はサイト速度を重視するなら選ぶべし

2018/9/26にリリースされた時から「マジでサイト表示速度が速い!」とめっちゃ話題だったConoHa WING(コノハウィング)。

前々からConoHaのサービスの「ConoHa VPS+KUSANAGIでWordPress最速の環境が作れる」と話題だったでした。

次男:タクジ
KUSANAGIの方が速いなら、ConoHa WINGじゃなくていいのけ?
VPSサーバーはコマンドプロンプトで動かすから、専門知識が必要なんよ!でも、ConoHa WINGはレンタルサーバーだから難しくないんよね!
長男:Yoshi

ConoHaはWeb業界では歴史の長いGMOのサービスの1つで、ConoHa WINGの他に ConoHa VPS ConoHa for Windows Server があります。

VPSの専門知識がなくても、WordPressのサイト表示速度が速くなる環境のConoHa WING!

ConoHa WINGを使いだして半年経ったけど、安定していてサイト表示速度もエックスサーバーよりも高速になりました!

ConoHa WINGの評判を見てみると

サイト表示速度を求めるけど、VPSの知識がないならConoHa WING一択!リザーブドプランで最速になる!

中級者向けだけど、ConoHa WINGは速い!上級者でVPS環境ができるならConoHa VPSでKusanagiが最強!

Twitterをみてればわかるけど、有名ブロガーやアフィリエイターが「ConoHa WINGは速い!マジでおすすめ!」といっているよね。

サイト速度で最強を求めるならVPSでKusanagiがいいけど、ボクのように詳しくない人はConoHa WINGでも充分にサイト速度が速くなります。

まったくWordPressでブログやサイトを始めた事がない初心者にはちょっとだけ難しいかもしれないけど、ブログに慣れた人なら問題なくサイト表示速度が速くなるConoHa WINGですよ♪

 

この3バカ兄弟の日常もConoHa WINGです!

国内最速と謳う評判のConoHa WING(コノハウィング)の特徴

国内最速と謳う評判のConoHa WING(コノハウィング)の特徴

ConoHa WINGは管理画面もめっちゃ使いやすいよ(*´ω`*)

ConoHa WING(コノハウィング)は、管理画面のUXもよくてめっちゃ使いやすいです。

日本マーケティングリサーチ機構による調査で、「アフィリエイター・ブロガーが使いたいレンタルサーバー」「WordPress利用者満足度」「サポートデスク対応満足度」の3部門においてNo.1に輝いているレンタルサーバーです。

三男:増田っち
ConoHa WINGはレンタルサーバーなのに、なんで他社と比べて速い環境になるんじゃ?
高速Webサーバーってのもあるけど、リザーブドプランなどレンタルサーバーなのに専門領域が持てるのも強みだね!
長男:Yoshi

ConoHa WINGはサポートに何度もお世話になっているけど、毎回神対応でめっちゃ助かってます!

ボクもそのウチの1人だけど、新鋭レンタルサーバーのConoHa WINGは今や色々な人が乗り換えていて利用者が急増しているよ。

実際に3バカ兄弟の日常ブログで半年前から使い続けている、サイト表示速度が速いと評判のConoHa WINGの特徴やメリットを紹介するよ♪

 

高性能サーバーとWeb表示高速化機能

高性能サーバーとWeb表示高速化機能

他社と比べて速いと謳ってます!

ConoHa WINGは、最新の高安定性のWebサーバー「nginx」を採用しています。

nginxは従来のレンタルサーバーで使われているApachよりも速く、同時大量アクセスの高速処理にも優れています。

ポイント

ConoHa WINGは独自の計測結果(日本国内シェアを90%以上占めたトップ10サービスの各サービスの最下位プランをApache Benchで5回計測した平均値)では、2倍速いという結果になったレンタルサーバーです。

従来のFastCGIより20%も高速な超高速PHPアプリケーション実行環境の「LiteSpeed LSAPI」を採用しています。

また、最新のピュアSSD RAID10構成のハイスペックサーバーだよ♪

 

