3バカ兄弟の日常

世界一周やフィリピンに関する情報など色々なお役立ち情報を発信するブログメディア

ブログ運営

ロリポップが遅いし重い!高速化する方法とエックスサーバーに移転の注意点を説明するよ

投稿日:2016-03-27 更新日:

やっとWordpress(ワードプレス)のブログをロリポップ!からエックスサーバーに移転(移行)が終わったけど・・・。

まだリンク切れとか修正しないといけない、こんにちはボクです。

WordPress(ワードプレス)の立ち上げから月額500円と安いレンタルサーバーのロリポップ!だけど・・・。

マジでレンタルサーバーのロリポップが遅いし重すぎって感じませんか?

3月になってブログを開くのも激遅いし激重になったので、ロリポップの高速化を試して、結局エックスサーバーに移転しました。

ということで、今日は「ロリポップが遅いし重い!高速化する方法とエックスサーバーに移転の注意点」を説明するよ♪

スポンサーリンク

ロリポップが遅いし重い!Wordpress(ワードプレス)のブログやサイトの高速化の方法は?

ロリポップが遅いし重い!Wordpress(ワードプレス)のブログやサイトの高速化の方法は?

ロリポップが遅いの!?重いから泣いちゃうよ?

以前、レンタルサーバーサーバーのロリポップのエコノミープランからスタンダードプランに変更して、モジュールPHPを適用して画面が真っ白になりながらもWordPress(ワードプレス)のブログの高速化ができたと思ったんですよ・・・。

そう思って、ふとブログのサイト(ページ)の表示速度を計測してみたら?

毎回Page Speed InsightやGTmetrixの改善点で、CSSの調整や圧縮を有効って出てくるわ!
長男:Yoshi
三女:ウィラちゃん
ロリポップのスタンダードプランでも、表示スピードで30秒以上かかっていることもあるわよね(笑)

レンタルサーバーのロリポップのプラン変更&モジュールPHP適用をしても、ロリポップが遅いし重いと感じたボク。

そこで、Wordpress(ワードプレス)のブログやサイトを、2つの方法でロリポップの高速化にチャレンジしたので説明するよ♪

Page Speed Insight GTmetrix

 

ロリポップの高速化でWordpress(ワードプレス)のプラグインAutoptimizeでHTMLやCSS、JavaScriptを縮小する

ロリポップの高速化!Wordpress(ワードプレス)のプラグイン「Autoptimize」でHTMLやCSS、JavaScriptを縮小する

プラグインのAutooptimizeでロリポップの高速化に挑戦!

レンタルサーバーのロリポップの高速化の1つ目の方法で、WordPress(ワードプレス)のプラグインAutoptimizeを使います。

かんたん説明

Autoptimizeは、チェックを入れるだけでHTMLにCSS、JavaScriptを縮小してくれる便利なプラグインです。

実際に、Autoptimizeを導入して設定してみたら、確かに遅いロリポップの速度やスコアも上がりました。

しかし、Autoptimizeを使用したら新たな問題点が出てきました!

  1. AmzonJSのアマゾンの商品画像が表示されない。
  2. nendの広告が表示されない

解決方法は、AutoptimizeのJavaScriptの詳細設定「Force JavaScript in ? 」にチェックいれたら直ったけれども、なんか色々他のJavaScriptを使っているところにも不具合が発生してしまった・・・。

色んな詳細設定の組み合わせで直したけど、ロリポップの高速化との引き換えに色々とボクの環境では不具合がありまくりなので、Autoptimizeを使うことは止めました。

 

ロリポップの高速化で.htaccessで圧縮とブラウザのキャッシュを制御する

ロリポップの高速化!「.htaccess」で圧縮とブラウザのキャッシュを制御する

.htaccessを編集して圧縮のブラウザのキャッシュを制御してロリポップの高速化に!

