3バカ兄弟の日常

世界一周やフィリピンに関する情報など色々なお役立ち情報を発信するブログメディア

当サイトで広告掲載の依頼や語学学校の紹介記事作成も始めました。費用等、お気軽にお問合せください。⇒お問い合わせはこちら

WordPress ブログ

WordPressの画面が真っ白に!エラーの原因はfunctions.phpがUTF-8(BOM付き)?

投稿日:2016-02-23 更新日:

「ブログの過去記事の修正でもしよっかな♪」と思って、いつもどおりWordpressの「更新」キーを押下したら・・・。

「予期せぬエラー」が発生した!こんばんわ ボクです・・・。

WordPressをカスタマイズしようとして「画面が真っ白」になった事は1度や2度はありますよね?

でも今回はいつもの「functions.phpをいじって画面が真っ白」問題とは違ったので、自分の反省の意味もこめて残しておかないと!

ということで、今日は「WordPressの画面が真っ白に!エラーの原因はfunctions.phpがUTF-8(BOM付き)?」

スポンサーリンク

WordPressの画面が真っ白になるエラーは「functions.php」の記述ミスが多い!

WordPressの画面が真っ白になるエラーは「functions.php」の記述ミスが多い!

あか~ん!WordPressの画面が真っ白になってもうた!

WordPressをカスタマイズしようとして、テーマの編集で「functions.php」をいじってるとよくある「画面が真っ白でエラー表示されてなにもできなくなる問題」はみんな最初のうちに経験しますよね?

次女:トリキシちゃん
あ~あ・・・慣れない事をするから、WordPressを壊しちゃったのね。
初めて「画面が真っ白になった」時は、「WordPressが壊れた!!」ってパニックになったよ!
長男:Yoshi

メモ

functions.phpを編集で「変な改行、スペースをいれる」と、コードエラーでエラー表示されて、画面が真っ白になってWordPressが表示されなくなるから、必ずバックアップを取ってから編集しましょう!

ボクはそんな事は露知らず、「これからガツガツいじって自分のブログかっこよくするんだ!!」といじって、「エラー表示で画面真っ白」でWordPressの自分のページが開かずに焦りました(笑)

その時はプラグイン「BackWPup」でバックアップを取っていたため、「functions.php」ファイルをFTPソフトの「ffftp」で戻して、無事に元に戻りました♪

functions.phpはテーマの機能の中枢を担っていて、「改行・スペースを余分にいれるだけ」でもエラーでWordPressの画面が真っ白になるので、編集する時は必ず「Terapad」などのテキストエディタにバックアップを取ってから編集しましょう!

 

スポンサーリンク

functions.phpをいじってないのにWordPressの画面が真っ白エラーに!原因はUTF-8の「BOM」ありで保存!?

functions.phpをいじってないのにWordPressの画面が真っ白エラーに!原因はUTF-8の「BOM」ありで保存!?

どうせまたWordPressのfunctions.phpに何かやったんでしょ?

ロリポップ!のプラン変更をして、モジュール版phpにして喜んでいたのもつかの間、今回は「ロリポップ!のモジュール版phpをONにしただけ」なのに、同じように「WordPressの画面が真っ白」になったのです!

ロリポップのモジュール版PHPをプラン変更で適応!WordPressの表示速度は!?
ロリポップのモジュール版PHPをプラン変更で適応!WordPressの表示速度は!?

ボクは元々「ガイアックス(もう閉鎖されたHPスペース)」から「Yaplog!(ヤプログ)」を使って、日常やバンドの事から ...

続きを見る

次女:トリキシちゃん
どうせまたfunctions.phpに余分な改行とか、テキストを入れたんでしょ?
functions.phpはいじってないけど、WordPressの投稿画面で「更新」を押したら画面が真っ白になったよ!
長男:Yoshi

一応バックアップが手元にあったのでffftpで戻して、再度「更新」キーを押下しても、同じくエラーが表示される(ノω`●)

今回の「画面真っ白問題」の現象と原因は?

 

WordPressの画面が真っ白になる現象は?「Cannot modify header information – headers already sent・・・」と表示される

WordPressの画面が真っ白になる現象は?「Cannot modify header information – headers already sent・・・」と表示される

STINGER5は悪くないね!オマエの操作が悪いね!

WordPressの画面には「Stinger5 Cannot modify header information – headers already sent・・・」と表示されているので、同じような症状が出ている人がいないか検索する!