速い理由!独自チューニングしたコンテンツキャッシュ・ブラウザキャッシュ機能を搭載

ConoHa WINGは、独自チューニングを施した「コンテンツキャッシュ」と「ブラウザキャッシュ」機能を標準搭載しています。

WordPressは動的サイトになるので、画像やプラグインを入れたり機能を追加していくとページが遅くなっちゃうんだよね・・・。

ポイント

コンテンツキャッシュはサーバー上でキャッシュファイルが作成されるようになり、すべてのコンテンツ・静的コンテンツのみ・HTML/CSS/JS以外の静的コンテンツのみと選べます。

ブラウザキャッシュは.htaccessに記述することで代用できるけど、同一ファイルへ再びアクセスした時にブラウザ側のキャッシュファイルが利用されます。

つまり、キャッシュを用いる事によってサイトの表示速度高速化と転送量の軽減が狙えるということです!

どちらもサーバー管理画面で簡単に設定できますよ♪

エックスサーバーなど他社レンタルサーバーでもコンテンツキャッシュ機能は搭載しているけど、キャッシュクリアをするにはサーバー管理画面でキャッシュクリアをする必要があるの。

しかし、2020/3/3にConoHa WINGはWordPress管理画面上で操作できるコントロールパネルプラグイン(キャッシュ設定・WAF設定・WordPressセキュリティ設定・Webフォント設定)と、自動キャッシュクリアプラグイン(投稿した際にキャッシュクリアをしてくれる)をリリースしました!

 

HTTP/2に対応

ConoHa WINGは、データの送受信を行うときに用いられるプロトコル(通信規約)のHTTP/2に完全対応しています。

HTTP/2は複数のリクエストを同時処理してくれ、ヘッダーの圧縮やコンテンツの優先度設定などの複数のウェブページの表示速度の改善になるよ!

SSL化したブログ・サイトでは自動でHTTP/2に対応してくれているから、サイト表示速度が速くなりますよ。

 

全プランSSDの高速ストレージで稼働率99.99%以上保証と障害が少ない

  ベーシック スタンダード プレミアム リザーブド1GB リザーブド2GB リザーブド4GB
ディスク容量(SSD) 250GB 350GB 450GB 250GB 350GB 450GB
CPU 非公開 非公開 非公開 2コア 3コア 4コア
メモリ 非公開 非公開 非公開 1GB 2GB 4GB

ConoHa WINGは全プランSSDストレージを搭載していて、2020/2/5より全プランの容量アップが行われました!

みんな使っている一番下のベーシックプランでもSSD容量は250GBあるので、数十サイトかつ画像が多いサイトでなければ大丈夫です。

 

ポイントリザーブドプランはレンタルサーバーなのに自分だけの専用スペースが持てる

ConoHa WINGはCPU・メモリなどのリソースを保障し、他ユーザーの利用状況に影響されない自分だけのスペースが持てる「リザーブドプラン」があります。

リザーブドプランはレンタルサーバーの手軽さはそのままで、CPU・メモリなどのリソースが1契約毎に割り当てられます。

つまり、 他のユーザーの利用状況に影響されず常に安定した環境が得られます!

実際にボクも「リザーブド1GB」を使っているけど、めっちゃ快適でサイト速度が速いです!

 

複数ドメイン運用可能でConoHaドメインで取得・管理が同一サービスでできる

複数ドメイン運用可能でConoHaドメインで取得・管理が同一サービスでできる

ConoHaドメインの提供も開始されました!

ConoHa WINGは複数ドメイン運用可能で、複数サイトが運用できます。

追記 2020/5/25

MySQLデータベースが全プラン無制限になりました!

MySQLデータベース=WordPressの独自ドメインのサイト数となります。

つまり、今まではMySQLデータベースがベーシック(リザーブド1GB)が60個、スタンダード(リザーブド2GB)が80個、プレミアム(リザーブド4GB)が100個だったけど、2020/5/25よりいくつでもサイト・ブログを作れるようになりました!

 

同一サービス内でドメイン取得が可能

ConoHa WINGは同じサービス内のConoHaドメインでドメイン取得・移管ができ、同一サービス内で完結できるのもいいです!

時期によってはConoHa WINGでドメイン無料キャンペーンをやっています。

また、新しく始まった料金体系の「WINGパック」では、契約している限りドメインが1つ永久無料で使えます!