ロリポップの高速化の2つ目の方法は、.htaccessを編集します。

.htaccessを編集して、mod_deflateとmod_expiresでコンテンツ・画像の圧縮、ブラウザのキャッシュの有効期限を設定します。

ボクが他のサイトを参考に.htaccessに記載したのは、

<IfModule mod_deflate.c>
SetOutputFilter DEFLATE
BrowserMatch ^Mozilla/4 gzip-only-text/html
BrowserMatch ^Mozilla/4\.0[678] no-gzip
BrowserMatch \bMSI[E] !no-gzip !gzip-only-text/html
SetEnvIfNoCase Request_URI \.(?:gif|jpe?g|png|ico)$ no-gzip dont-vary
SetEnvIfNoCase Request_URI _\.utxt$ no-gzip
#DeflateCompressionLevel 4
AddOutputFilterByType DEFLATE text/plain
AddOutputFilterByType DEFLATE text/html
AddOutputFilterByType DEFLATE text/xml
AddOutputFilterByType DEFLATE text/css
AddOutputFilterByType DEFLATE application/xhtml+xml
AddOutputFilterByType DEFLATE application/xml
AddOutputFilterByType DEFLATE application/rss+xml
AddOutputFilterByType DEFLATE application/atom_xml
AddOutputFilterByType DEFLATE application/x-javascript
AddOutputFilterByType DEFLATE application/x-httpd-php
</IfModule>

<ifModule mod_expires.c>
ExpiresActive On
ExpiresDefault "access plus 1 seconds"
ExpiresByType text/html "access plus 1 seconds"
ExpiresByType image/gif "access plus 30 days"
ExpiresByType image/jpeg "access plus 30 days"
ExpiresByType image/png "access plus 30 days"
ExpiresByType image/x-icon "access plus 30 days"
ExpiresByType text/css "access plus 7 days"
ExpiresByType text/javascript "access plus 7 days"
ExpiresByType application/x-javascript "access plus 7 days"
ExpiresByType application/x-shockwave-flash "access plus 7 days"
</ifModule>

FileETag none

https://dogmap.jp/2010/04/20/wordpress-htaccess/

注意ポイント

.htaccessはWordpress(ワードプレス)の制御をしているので、FTPソフトでダウンロードして編集して書き換えましょう!

つまり、最悪な場合はWordpressのファイルが壊れてブログやサイトが修復不可能になるから気をつけて編集してください。

.htaccessで圧縮とブラウザのキャッシュを制御は、サイト表示スコアも改善されて表示スピードも3~4秒速くなりました。

ロリポップで起こりうる問題でWordPressの画面が真っ白になった場合やモジュール版PHPにしたい人は参考にしてね♪

WordPressの画面が真っ白に!エラーの原因はfunctions.phpがUTF-8(BOM付き)で直し方を紹介するよ

ブログ運営

2016/2/23

WordPressの画面が真っ白に!エラーの原因はfunctions.phpがUTF-8(BOM付き)で直し方を紹介するよ

「ブログの過去記事の修正でもしよっかな♪」と思って、いつもどおりWordpressの「更新」キーを押下したら・・・。 「予期せぬエラー」が発生した!こんばんわ ボクです・・・。 WordPressをカスタマイズしようとして「画面が真っ白」になった事は1度や2度はありますよね? でも今回はいつもの「functions.phpをいじって画面が真っ白」問題とは違ったので、自分の反省の意味もこめて残しておかないと! ということで、今日は「WordPressの画面が真っ白に!エラーの原因はfunctions.php ...

続きを見る

ロリポップのモジュール版PHPをプラン変更で適応!WordPressの表示速度は!?

ブログ運営

2015/12/9

ロリポップのモジュール版PHPをプラン変更で適応!WordPressの表示速度は!?

ボクは元々「ガイアックス(もう閉鎖されたHPスペース)」から「Yaplog!(ヤプログ)」を使って、日常やバンドの事から、世界一周バックパッカーの旅、フィリピン・セブ島生活のブログを書いていました。 その後、WordPress(ワードプレス)にブログを移行させて、最初は?状態だったけど、段々と慣れてきて「カスタマイズ」に夢中になったりしていたりと・・・。 でもきっと同じ悩みは多いはず!?WordPress(ワードプレス)の表示速度が遅くて重いんだけど!?ウチのブログだけ!? ということで、今日は「ロリポッ ...

続きを見る

 

引っ越し!ロリポップからエックスサーバーに移転する方法

ロリポップからエックスサーバーに移転する方法

ロリポップはもう諦めな!他のレンタルサーバーに変えちゃいなよ!