英語のページだらけだけど、検索結果としては「WordPressテーマのStinger5は関係ない」が、どうもfunctions.phpのエラーが関係していることは英語でいっぱい書かれている。

ただ日本語の同現象の人は少ないけど、かなり「レアなケース」であったよ!

今はボクには最強のWordPressテーマのAFFINGER5に変えたよ!

AFFINGER5(アフィンガー5)の評判は速度?デザインセンスがある人におすすめする理由を説明するよ
AFFINGER5(アフィンガー5)の評判は速度?デザインセンスがある人におすすめする理由を説明するよ

AFFINGER5(アフィンガー5)WINGが発売されてから約2週間・・・。 やっと、AFFINGER4EX+子テーマの ...

続きを見る

 

WordPressの特定の操作「更新」キーを押下でエラー、「アイキャッチ画像のメディアライブラリに何も表示されない」、プラグインの有効/無効でエラー表示される

WordPressの画面がエラー表示される現象としては

  • 投稿の編集画面で「更新」キー押下でエラー
  • 投稿の編集画面から「アイキャッチ画像を設定」に進むと、メディアライブラリに何も表示されない
  • プラグインの設定画面で有効または無効にするとエラー

このような現象がでた場合は、同じ原因でWordpressエラーが起きている確立が高いです(ノω`●)

 

原因はfunctions.phpが「UTF-8N:BOMあり」だとエラー表示!WordPressは「UTF-8」の文字コードが使われているけど、BOMあり・BOMなしの2種類がある!

functions.phpがUTF-8N:BOMありだとエラー表示!WordPressは「UTF-8」の文字コードが使われているけど、BOMあり、BOMなしの2種類がある!

TeraPadで文字/改行コードを指定保存できるよ!

functions.phpがUTF-8N:BOMありだとエラー表示!WordPressは「UTF-8」の文字コードが使われているけど、BOMあり、BOMなしの2種類がある!!

UTF-8とUTF-8Nがあるよね?

ボクは普段CSS,PHPファイルをいじる時に、今まで「文字コード」なんて全然気にせずにいじっていたのですが・・・。

メモ

WordPressはUTF-8の文字コードが使われていて、UTF-8には「BOMあり・BOMなし」があります!

まず「BOM」って何??から始まりますよね?

 

UTF-8のBOMとは?

バイトオーダーマーク (byte order mark) あるいはバイト順マーク(バイトじゅんマーク)は通称BOM(ボム)といわれる、Unicodeの符号化形式で符号化したテキストの先頭につける数バイトのデータのことである。このデータを元にUnicodeで符号化されていることおよび符号化の種類の判別に使用する。

出典 Wikipedeiaバイトオーダーマーク

メモ

つまりUTF-8の場合は、16進数表記で先頭に「0xEF 0xBB 0xBF」のコードが書かれていると「BOMあり」になります!

 

WordPressはUTF-8コードで「BOMなし=UTF8N」にしないといけない!

メモ

WordPressの場合は、UTF-8コードで「BOMなし=UTF8N」にしなければいけません。

ということで、WordPressが真っ白画面でエラー表示されたのは、「BOMあり」でfunctions.phpを保存しているとエラー表示されるってことだね(ノω`●)

 

functions.phpに「BOM」が付いているかの確認方法と修正方法は?

functions.phpに「BOM」が付いているかの確認方法と修正方法は?

もうBOM付きでもBOMなしでもいいじゃん!オレと遊ぼうぜ♪

じゃあ実際に「functions.phpにBOMが付いているのかどうか?」どうやって確認するのか?

次女:トリキシちゃん
BOMって爆弾ね!いつのまにfunctions.phpにBOMを付けたのかしらね?
ちょ!そんな新たな問題があったとは!「BOM付きの確認方法と修正方法」を探さねば!
長男:Yoshi

メモ

functions.phpをバイナリーエディターで開くことで、BOMが付いているかどうか確認することができます!

バイナリーエディターはVectorなどのフリーソフトでダウンロードできるよ!

ボクは「Stirling 」ってソフトで開きました!

Stirling(スターリング)

 

確認方法!functions.phpをバイナリエディターで確認した時にBOM付きとBOMなしの違いは「EF BB BF」の文字コード

functions.phpをバイナリエディターで確認した時にBOMありとBOMなしの違いは「EF BB BF」の文字コード

BOM付きの場合は「EF BB BF」の文字があるよ!

functions.phpをバイナリエディターで確認した時にBOMありとBOMなしの違いは「EF BB BF」の文字コード

BOMなしの場合は「EF BB BF」の文字がないよ!

functions.phpが「BOM付き」か「BOMなし」かをバイナリーエディターで確認する方法は

  • 「BOM付き」でfunctions.phpが保存されている場合:バイナリーエディター「Stirling」で開いたときに○で囲ってある部分に「EF BB BF」がある!
  • 「BOMなし」でfunctions.phpが保存されている場合:バイナリーエディター「Stirling」で開いたときに○で囲ってある部分に「EF BB BF」がない!