もちろん無料の独自SSLがあるので、サイトのSSL化(https://~)もできてオプションで有料の独自SSL証明書も発行できます。

 

NEW!WordPressかんたんセットアップで申し込みと同時にWordPressが開設できる

2020/6/2から新たに「WordPressかんたんセットアップ」機能がリリースされました。

ConoHa WINGでドメインとレンタルサーバーを同時に申し込んだ場合は、独自ドメインのSSL対応したWordPressサイトが申し込み画面で入力するだけで作成できます!

WordPressブログ初心者さんにはドメインとサーバーの紐づけなどちょっと躓く部分があるけど、申し込み画面の手順に沿っていくだけで開設できるのでめっちゃ簡単になりました。

 

WordPress簡単インストール・WordPress簡単移行・WordPressサイトコピーとユーザーが欲しい機能が多い

WordPress簡単インストール・WordPress簡単移行・WordPressサイトコピーとユーザーが欲しい機能が多い

WordPressでブログ・サイトを簡単に始められる機能が多い!

ConoHa WINGは、WordPressユーザーが欲しい機能も豊富です!

WordPressお助け機能

WordPressが簡単に始められるWordPress簡単インストールは、もちろんConoHa WINGにも付いています。

 

WordPress簡単移行で他社レンタルサーバーから簡単に引越しできる

WordPress簡単移行は、他レンタルサーバーを使っていてConoHa WINGに移行したい人にボタン1クリックでWorPressの移行・引越しができます!

ボクも「WordPress簡単移行」でこの3バカ兄弟の日常のブログをエックスサーバーからConoHa WINGに移行させたけど、1時間もかからずに終わったの。

ロリポップを使っている人は失敗することがあるようだけど、めっちゃ簡単にWordPressの移行・引越しができますよ!

追記 2020/6/16

もしも「WordPressの移行・引っ越しが失敗したら・・・」と不安な人の為に、「WordPressテスト移行」機能がリリースされました。

つまり、WordPress移行・引っ越しの本番前に、テストサイトで動作確認ができるようになりました!

実際に、ConoHa WINGに移行・引っ越しして不具合がないかチェックできるのが嬉しい。

もちろん、テストサイトをそのまま1クリックで本番の移行・引っ越しができますよ♪

 

ポイント!WordPressサイトコピーで1クリックで複製できる

中級者以上のテクニックになるけど、「WordPressサイトコピー」機能はワンクリックでドメイン載せ替えもできる(笑)

中古ドメインに載せ替えも簡単だよ。

ペラサイトを作る・サイト量産をする人には、WordPressサイトコピーはめっちゃ嬉しい機能でボクも使ってます!

 

サーバーマイグレーション機能で収容数の少ないサーバーへ移行できる

サーバープラン変更がいつでも可能で空きサーバーに移動もできる

サーバープラン変更がいつでも可能で空きサーバーに移動もできる

空いてるサーバーに移動(*´ω`*)

ブログやサイトのアクセスが多くなってくると、「なんかWordPressが遅いかも?」と感じるようになってくるよね?

逆に「プラン変更したけどGoogleの変動を受けてアクセスが減った!」などダウングレードは、レンタルサーバーによってはできない事もあります。

ポイント

ConoHa WINGは時間制課金という料金体系なので、どのプランからでもすべてのプランへの変更が即時可能です。

また、「プラン変更はちょっと・・・お金が・・・」という人にはサーバーマイグレーション機能があります!

サーバーマイグレーションは、自分が利用しているサーバーが「混雑」している場合に他の収容数が少ないサーバーに移行することができるんだよ。

ボクもサーバーマイグレーションで「空き」のサーバーに移動したことがあるけど、1クリックでできるからめっちゃラクですよ♪

その他モニタリング機能・自動プランアップの設定もできるので、ブログやサイトへの急激なアクセス増時に自動的にプラン変更してくれます!

 

14日間分の自動バックアップ機能を搭載しているから安心

14日間分の自動バックアップ機能を搭載しているから安心

自動バックアップに復元も無料だよ(*´ω`*)

ConoHa WINGは、Webサイト・メール・データベースのデータを1日1回バックアップ専用サーバーに自動コピーしてくれます。

自動バックアップデーターは14日分です。

データ復元は有料のレンタルサーバーもあるけど、ConoHa Wingはバックアップデータを無料でコントロールパネルから復元することが可能です!