ロリポップの高速化やモジュール版PHPの導入などをして、やっとこさ軽くなってきたと思ったら・・・。

3月に入ってからロリポップが遅いし重すぎる!

平均読み込み速度が43.87秒とかって、みんながページを開くの待たずに閉じるわ(ノω`●)
長男:Yoshi
三女:ウィラちゃん
そもそも、よっぽど興味があるタイトルか知りたい内容でなければ待たないわね♪

そのうち改善されると思って騙し騙しロリポップで耐えていたけども、「 検索順位チェックツールGRC 」でメインキーワードの順位が下がったの・・・。

ポイント

一般的に3秒以上ページの読み込みにかかると、閲覧者はそのサイトを開く前に閉じる傾向が強くなるといわれています!

明らかにブログのPV(ページビュー)が減少してたから、もうサーバーをエックスサーバーかwpXに移転するしかないと考えました。

今回ボクはエックスサーバーに移転(移行)したけど、wpXもキャッシュが効いてWordPressだけなら全然アリです。

サーバーの移転(移行)は、かなりの大作業というか初めての作業だからどうやっていいのかもわからなし、失敗すればデータが吹っ飛ぶこともありえますね。

友達がロリポップからエックスサーバーに移転するのに5日間かかったと記事を書いていたし、ググると苦戦、数時間で終わった、データ消えたetcの記事がいっぱいでてきます。

とりあえず10日間お試しもあるので、まずエックスサーバーに申し込みましょう♪

レンタルサーバーをロリポップからエックスサーバーへの移転(移行)させるの作業の大まかな流れは

  1. ロリポップのデータベースをエクスポート
  2. ロリポップのファイルをダウンロード
  3. エックスサーバーにデーターベースをインポート
  4. エックスサーバーにファイルをアップロード

うん。こうやって書くと簡単だけど、初めてのサーバー移転作業はハードルが高いです。

上記レンタルサーバーの移転作業をするけど、プラグインを使用して移転する方法と自力でデータ移行する方法があります。

  1. WordPress(ワードプレス)のプラグインDuplicatorを使用して、さくっとサーバー移転できる方法
  2. 地道に自分でエクスポート・インポート、ダウンロード・アップロードする方法

調べていくと、この2種類の方法でみんなサーバー移転しているとの事でした。

後で結果は発表するけど、両方のサーバー移転する方法を説明していくね♪

 

WordPress(ワードプレス)のプラグインDuplicatorでサーバー移転する方法

①Wordpress(ワードプレス)のプラグイン「Duplicator」でサーバー移転する方法

プラグインのDuplicatorでサーバー移転をサクっと終わらせるつもりが(ノω`●)

ロリポップからエックスサーバーに移転作業で、まず最初にWordpressのプラグインの新規追加でDuplicatorをインストールします。

Duplicatorで移転元のデーターパッケージを作成して、移転先にアップロードします。

 

プラグインDuplicatorのパッケージのセットアップ

プラグイン「Duplicator」でデータのPackage(パッケージ)を作成する

RequirementsがPassの緑になることを確認してね!

プラグインのDuplicatorでPackages(パッケージ)を作成する為のセットアップをします。

メニューの「Packages」から「Create New」を選択。

注意ポイント

RequirementでErrorがでた場合は、その原因を解消してください!

ここでRequirementでErrorがでたら色々やらないといけないけど、とりあえず全ての項目がPassということはセーフでした。

 

大事!システムスキャンでWarnがいっぱい表示された場合

システムスキャンで「Warn」がいっぱい表示された場合は?

あかん!システムスキャンで赤文字のWarnがいっぱい(ノω`●)

システムスキャンで「Warn」がいっぱい表示された場合は?

エラー内容が英語だから大変!

システムスキャンで「Warn」がいっぱい表示された場合は?

Filesのトータルサイズはマズい気が!

