3バカ兄弟の日常~世界一周旅行情報・セブ島生活ブログ~

3バカ兄弟の日常-世界一周旅行情報・セブ島生活ブログ-2011/3/16より2年1ヶ月56カ国をバックパッカー旅で得た費用,持ち物,観光,行き方,安宿,お土産,フィリピン・セブ島留学情報など更新中!

WordPress関連

BOM付きでfunctions.phpがエラーで真っ白になるのはUTF-8コードだった

投稿日:2016-02-23 更新日:

ロリポップ!のプランをモジュール版phpにして、喜んでいたのもつかの間・・・・。

2,747view
サクラ
ロリポップのモジュール版PHPをプラン変更で適応!WordPressは速くなった?

今日は今まで書いてなかったタイプの記事を。 ボクは元々ガイアックス(もう閉鎖されたHPスペース)→Yaplog!(ヤプロ ...

続きを見る

 

さて、ブログの過去記事の修正でもしよっかな♪

と思っていつもどおり「更新」キーを押下したら・・・。

 

予期せぬエラーが!!

スポンサーリンク

アドセンス 記事下

functions.phpを編集で変な改行、スペースをいれるとコードエラーでエラー表示されて、画面が真っ白になり、WordPressが表示されなくなる!?

え!!WordPressのテーマの編集でfunctions.phpをいじってるとよくある

 

画面が真っ白でエラー表示されてなにもできなくなる問題!?

これとほぼ似たような現象でした。

これってみんな最初のうちに経験しますよね?

ボクも初めてなった時は

「壊れた!!!WordPress!!」

ってパニックになりました。

 

functions.phpはテーマの機能の中枢を担っているので、編集する時は必ず「Terapad」などのテキストエディタにバックアップを取ってから編集しましょう!

ボクはそんな事は露知らず

 

これからガツガツいじって自分のブログかっこよくするんだ!!

といじって、「エラー表示で画面真っ白」でWordPressの自分のページが開かずに焦りました(笑)

ネットで同じような症状を調べたら、めっちゃたくさん同じことが・・・・。

 

必ず、テーマ編集を行う時はバックアップを取ってからCSS、htmlカスタマイズしましょう!

あぁ・・・もう遅い。エラー表示された・・・。

その時はプラグイン「BackWPup」でバックアップを取っていたため、functions.phpファイルをFTPソフトのffftpで戻して元に戻りました♪

 

functions.phpは改行、スペースを余分にいれるだけでもエラーで吹っ飛ぶのでいじる時は必ずバックアップを取りましょうね!

で、今回は「ロリポップ!のモジュール版phpをONにしただけ」なのに同じように画面真っ白になったので????状態でした

 

 

「Cannot modify header information – headers already sent・・・・・・・・・」と表示されて画面が真っ白になりました・・・functions.phpいじってないんだけど・・・。

functions.phpはいじってないがエラー表示。

一応バックアップが手元にあったのでffftpで戻して、再度「更新」キーを押下しても同じくエラー

 

あれ!?functions.phpのエラーのはずなのに治らない!?

ボクの使っているStinger5がモジュール版phpに合わないのか・・・。

これはロリポップ! のモジュール版phpが使えないのか!?

 

いや、そんな事はないはず。

ちょっと調べてみよう!

ってことでググってみたら、かなりレアなケースだがあった・・・・(笑)

 

 

functions.phpをUTF-8の「BOM」ありで保存するとエラー表示で真っ白になる!!

「Stinger5 Cannot modify header information – headers already sent・・・・・・・・・」

でググってたら、英語のページがよく出ること(笑)

 

検索結果としてはStinger5は関係ないが、どうもfunctions.phpのエラーが関係していることは英語でいっぱい書かれていた・・・。

ただ日本語の同現象の人は少ないが・・・・。

 

ちょっと違うけど同じエラーが出ているな・・・。

と試しにこのブログ主と同じことをやってみたら・・・。

参考 http://www.poc39.com/archives/935

参考 http://naifix.com/utf-8-bom/

まるっきし同じエラーがでましたよ!!

 

「更新」キーを押下でエラー、「アイキャッチ画像のメディアライブラリに何も表示されない」、プラグインの有効/無効でエラー表示される

現象としては

  • 投稿の編集画面で「更新」キー押下でエラー
  • 投稿の編集画面から「アイキャッチ画像を設定」に進むと、メディアライブラリに何も表示されない
  • プラグインの設定画面で有効または無効にするとエラー

ほぼ同現象となった・・・(笑)

この方のブログに原因と対策が書いてあったので実施してみよう!