 

WAF機能を標準搭載しているので不正アクセスを防止できる

WAF機能を標準搭載しているので不正アクセスを防止できる

WAFはブログ・サイトを守るセキュリティだよ!

ConoHa WINGはWAF機能(Webアプリケーションのファイアウォール)を標準搭載していて、サイトやブログを不正アクセスから守ってくれています。

その他にも

ConoHa WINGのセキュリティ機能

  • ディレクトリアクセス制限
  • IPアクセス制限
  • ログイン回数制限
  • スパムコメント/トラックバック制限
  • 海外コメント/トラックバック制限
  • 海外アクセス制限
  • TLS1.3に対応
  • ウイルスチェック
  • 迷惑メールフィルタ

など、多くのセキュリティ機能でブログやサイトを守ってくれます。

コントロールパネルで各セキュリティ機能のON/OFFは切り替えることができるから安心してね!

 

.htaccessファイルやads.txtをサーバー管理画面で編集できる

.htaccessファイルやads.txtをサーバー管理画面で編集できる

.htaccessファイルだけでなくアドセンスなどクリック型広告のads.txtも管理画面で編集作成できるよ

ちょっと記述を間違えたり保存形式を間違えるとWordPressの画面が真っ白になってしまう.htaccessファイルも、ConoHa WINGのサーバー管理画面上で簡単に操作できます。

ただし、.htaccessファイルはWordPressの動作をつかさどるファイルなので、初心者さんはむやみにいじるのは止めましょう!

その上、ConoHa WINGは2020/9/15よりads.txtをサーバー管理画面上で簡単に設置できるようになりました。

ads.txtは、Google AdSenseなどの広告配信サービスで利用が推奨されている不正な広告販売を防止する仕組みで大切なものだよ。

 

24時間365日メールサポートや電話・チャットでのサポートあり

24時間365日メールサポートや電話・チャットでのサポートあり

マニュアルや電話サポートもあるよ!

WordPress初心者は迷うことやトラブルに遭遇することが多いし、ボクも未だにトラブルに遭いますよ!

ConoHa WINGは新しいサーバーだけど、Webマニュアルもしっかりしています。

その他、サポート面も手厚くて

ConoHa WINGのサポート

  • お問い合わせフォーム:24時間受付
  • ライブチャット:平日10:00~18:00
  • 電話サポート:平日10:00~18:00

このようなサポート体制で安心です。

ボクも何度か電話サポートを受けた事があるけど、こちらの不手際だったけど丁寧な対応で、しかもめっちゃ融通が利いて優しく好印象です!

 

ConoHa WINGの料金や仕様、おすすめのプラン、転送量

  ベーシック スタンダード プレミアム リザーブド1GB リザーブド2GB リザーブド4GB
初期費用 無料 無料 無料 無料 無料 無料
通常料金 2円/時(1ヵ月最大1,200円) 4円/時(1ヵ月最大2,400円) 8円/時(1ヵ月最大4,800円) 2.5円/時(1ヵ月最大1,500円) 5円/時(1ヵ月最大3,000円) 10円/時(1ヵ月最大6,000円)
WINGパック(月額12ヶ月契約時) 900円 1,950円 3,900円 1,200円 2,550円 5,100円
ディスク容量(SSD) 250GB 350GB 450GB 250GB 350GB 450GB
CPU 非公開 非公開 非公開 2コア 3コア 4コア
メモリ 非公開 非公開 非公開 1GB 2GB 4GB
MySQLデータベース 60個 80個 100個 60個 80個 100個
転送量目安 4.5TB/月 5.5TB/月 6TB/月 4.5TB/月 5.5TB/月 6TB/月

ConoHa WINGは後発のレンタルサーバーだけど、他のレンタルサーバーと料金体系やシステムが異なっています!

この画期的なシステムがボクは好きです♪

次男:タクジ
ConoHa WINGは料金体系が1時間単位で1ヵ月最大いくらって決まってるのか!他のレンタルサーバーと違うな!
そそ。最小限のコストで借りれる+リザーブドプランって自分専用の領域が持てるんよ(*´ω`*)
長男:Yoshi

リザーブドプランで自分だけの領域が持てるので、レンタルサーバーでもVPS並の高速サーバーが目指せちゃう!