次に「Next」を押すと、システムスキャンが始まります。

しばらく待っていると・・・あかん!Warnがいっぱいでた(笑)

警告内容を確認してみると

  • Cathe PathのWarnはサイズが大きすぎって事だけど、無視してそのまま成功した人もいるのでボクも無視!(笑)
  • FileのTotal SizeのWarnは1.18GBで大きすぎだと・・・確かに写真をいっぱい入れている・・・。
  • DateBaseのWarnは156.88MBだからたぶんそのままいけるはず・・・。

Fileサイズが大きすぎるのがネックだけど、パッケージングの強硬手段で「Build」をクリックします。

 

注意!パッケージが作成終了したらダウンロードだけどファイルサイズが大きい人はDuplicatorはエラーがでて使えません

ボクの場合は残念ながら、何度やってもエラーでパッケージングができませんでした。

注意ポイント

ファイルサイズが大きいとDuplicatorは使えないみたいで、数百MB程度のブログなら大丈夫なようです!

パッケージングが成功した人は、その後にPackage Completedと表示されたらInstallerとArchiveの両方を自分のPCにダウンロードして、エックスサーバーの設定作業にはいります。

Duplicatorでのロリポップからエックスサーバーへの移転はママハックさんの記事を参考にやってたから、成功した人は続きをママハックさんのやり方でやってください!

http://mama-hack.com/duplicator

Duplicatorでのロリポップからエックスサーバーへの移転は失敗に終わったから、地道に移転作業するか(ノω`●)
長男:Yoshi

プラグインのDuplicator・All-in-One WP Migration、新しい一番簡単なプラグイン「UpdraftPlus」を使った移行も参考にしてね♪

【Duplicator】mixhostにWordpressを他サーバーから移行する方法と注意点まとめ

ブログ運営

2017/4/1

【Duplicator】mixhostにWordPressを他サーバーから移行する方法と注意点まとめ

前回のブログ記事で、mixhostがまだ運用歴は短い新しいレンタルサーバーだけど、「安い、SSDストレージで速い、お試し期間も30日間と3拍子揃ったおすすめサーバー」と褒めましたね。 実際に、他ブログを海外サーバーの「Hostgator」から「」に移転させたけど、全く問題なしで安心している、こんばんわボクです。 レンタルサーバーの移行・引越し作業って難しいって思うし、失敗したら大変なことになるってボクも含めて感じるよね・・・。 mixhostを含めて、今ではより安全なレンタルサーバーを移行させる3つの方法 ...

続きを見る

【All-in-One WP Migration】mixhostにWordpressを他サーバーから移行する方法と注意点まとめ

ブログ運営

2017/4/3

【All-in-One WP Migration】mixhostにWordPressを他サーバーから移行する方法と注意点まとめ

レンタルサーバーを変えようとして、なるべく簡単な移行・引越しのプラグインを使いたいですよね! mixhostに引越し・移行しようとして、プラグインのDuplicatorを使って失敗した、こんばんわボクです。 過去にWordPressを他サーバーに移行しようとして、プラグインのDuplicatorを使った時も失敗したけど・・・。 WordPressを他サーバーに移行・引越しが簡単なプラグインのAll-in-One WP Migrationって知ってる? レンタルサーバーの移行・引越し作業って難しいし、失敗し ...

続きを見る

【UpdraftPlus】ColerfulBoxにWordPressを他サーバーから移行する方法と注意点まとめ

ブログ運営

2019/6/30

【UpdraftPlus】ColerfulBoxにWordPressを他サーバーから移行する方法と注意点まとめ

いいレンタルサーバーの話を聞いても、レンタルサーバーを引越し・移行するのってメンドクサイですよね・・・。 そんな中、久しぶりに他社サーバーからColorfulBox(カラフルボックス)にWordpress(ワードプレス)を移行させた、こんばんわボクです。 過去に何度もサーバーのお引越し・移行をやってきたボクだけど、今回はロリポップに置いてあったサイトをColorfulboxに移行させました! でも、WordPressを他サーバーに引越し・移行って失敗するとデータが消えて怖くない?大丈夫なの? 途中で失敗し ...

続きを見る

 

正規の方法でロリポップからエックスサーバーに移転する時の注意点

②正規の方法でロリポップからエックスサーバーに移転する時の注意点は?

エックスサーバーの管理画面もわかりやすくて使いやすいよ(*´ω`*)

地道にプラグインを使わずにサーバー移転するなら、移転元のデータベースをエクスポートしてファイルをダウンロード、移転先にデーターベースをインポートしてファイルをアップロードします。

正規の方法で、サーバー移転作業で注意した点だけ説明するよ♪

 

ロリポップはバックアップ機能がお試しで10日間使えるので、バックアップを取る

レンタルサーバーの移転作業で、データが損失したら泣けますね?