メモ

バイナリーエディターで開いたときに「EF BB BF」の文字があればBOM付き、文字がなければBOMなしということになります!

ボクのfunctions.phpは見事に「BOM付き」だったのね!

どおりでエラーがでるわけです(ノω`●)

 

UTF-8のBOMがエラーの原因だった!BOMなしに修正する方法は?

functions.phpがUTF-8N:BOMありだとエラー表示!WordPressは「UTF-8」の文字コードが使われているけど、BOMあり、BOMなしの2種類がある!!

文字/改行コード指定保存で「UTF-8N」を選択して、上書き保存してやればOKだよ!

原因は「BOMあり」でFunctions.phpが保存されていることだったとわかったけど・・・。

どうやって「BOM」を消せれるのか?「BOMなし」に修正する方法は?

メモ

テキストエディターでFunctions.phpを開いて、「BOMなし=UTF-8N」で保存しなおせばOKです!

テキストエディターはVectorなどのフリーソフトでダウンロードできるよ!

ボクは「TeraPad」ってソフトを使ってます!

参考 TeraPad

「TeraPad」の場合は、functions.phpを開き

  • UTF-8:BOM付き
  • UTF-8N:BOMなし

ファイル>文字/改行コードを指定保存で「UTF-8N」に指定して、上書き保存すれば「BOMなし」になります。

また今後の事も考えるのであれば

表示>オプション>文字コードで保存文字コードを「UTF-8N」

にしておけば毎回文字コードを指定せずとも「UTF-8N(BOMなし)」で保存してくれます!

次女:トリキシちゃん
あとはffftpなどのFTPソフトでファイルをWordPressのThemaフォルダにアップロードして、既存のfunctions.phpファイルと置き換える、上書きしてやればOKね!
おお!エラーが消えた!ボクのWordPressが復活したよ~(ノω`●)
長男:Yoshi

 

まとめ WordPressのfunctions.phpをイジる時にはテキストエディターでバックアップか元ファイルを別の場所に!「BOM付き=UTF-8」文字コードに注意してね!

まとめ WordPressのfunctions.phpをイジる時にはテキストエディターでバックアップを!「BOM付き=UTF-8」文字コードに注意してね!

エラーの原因は「ロリポップのFTPサーバー」でファイルをいじったからか!

WordPressをカスタマイズする時に「functions.php」ファイルをイジることが多々ありますが、変な改行やスペースをいれると「画面が真っ白になる」ので、必ずテキストエディターでバックアップか元ファイルを別の場所に保存しておきましょう!

またバックアップ時に「UTF-8=BOM付き」で保存されていると、ボクのように「白い画面にエラーコード」が表示されるので注意してくださいね!

次女:トリキシちゃん
でも今まで問題なかったのに、「モジュール版PHPにしただけ」でBOMありになっちゃったの?
そういえば最初の頃はロリポップのFTPサーバーでファイルをいじってたな・・・ってFTPで保存形式が「UTF-8」しかないやん!!
長男:Yoshi

これが原因なのかはっきりわからないけど、これからはCSS、HTMLをいじってテーマをカスタマイズするのはTeraPadでちゃんとやろうと心に固く誓いました(*´ω`*)

たまに面倒でWordPressの「テーマ編集」で子テーマをいじって表示がおかしくなるならまだいいが、functions.phpをいじるのは怖いし、もうロリポップ上のFTPでテーマファイルの編集はやらないでおこうと誓った日でした♪

今回参考にしたサイト様です。

http://www.poc39.com/archives/935 http://naifix.com/utf-8-bom/

同じくWordPressのトラブルでこんな事もあるので参考にしてね♪

WordPressで「このサイトのアップロードサイズ上限を超えています」と表示された時の対処方法は?

レンタルサーバー

2018/4/30

WordPressで「このサイトのアップロードサイズ上限を超えています」と表示された時の対処方法は?

ゴールデンウィークなのに、真ん中が普通に出勤日になっている・・・。 有給の残り日数の関係上、3連休と4連休に分かれている、こんにちはボクです。 今ボクが使っているWordPress(ワードプレス)のテーマの「」の高速化の一環で、PHPバージョンをこの前推奨の7.1にすべてのサイトをアップデートしてました。 リライト作業もやっと落ち着いてきて、新規記事を書いて写真をアップロードしようとしたら、「このサイトのアップロードサイズ上限を超えています」って表示された事はありませんか? あかん!そういえばWordPr ...