 

WordPressでは「UTF-8」の文字コードが使われているが、BOMあり、BOMなしの2種類がある!!

WordPress TeraPad UTF-8 BOMありなしボクは普段CSS,PHPファイルをいじる時にTeraPadを使っているが、ファイル>文字/改行コードを指定保存で選択できた!

 

今まで文字コードなんて全然気にせずにいじっていたが、WordPressはUTF-8コードで

 

しかもUTF-8には「BOMあり」、「BOMなし」があると。

まずBOMって何??から始まりますよね?

BOMとは

バイトオーダーマーク (byte order mark) あるいはバイト順マーク(バイトじゅんマーク)は通称BOM(ボム)といわれる、Unicodeの符号化形式で符号化したテキストの先頭につける数バイトのデータのことである。このデータを元にUnicodeで符号化されていることおよび符号化の種類の判別に使用する。

引用:Wikipedeia

つまりUTF-8の場合、16進数表記で先頭に「0xEF 0xBB 0xBF」のコードが書かれている場合、BOMありとなる。

WordPressの場合、UTF-8コードでBOMなしにしなければならない。

 

つまり「BOMあり」でfunctions.phpを保存しているとエラー表示されるってことだね!!

 

 

functions.phpにBOMが付いているかどうか、バイナリエディターで確認する

じゃあ実際functions.phpにBOMが付いているのかどうかどうやって確認するのか?

バイナリーエディターでfunctions.phpを開くことで確認することができます!

バイナリーエディターはVectorなどのフリーソフトでダウンロードできるのでダウンロードしてね♪

ボクはVectorで「Stirling 1.31」ってソフトで開きました。

 

BOMありの場合のfunctions.php

WordPress TeraPad UTF-8 BOMあり

「BOMあり」でfunctions.phpが保存されている場合、

バイナリーエディター Stirlingで開いたときに青○で囲ってある部分に「EF BB BF」がある!

 

BOMなしの場合のfunctions.php

WordPress TeraPad UTF-8 BOMなし

「BOMなし」でfunctions.phpが保存されている場合、

バイナリーエディター Stirlingで開いたときに青○で囲ってある部分に「EF BB BF」がない!!

 

 

UTF-8のBOMがエラーの原因だった! BOMなしにするにはどうしたらいい?

原因は「BOMあり」でFunctions.phpが保存されていることだったと判明。

じゃぁ「BOMなし」にすればいい?

 

どうやって「BOM」を消せれるのか?

 

TeraPadの場合、保存時に「UTF-8N」を選択してやればよい!

ボクは「TeraPad」を使っているのでその説明になってしまいますが。

テキストエディターはVectorなどでフリーソフトであるので、ダウンロードしてきてね♪もちろん「TeraPad」もあります。

 

WordPress TeraPad UTF-8 BOMありなしクリックで画像拡大できるよ!

functions.phpをTeraPadで開き、ファイルを保存しなおしてやればOK!

  • UTF-8:BOM付き
  • UTF-8N:BOMなし

ファイル>文字/改行コードを指定保存で「UTF-8N」に指定して、保存すれば「BOMなし」になります。

 

また今後の事も考えるのであれば

表示>オプション>文字コードで保存文字コードを「UTF-8N」にしておけば毎回指定せずとも、「UTF-8N(BOMなし)」で保存してくれます!

 

あとはffftpなどのFTPソフトでファイルをWordPressのThemaフォルダにアップロードして、既存のfunctions.phpファイルと置き換える、上書きしてやればOK!

 

 

今回モジュール版PHPにしたことによってなぜPHPエラーがでたのか?

ロリポップ FTPあぁ!!ここが原因!?

 

今まで何も問題がなかったのに、なぜ今回ロリポップのモジュール版PHPに変更したことによってエラーがでた!?

 

謎だ!!(笑) だが原因はBOMありでなしにしたら治りました!!

ただ、どこでBOMありにしたのだろう・・・と思って、そういえば最初の頃はロリポップのFTPサーバーでファイルいじってたなっと思い、見てみると・・・。

 

FTPで保存形式が「UTF-8」しかない!!

が、これが原因なのかははっきりわからないが。

 

これからCSS、HTMLをいじってテーマカスタマイズするのはTeraPadでちゃんとやろう。

たまに面倒でWordPressの「テーマ編集」で子テーマいじって表示がおかしくなるならまだいいが、functions.phpいじるのは怖いし(笑)

 

もうロリポップ上のFTPでテーマファイルの編集はやらないでおこうと誓った日でした♪

 

アドセンス 記事下

アドセンス 記事下

ブログ村

海外生活ブログ セブ島情報でセブ島情報・世界一周情報満載の人気ブログがみれます!