ポイント

ロリポップのバックアップ機能が10日間お試しで使えるので、万が一にも備えてバックアップを取りましょう!

ロリポップのバックアップ機能は、ロリポップの管理画面のバックアップからWebサイトとデータベースの両方をバックアップしておきました。

その後「お申し込み情報>次回更新>更新しない」を選択しておかないと自動更新になるから注意しましょう!

つまり、Webサイトとデーターベースの両方のバックアップを取っておくことで、万が一にも誤ってデータを消してしまっても復元できます。

 

ポイントWordPressのキャッシュ系・バックアップ系・セキュリティー系のプラグインを停止か削除する

サーバー移行するときに最もおちいりやすいワナが、キャッシュ系、バックアップ系、セキュリティー系のプラグインを有効にしている人です。

ポイント

キャッシュ系やバックアップ系、セキュリティー系のプラグインを入れている場合は、サーバー移行時に問題が発生する事が多いので停止するか一番いいのは削除しておいた方がいいです。

サーバー移転時にエラーしやすいプラグインは、

  • WP Super Cache
  • Head Cleaner
  • EWWW Image Optimizer
  • BackWPup

ボクの場合はWP Super CacheやHead Cleanerは入れてなかったけど、EWWW Image Optimizerは移転後にプラグインがエラーしていたので入れなおしました。

BackWPupも移転後たぶんファイル構成が変わった為にエラーしたので、停止か削除しておいたほうがいいかもです。

一番ボクが困ったのはプラグインSiteGuardで、管理画面のログイン画面で画像認証をかけていたので、サーバー移転後の動作確認で管理画面へのログイン画面で、画像認証の画像が表示されずに困った(笑)

プラグインSiteGuardも停止か、画像認証はOFFしておいた方がベターです。

 

FTPソフトはFFFTPでなく、大容量ファイルも高速で転送できるFileZilla

サーバー移転時には、大量のファイルを旧サーバーからダウンロード、新サーバーにアップロードします。

ポイント

FFFTPはファイルのアップロードに失敗、または時間が数時間かかるというので、FileZillaでアップロードする方がラクです。

FileZillaの設定でデフォルトだと同時アップロード数が2なので、「設定>転送>最大同時転送数を「10」(Max)」に変更したほうがいいです。

アップロードに失敗したファイルは、転送失敗タブでファイル選択>キューファイルに戻す>転送で再アップロードすればOKです。

例えば、ボクのブログの1GB越えのデータでも朝起きたら終わってました。

FilleZillaの使い方や設定はコチラのサイト様を参考に使いました。

http://wisdommingle.com/ch3-ftp-client-filezilla-wordpress-kotohajime/ https://osdn.jp/projects/filezilla/

 

移転先エックスサーバーでの動作確認でhostsファイルの書き換えと動作確認URL設定両方で試す

ムームードメイン 」などの独自ドメインのDNS(ネームサーバー)を書き換える作業があります。

ポイント

書き換えなければまだロリポップのままなので、書き換えの前にエックスサーバーでhostsファイルの書き換えか動作確認URL設定で動作確認をします。

自分のDNS(ネームサーバー)がムームードメインの場合は、「コントロールパネル>ドメイン選択>ネームサーバ設定変更」で確認してください。

エックスサーバーでの動作確認の方法が

  1. hostファイルの書き換え
  2. エックスサーバーの「動作確認URL」を使う

どちらの方法でも確認できるけど、①の方法はちょっと問題があって、会社のPCのWindows7でhostファイルの書き換えでこのブログを見ようと思ったら、どうやってもロリポップの方が表示されてしまいました。

セキュリティソフト、PCの管理者の設定などでhostファイルの書き換えがうまくいかない事があります!