ConoHa WINGのプランごとの月額料金やお試し期間、プラン別の転送量やPVの目安について説明するよ♪

 

最低利用期間・初期費用無しでいつでも最小限のコストで始められる

ConoHa WINGは他社レンタルサーバーと違って、初期費用がなく料金が時間単位になっています!

ポイント

ConoHa WINGは1時間円で、いつでも解約できます。

おまけに他サーバーにあるような1ヵ月利用の最低利用期間などの制約もなく解約可能なので、いつでも最低限のコストでお試しできるということです。

ConoHa WINGのおすすめのプランはみんなが選んでいる「ベーシックプラン」でも充分で、サイト速度をさらに気にする人は「リザーブド1GB」プランに後から変更するって感じです。

また、お試し14日間キャンペーンや独自ドメイン無料キャンペーンもやっていてかなりお得なレンタルサーバーだよ!

 

お得になります!

WINGパックはまとめて支払いでお得&ドメイン1個永久無料

2020/1から新しく始まった月額料金制のWINGパック。

かんたん説明

WINGパックは契約期間ごと(3・6・12・24・36か月)の5つのプランがあって、通常のレンタルサーバー料金より最大46%オフの国内最安値水準の月額640円から利用できます。

おまけに、WINGパックだと独自ドメインが1個永久無料プレゼントされます。

そして、WINGパックは初回申し込み月は利用料金無料なので、月初に申し込むと最大31日間無料で利用できちゃうの。

今までConoHa WINGは他レンタルサーバーと比べると「ちょっと高いかも・・・」というイメージだったけど、WINGパックで同等、いやそれ以下でかなりお得になります!

ボクもWINGパックに変更して、ムームードメインで運用しているドメインを1個ConoHa WINGに移管して、更新料も無料になったんよね♪

 

リザーブドプランはレンタルサーバーなのに自分だけの専用領域で快適

ConoHa WINGはリザーブドプランが用意されています。

ポイント

リザーブドプランはCPU・メモリなどのリソースを保証し、他ユーザーの利用状況に影響されず常に安定した環境を利用できます。

つまり、レンタルサーバーなのにVPSのような自分だけの領域が確保されるので、他のユーザーのサイトのPVなどに影響されずにサイト表示速度が遅くならないです!

ボクも「リザーブドプラン1GB」を利用していますよ♪

 

プラン別のデータ転送量の制限、おすすめのプラン

データ転送量はブログのアクセスと関係していて、サーバーとブログを見ている人の間の転送できるデータ量のことです。

ConoHa WINGは2020/2/19にベーシック・スタンダード・リザーブド1GB・リザーブド2GBの転送量目安の増量が行われました!

ConoHa WINGのプラン別の転送量は、一番下のプランのベーシックでも3TB/月あります。

これは月100万PV(ページビュー)でも耐えられる容量なので、よっぽど月100万PV以上のサイトを複数同じサーバーに入れない限りはベーシックで十分ですよ!

3バカ兄弟の日常ConoHa WINGにWordPressをインストールする手順も参考にしてね♪

ConoHa WINGでWordPressの始め方!インストールからSSL化までわかりやすく徹底解説

ブログ運営

2020/9/12

ConoHa WINGでWordPressの始め方!インストールからSSL化までわかりやすく徹底解説

多くのアフィリエイターからブロガーが、おすすめのレンタルサーバーとして挙げている「ConoHa WING(コノハウィング)」。 2019年夏から「3バカ兄弟の日常」のブログも移行させて使っている、こんにちはYoshiです。 時間制料金やリザーブドプラン、独自チューニングされたキャッシュ機能など、色々な新しいサイト表示速度を速める機能があるConoHa WING。 はてな ConoHa WINGを使ってみたいけど、WordPress(ワードプレス)の始め方は? WordPressのインストールはどうやったら ...

エックスサーバーからConoHa WINGにWordPressを移行した結果を徹底紹介

ブログ運営

2020/8/13

エックスサーバーからConoHa WINGにWordPressを移行した結果を徹底紹介

セブ島から帰国して、一発目にやった大仕事が久しぶりのメインブログのレンタルサーバーの移行! この3バカ兄弟の日常のブログを久しぶりにサーバーのお引越しをした、こんばんわYoshiです。 このブログはロリポップからエックスサーバーに移行させて5年くらい使ってたんだけど、記事や画像が増えるにつれて特に夜の時間帯にサイト表示速度が遅くなっていたんだよね・・・。 前から気になっていた国内最速と謳っているConoHa WING(コノハウィング)は、時間単位で契約できるからお試しで乗り換えしてみました。 レンタルサー ...