関連アドセンス PC

旅行ブログのおすすめ!レンタルサーバー

ボクが10年以上かいていたブログを「無料ブログ⇒Wordpress」へと移行させて、約3年経ちました。そんなボクが最初に迷ったのがWordpress構築環境の「レンタルサーバー」と「ドメイン」です。

特に「レンタルサーバー」はどこがいいのか?安定しているのか?迷いますよね?

レンタルサーバーを実際に使って、渡り歩いた経験から信頼できるおすすめのレンタルサーバーを教えます♪

一押し!SSD搭載の格安レンタルサーバーの「mixhost」

ボクが別ブログで使っている一押しレンタルサーバーの「mixhost」は、月額480円から利用できて高速・高機能・高安定性を追求した、「初期費用無料のピュアSSD採用高性能クラウド型レンタルサーバー」です。

かれこれ半年以上使っていてサーバーが落ちた事もないし、SSDなのでページ表示速度も速いし、mixhostだけで使えるプラグイン「LiteSpeed Cache」を使えば、ほとんどデフォルト設定でキャッシュ+サイト高速化できます!

複数サイト運営も「マルチドメイン無制限」で、しかもアダルトサイトもOKな上、もちろん無料SSLも付いていて特にサーバー側で設定することなくSSL化できますよ♪

ただし「日本の法律」に準じていないとダメですよ!

mixhostは今ならお試しでも損をしない「30日間も無料お試し期間付き」で、「初期費用無料」で、「自動バックアップ機能」も標準搭載の優れたレンタルサーバーです!

信頼度No1!安心と快適さの「エックスサーバー」

もうなんといっても多くのブロガーから、アフィリエイター、ビジネスサイトオーナーまでも使用している信頼度バツグンの「エックスサーバー」

「独自SSLも無料」対応しており、「24時間365日で電話サポート」がある手厚いレンタルサーバーです!

管理画面も初心者の人でもめっちゃ分かりやすいし、Wordpressの自動インストール機能にサイト高速化設定もあって、WordPressが初めての人でもおすすめのレンタルサーバーです。

ボクも「メインのこのブログ」も含めて、エックスサーバーを使っています!

エックスサーバーは1,000円/月からで複数サイト運営も「マルチドメイン無制限」の安心のレンタルサーバー!9/29まで新規サーバー申し込みで「ずっとドメインが無料」をやっているから、お早めにね♪

快適・高速なWordpressに特化した「wpXクラウド」

「エックスサーバーは月額1,000円からが高い!」って人には、同じエックスサーバーが運営している「wpXクラウド」

月額500円から利用できるWordpressに特化したクラウドサービスのwpXサーバー!

1ドメインしか運営できないけど、サイトのアクセスが増えてきた時に「後から容量アップさせる全7段階のリソース拡張」もできます。

もちろん「独自SSLが無料」で標準搭載されているので、サイトのSSL化もできます♪

WordPress運営に特化したwpXクラウドはWordPress運用に特化して高速化・最適化されたレンタルサーバーで、表示速度に悩んでいる・安く1サイトを運営したい人にはおすすめです!

 

Wordpressテンプレートは評判の最強テーマ「AFFINGER4」

レンタルサーバーではないけど、ボクがずっと使ってきたWordPressテーマの「Stinger5」の進化版のテーマ「AFFINGER4」

機能の豊富さもさることながら、「ユーザーの為のユーザーの使いやすさを考えられたSEOに最適なテーマ」なのです!

ボクも今の全ブログでAFFINGER4を使っていますが、複数サイトに使用OKでランキングに今多く見かける「会話アイコン」も標準搭載です。

他にもSEOに強い戦略的テンプレート「賢威7」次世代型サイト作成システム「SIRIUS」があるけど、「そこまでお金を出せない!」という人はAFIINGER4はオススメです♪

AFFINGER4はSEOにも強くて、デザインも色々カスタマイズできるのに他有料Wordpressテーマより安いのです!このブログからならさらにお得な「公式価格8,500円のところを500円オフ」で買えます!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Yoshi(丼)

Yoshi(丼)

長男の設定で「3バカ兄弟の日常」を書いてる人。 世界一周バックパッカー旅行を2年1ヶ月56カ国した後、フィリピン・セブ島で約2年間オンライン英会話の会社で現地人に揉まれながらマネージャーをやっていました。

-WordPress関連
-, , ,

Copyright© 3バカ兄弟の日常~世界一周旅行情報・セブ島生活ブログ~ , 2017 All Rights Reserved.