自宅では、セキュリティーソフトの機能停止で繋げれました。

今どっちのサーバーで表示されているか判りやすいように、プラグインで使ってないor停止していたプラグインで判断するのも便利です。

例えば、ボクはロリポップのブログの方はそのプラグインを削除して、どちらに繋いでいる状態か判別していました。

  • プラグインがない→ロリポップ
  • プラグインがまだ停止中である→エックスサーバー

①の方法に不安がある、PCのhostファイルをいじるのが怖い方は、②の方法のエックスサーバーにある機能の動作確認URL設定で仮のURLを発行して繋げて確認できるから安心してください。

エックスサーバーのヘルプにも書いてあるので、そのまま設定すれば1時間くらいで発行されて管理画面も確認できて便利でした。

エックスサーバーヘルプ

よし!無事にロリポップからエックスサーバーに移転作業は終了したぞ!
長男:Yoshi
三女:ウィラちゃん
地道に正規のサーバー移転方法でやれば、誰でもできるのね!

WordPressの独自ドメインやテーマについて参考にしてね♪

ムームードメインの取得方法は?実際に使っているからわかる注意点から設定を説明するよ

ブログ運営

2019/5/11

ムームードメインの取得方法は?実際に使っているからわかる注意点から設定を説明するよ

この「3バカ兄弟の日常」のブログは、3月12日のGoogleのコアアルゴリズムのアップデート「フロリダ2アップデート」を喰らってPVが半減しました・・・。 ウチのかわいい愛犬たちのサイト「カイとサクラ」は隕石が直撃して焼け野原にされた、こんにちはボクです。 今日まで色々な内部施策をして5割減⇒3割減くらいまでPVは戻したけど、しょっちゅうGoogleの検索順位が変動しているし基本は放置や・・・。 つまり、2年ぶりくらいにドメインを一気に十数個取得して、新サイトを複数作っていたわけですよ。 そんな時に、副業 ...

続きを見る

AFFINGER5(アフィンガー5)の評判は速度?使ってわかったデザインセンスがある人におすすめする理由とは?

ブログ運営

2018/4/9

AFFINGER5(アフィンガー5)の評判は速度?使ってわかったデザインセンスがある人におすすめする理由とは?

AFFINGER5(アフィンガー5)WINGが発売されてから約2週間・・・。 やっと、AFFINGER4EX+子テーマのJETのサイトを全部AFFINGER5EX+JETにした、こんばんわボクです。 「」にして、カラー設定やカスタマイズも何とか終わって、少しずつ過去記事のリライト作業を再開したんだけど・・・。 WordPressの有料テーマだと、みんな同じになって似たり寄ったりのサイトになっちゃうでしょ? ちょ!あかん!AFFINGER5(アフィンガー5)WINGはめっちゃカラー設定で個性だせるやん! 実 ...

続きを見る

 

スポンサーリンク

実証!ロリポップからエックスサーバーに移転(移行)してサイト表示速度は速くなった?

ロリポップからエックスサーバーに移転(移行)して、サイト表示速度は速くなった?

え~サーバー移転できたの~?結局ブログの表示速度は速くなったの?

ネームサーバーの変更が今日で72時間経って、ようやく浸透時間を過ぎて安定したと思うのでブログを書いています。

注意ポイント

ネームサーバーの浸透まで1~2日間はサイトが移転元ロリポップと移転先エックスサーバーの両方を行ったり来たりして、ブログの更新や変更をすると設定が反映されない事があるので放置しましょう!

やっぱり気になるのは、サイトの表示速度ですよね。

同じ時間帯の夜20時台に、同じWordPress環境で同時に計測したよ!エックスサーバーは動作確認URL設定で確認したよ(´・ω・`)
長男:Yoshi
三女:ウィラちゃん
ドキドキするわね!エックスサーバーに移転しても速くなってなかったら笑いものね♪

さて、ボクのブログをロリポップのスタンダードプランモジュール版PHPからエックスサーバーのX10プランにサーバー移転して、どれくらいサイト表示速度が変わったのか実証するよ♪

 

Page Speed Insightのロリポップ(移行前)とエックスサーバー(移行後)のスコアの違い

PageSpeedInsight ロリポップ エックスサーバー 移転 移行 引越し

移行前ロリポップ モバイル

PageSpeedInsight ロリポップ エックスサーバー 移転 移行 引越し

移行前ロリポップ パソコン

PageSpeedInsight ロリポップ エックスサーバー 移転 移行 引越し

移行後エックスサーバー モバイル

PageSpeedInsight ロリポップ エックスサーバー 移転 移行 引越し

移行後エックスサーバー パソコン

Page Speed Insightのロリポップ(移行前)とエックスサーバー(移行後)の表示速度スコア結果は

  • モバイル:51⇒53 
  • PC:64⇒67

表示速度スコアの結果がアップしましたね!