 

デメリット!?

ConoHa WINGを使って気になるところ

ConoHa WINGを使って気になるところ

ConoHa WINGの気になるところは?

みんなが「サイト表示速度を気にするならConoHa WINGがおすすめ!」と評判だけど、デメリットが気になるよね?

三男:増田っち
ConoHa VPSとKusanagiが最強なら、VPSでいいんじゃないか?
おぬしはSEでコマンドプロンプトやセキュリティ関連を自分でやれるが、WordPress初心者には無理じゃ!(ノω`●)
長男:Yoshi

WordPressブログ初心者さんだとConoHa WINGを使っている人が少ないから、初歩的なトラブルに対してネットの情報が少ないってのもあるけど・・・。

他のレンタルサーバーと比べて、ConoHa WINGのデメリット部分を紹介するよ♪

 

サーバー無料お試し期間がない

ConoHa WINGは時間制の料金体系になっているから、他レンタルサーバーにあるような「サーバーお試し期間日間無料」といったことがありません!

しかし、他レンタルサーバーのような1か月単位の料金でない時間単位なので実質格安でお試しできるし、トータルの月の料金の上限で同じになりますよ♪

おまけにキャンペーンを時々やっていて、14日間無料とかあるよ。

 

セキュリティが強いのはいい事なんだけどね!

WAFが強力すぎる

ConoHa WINGを初めて使った時に「ちょ!エラーが出るやん!」と思ったのが、WAF機能が強力です。

例えば、ボクの使っているWordPressのテンプレートのAFFINGER5の管理画面の設定を変えた時に、セキュリティで弾かれました(笑)

しかし、コントロールパネルのWAF設定で特定IP(自分のPCのIP)を除外しておけば問題なく変更できます。

セキュリティ機能のWAFが、他レンタルサーバーと異なりかなり強力ですよ!

ちょっとしたWordPressの変更で引っかかったりするのはデメリット・・・いや、セキュリティ面で考えればいいことなんだけどね!

 

ConoHaではアダルトや出会い系サイトの運営は禁止

ConoHaサービスは、コンテンツに関して制限があります。

出会い系サイトやわいせつ、児童ポルノ若しくは児童虐待に相当する画像、映像、音声若しくは文書等を送信又は表示する行為、又はこれらを収録した媒体を販売する行為、又はその送信、表示、販売を想起させる広告を表示又は送信する行為は禁止しています。弊社にて確認次第、サービスの制限をいたします。

引用 アダルトや出会い系サイトでの利用は可能ですか?

アダルトサイトを運営したい場合は、mixhostカラフルボックスがおすすめです。

 

まとめ ConoHa WING(コノハウィング)は快適でサイト速度を求める人はめっちゃおすすめです

羽ばたけ!
まとめ ConoHa WING(コノハウィング)は快適でサイト速度を求める人はめっちゃおすすめです

翼が生えたようにサイト速度が速くなるよ(*´ω`*)

ConoHa WING(コノハウィング)は、数々のブロガーやアフィリエイターがおすすめしているサイト表示速度の速いレンタルサーバーです。

サイト表示速度が速い機能やWordPressでブログ操作を簡単にできる機能、またレンタルサーバーなのに「リザーブドプラン」で自分だけのスペースも持てるといったメリットがあります。

「ConoHa WING」は、こんな方にはおすすめですね♪

こんな方におすすめ

  • 「サイト表示速度がめっちゃ速い!」とみんなの評判の新鋭サーバーを使いたい!
  • 時間単位で借りられるレンタルサーバーを探している!
  • ブロガーやアフィリエイターがおすすめして信頼・安定のレンタルサーバーを使いたい!

実際に、この3バカ兄弟の日常のブログはConoHa WINGのリザーブドプラン1GBで運用しているので、こんな感じになります!