続きを見る

簡単解決!WordPressで「現在メンテナンス中のため、しばらくご利用いただけません。」のエラー対処法まとめ

WordPress ブログ

2019/2/7

簡単解決!WordPressで「現在メンテナンス中のため、しばらくご利用いただけません。」のエラー対処法は?

日本に一時帰国してやる事がいっぱいあったけど、なんとか次々とこなしています。 ちょっと放置していたブログをいじろうと思って、さっそくトラブった、こんにちはボクです。 WordPress(ワードプレス)でブログを書いている人は、色々なプラグインを入れていて、よくプラグインのアップデートがありますね。 プラグインやWordPressのアップデート中は、メンテナンスモードが有効になります。 WordPressのメンテナンスモード中に、ついつい他の画面に遷移したりして「現在メンテナンス中のため、しばらくご利用いた ...

続きを見る

旅行ブログで2019年3月のおすすめレンタルサーバー

ボクが10年以上かいていたブログを、無料ブログからWordpressへと移行させて約5年が経ちました。

そんなボクが最初に迷ったのがWordpress構築環境のレンタルサーバーとドメインです。

レンタルサーバーを実際に使って渡り歩いた経験から、信頼できるおすすめのレンタルサーバーを教えます♪

信頼度No1!安心と快適さのエックスサーバー

なんといっても、多くのブロガーから、アフィリエイター、ビジネスサイトオーナーまでも使用している信頼度バツグンのエックスサーバー

管理画面も初心者の人でもめっちゃ分かりやすいし、Wordpressの自動インストール機能にサイト高速化設定もあって、WordPressが初めての人でもおすすめのレンタルサーバーです。

独自SSLも無料対応していて、24時間365日で電話サポートがある手厚いレンタルサーバー!

エックスサーバーは1,000円/月からで複数サイト運営もマルチドメイン無制限の安心のレンタルサーバー!

しかも初期費用無料キャンペーンや独自ドメインプレゼントなどをやっているので、今すぐチェックすべきです!

快適・高速なWordpressに特化したwpXクラウド

「エックスサーバーは月額1,000円からが高い!」って人には、同じエックスサーバーが運営しているwpXクラウド

クラウドサービスのwpXサーバーは、Wordpressに特化した月額500円から利用できるサーバーで、1ドメインしか運営できないけど、サイトのアクセスが増えてきた時に後から容量アップさせる全7段階のリソース拡張もできます。

もちろん独自SSLが無料で標準搭載されているので、サイトのSSL化もできます♪

WordPress運営に特化したwpXクラウドはWordPress運用に特化して高速化&最適化されたレンタルサーバーで、表示速度に悩んでいる・安く1サイトを運営したい人にはおすすめです!

話題!SSD搭載の格安レンタルサーバーのmixhost

ボクが別ブログで使っている一押しレンタルサーバーのmixhostは、高速で高機能、高安定性を追求した初期費用無料のピュアSSD採用高性能クラウド型レンタルサーバーです。

かれこれ半年以上使っていてサーバーが落ちた事もないし、SSDなのでページ表示速度も速いし、mixhostだけで使えるプラグイン「LiteSpeed Cache」を使えば、ほとんどデフォルト設定でキャッシュ+サイト高速化できます!

複数サイト運営もマルチドメイン無制限で、しかもアダルトサイトもOKな上にもちろん無料SSLも付いていて特にサーバー側で設定することなくSSL化できますよ♪

Wordpressテンプレートは評判の最強テーマAFFINGER5

めっちゃお世話になってるSEOに強いWordPressテーマのAFFINGER4が、改良されて新しくリリースされたAFFINGER5

AFFINGER4の機能に、さらにカラーデザインで、おしゃれなかわいい、かっこいいサイトやブログが作れる機能がいっぱいです!

配色センスがある人でも、ボクのようなない人でも、十人十色の個性豊かなオリジナルサイトが簡単に作れます♪

もちろんSEO最適化されていて、新記事だけはなく、重要といわれる過去記事のリライト作業も楽しくなるようなアイテムがいっぱいあります。

12,800円から5月の大幅アップデートで14,800円に値上がりして、次はいつ値上がりするかわからないからお早めにね!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-WordPress ブログ
-, ,

Copyright© 3バカ兄弟の日常 , 2019 All Rights Reserved.