次男:タクジ
ConoHa WINGでしばらく落ち着くな!
三男:増田っち
これは・・サイト表示速度が速いバイ!
サポート体制もいいし、なによりサーバーマイグレーションやリザーブドプランと他社レンタルサーバーにない機能がいいよ(*´ω`*)
長男:Yoshi

ConoHa WINGは新しいサーバーなので、次々とお試し期間キャンペーンだけはなくドメイン無料やサーバー料金格安キャンペーンなどをやっています。

サイト表示速度に悩んでいる人が問題解決するConoHa WINGは、WordPressに慣れてきた人にはめっちゃおすすめのレンタルサーバーですよ♪

2020/11/6まで「ConoHa WING 2周年記念キャンペーン」で12ヶ月契約以上のWINGパックを新規申込すると全プラン20%オフになります。

3バカ兄弟の日常あわせて読みたい!

ConoHa WINGでWordPressの始め方!インストールからSSL化までわかりやすく徹底解説

ブログ運営

2020/9/12

ConoHa WINGでWordPressの始め方!インストールからSSL化までわかりやすく徹底解説

多くのアフィリエイターからブロガーが、おすすめのレンタルサーバーとして挙げている「ConoHa WING(コノハウィング)」。 2019年夏から「3バカ兄弟の日常」のブログも移行させて使っている、こんにちはYoshiです。 時間制料金やリザーブドプラン、独自チューニングされたキャッシュ機能など、色々な新しいサイト表示速度を速める機能があるConoHa WING。 はてな ConoHa WINGを使ってみたいけど、WordPress(ワードプレス)の始め方は? WordPressのインストールはどうやったら ...

エックスサーバーからConoHa WINGにWordPressを移行した結果を徹底紹介

ブログ運営

2020/8/13

エックスサーバーからConoHa WINGにWordPressを移行した結果を徹底紹介

セブ島から帰国して、一発目にやった大仕事が久しぶりのメインブログのレンタルサーバーの移行! この3バカ兄弟の日常のブログを久しぶりにサーバーのお引越しをした、こんばんわYoshiです。 このブログはロリポップからエックスサーバーに移行させて5年くらい使ってたんだけど、記事や画像が増えるにつれて特に夜の時間帯にサイト表示速度が遅くなっていたんだよね・・・。 前から気になっていた国内最速と謳っているConoHa WING(コノハウィング)は、時間単位で契約できるからお試しで乗り換えしてみました。 レンタルサー ...

AFFINGER5(アフィンガー5)の評判は速度?使ってわかったデザインセンスがある人におすすめする理由とは?

ブログ運営

2020/8/13

AFFINGER5(アフィンガー5)の評判は速度?使ってわかったデザインセンスがある人におすすめする理由とは?

AFFINGER5(アフィンガー5)WINGが発売されてから約2週間・・・。 やっと、AFFINGER4EX+子テーマのJETのサイトを全部AFFINGER5EX+JETにした、こんばんわYoshiです。 AFFINGER5にして、カラー設定やカスタマイズも何とか終わって、少しずつ過去記事のリライト作業を再開したんだけど・・・。 WordPressの有料テーマだと、みんな同じになって似たり寄ったりのサイトになっちゃうでしょ? ちょ!あかん!AFFINGER5(アフィンガー5)WINGはめっちゃカラー設定で ...

ムームードメインの取得方法やネームサーバーの変更をわかりやすく徹底解説

ブログ運営

2020/8/13

ムームードメインの取得方法やネームサーバーの変更をわかりやすく徹底解説

この「3バカ兄弟の日常」のブログは、3月12日のGoogleのコアアルゴリズムのアップデート「フロリダ2アップデート」を喰らってPVが半減しました・・・。 別のサイトも隕石が直撃して焼け野原にされた、こんにちはYoshiです。 今日まで色々な内部施策をして5割減⇒3割減くらいまでPVは戻したけど、しょっちゅうGoogleの検索順位が変動しているし基本は放置や・・・。 つまり、2年ぶりくらいにドメインを一気に十数個取得して、新サイトを複数作っていたわけですよ。 そんな時に、副業解禁のご時世で友達から「ブログ ...

旅行ブログで2020年9月のおすすめレンタルサーバー

ボクが10年以上かいていたブログを、無料ブログからWordpressへと移行させて約5年が経ちました。

そんなボクが最初に迷ったのがWordpress構築環境のレンタルサーバーとドメインです。

レンタルサーバーを実際に使って渡り歩いた経験から、信頼できるおすすめのレンタルサーバーを教えます♪

【国内最速】今使っていて一番おすすめのConoHa WING

このブログでも使っている国内最速と謳うレンタルサーバーのConoHa WINGは、マジで新鋭なのに速くて独自チューニングしたキャッシュ機能に高速WebサーバーのNGINXに対応しています。

WordPressかんたん移行機能やサイトコピー機能でワンクリックで複製できるし、なによりサーバー料金が時間単位という課金設定です!

2020/11/6まで「ConoHa WING 2周年記念キャンペーン」で12ヶ月契約以上のWINGパックを新規申込すると全プラン20%オフになります。

おまけに独自ドメインが1個永久無料プレゼントです。

【国内シェアNo1】安心と快適さのエックスサーバー

なんといっても、多くのブロガーから、アフィリエイター、ビジネスサイトオーナーまでも使用している国内シェアNo1&信頼度バツグンのエックスサーバー

管理画面も初心者の人でもめっちゃ分かりやすいし、Wordpressの自動インストール機能にサイト高速化設定もあって、WordPressが初めての人でもおすすめのレンタルサーバーです。

エックスサーバーは1,000円/月からで複数サイト運営もOKで、独自SSLも無料対応、24時間365日で電話サポートがあって安定安心のレンタルサーバーです。

2020/11/5までドメイン1個永久無料プレセント&12ヶ月以上の契約で料金20%オフの月額720円からのキャンペーンをやっていますよ。

【満足度調査3冠】アダルトサイトもOKでサイト表示速度の速いmixhost

2019年7月期日本マーケティングリサーチ機構調べで「アフィリエイター&ブロガー満足度」「アクセス処理速度満足度」「表示スピード満足度」の1位を獲得したmixhost(ミックスホスト)

ボクが別ブログで使っている一押しレンタルサーバーのmixhostは、高速で高機能、高安定性を追求した初期費用無料のピュアSSD採用高性能クラウド型レンタルサーバーです。

SSDなのでページ表示速度も速いし、mixhostだけで使えるプラグイン「LiteSpeed Cache」を使えばほとんどデフォルト設定でキャッシュ+サイト高速化できます!

複数サイト運営もマルチドメイン無制限で、しかもアダルトサイトもOKな上にもちろん無料SSLも付いていて特にサーバー側で設定することなくSSL化できますよ♪

2020/9/30までサーバーとセットで契約するとドメイン1個永久無料プレセントキャンペーン&プレミアムプラン以上で初回支払い料金が半額のキャンペーンをやっていますよ。

【コスパ最強】セキュリティ万全で格安のカラフルボックス

mixhostよりも格安でそれ以上の機能が搭載されたカラフルボックス(ColorfulBox)は、初期費用無料のピュアSSD採用高性能クラウド型レンタルサーバーです。

マルチドメイン無制限で複数サイトが作れるし、SSL対応、リージョン(地域)が東京・大阪から選べてバックアップも別対応で安心できます!

アダルトサイトもOKで別IP・別領域なので、普通のサイトの人も安心でコスパ最強のレンタルサーバーです。

2020/12/31まで12か月以上の契約の場合は、有料アップグレード時にクーポンコード「7DFYDRV5」を入力すればサーバーが10%オフになります。

【もう遅いなんていわせない】WordPress初心者におすすめのロリポップ

昔は「遅いし重い!」といわれていたレンタルサーバーのロリポップ

新しいLiteSpeedを採用したプランにサイト表示速度が速くなる施策が次々と出てきて、「安いレンタルサーバーがいい」というWordPress初心者さんにおすすめです。

管理画面もわかりやすくて見やすい、電話サポートがあるのもWordPress初心者さんに優しいですよ!

サポート満足度94%のロリポップは250円/月から借りられます。ハイスピードプランは1,000円/月からでSSD+LiteSpeedでサイト表示速度がめっちゃ速くなりますよ。

2020/12/31まで全プランリニューアル記念で初期費用が無料のキャンペーンをやっていますよ。

\ この記事はお役に立ちましたか? /

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ブログ運営
-, ,

© 2015 3バカ兄弟の日常