ウチの最も読まれる記事では

  • モバイル:50⇒52
  • PC:63⇒66

この記事も表示速度スコアの結果がアップしました。

 

表示速度が改善されたよ!

Gtmetrixのロリポップ(移行前)とエックスサーバー(移行後)のスコアと表示速度

Gtmetrix ロリポップ エックスサーバー 移転 移行 引越し

移行前 ロリポップ

Gtmetrix ロリポップ エックスサーバー 移転 移行 引越し

移行後 エックスサーバー

Gtmetrixでロリポップ(移行前)とエックスサーバー(移行後)の表示速度スコア結果は

  • PageSpeed Score:B (89%) ⇒B (87%)
  • YSlow Score:D (69%) ⇒D (67%)

スコアは落ちたけど、Page Load Timeが13.0s⇒5.3sと飛躍的にアップしました!

ウチの最も読まれる記事では

  • PageSpeed Score:B (85%) ⇒B (84%)
  • YSlow Score:D (71%) ⇒D (67%)
  • Page Load Time:23.1s⇒5.6s

もう表示速度が・・・・・涙でるくらい速くなった・・・。

体感でも、エックスサーバーに移行したらWordPressの管理画面はサクサクに!PCとスマホの表示速度が格段に速くなったよ(ノω`●)
長男:Yoshi
三女:ウィラちゃん
みんなが評判のエックスサーバーを使っている理由がわかったわね♪

 

まとめ ロリポップが遅いし重いと感じる人は今すぐエックスサーバーに移転(移行)したほうがいい

成功!
まとめ ロリポップが遅いし重いと感じる人は今すぐエックスサーバーに移転(移行)したほうがいい

あかん!ついに快楽を手に入れた!エックスサーバーは最高です(ノω`●)

今までロリポップが遅いし重いのに耐えたり高速化にチャレンジしましたが、あまり変わらずに思い切ってロリポップから評判がいいエックスサーバーに移転(移行)させました。

レンタルサーバーの移転(移行)は苦労したけど、エックスサーバーに移転してよかったし、もうこれからは快適にブログが書けます。

「エックスサーバー」は、こんな方にはおすすめのサーバーですね♪

こんな方におすすめ

  • 料金は月1,000円になっても、安定してる絶対信頼のサーバーにしたい!
  • 今のレンタルサーバーで表示速度が遅くて悩んでいる!
  • カスタマーサポートも安心のレンタルサーバーがいい!
ロリポップを一年使ってきたボクの感想ですが、ロリポップあかん!!二度と使わない!!(笑)
長男:Yoshi
三女:ウィラちゃん
ちゃんとやるなら全然違うからエックスサーバーでブログやサイトは始めた方がいいわね!

サーバーの月額料金がロリポップスタンダードプラン:500円⇒エックスサーバーX10:1,000円にあがったけど、それ以上に得たものが大きすぎる!

そんなロリポップからエックスサーバーへの引越しで快適生活を手に入れた話でした。

エックスサーバーは独自SSLも無料で使えて、しかも初期費用無料キャンペーンや独自ドメインプレゼントなどをやっている安心のサーバーです。

旅行ブログで2019年7月のおすすめレンタルサーバー

ボクが10年以上かいていたブログを、無料ブログからWordpressへと移行させて約5年が経ちました。

そんなボクが最初に迷ったのがWordpress構築環境のレンタルサーバーとドメインです。

レンタルサーバーを実際に使って渡り歩いた経験から、信頼できるおすすめのレンタルサーバーを教えます♪

信頼度No1!安心と快適さのエックスサーバー

なんといっても、多くのブロガーから、アフィリエイター、ビジネスサイトオーナーまでも使用している信頼度バツグンのエックスサーバー

管理画面も初心者の人でもめっちゃ分かりやすいし、Wordpressの自動インストール機能にサイト高速化設定もあって、WordPressが初めての人でもおすすめのレンタルサーバーです。

独自SSLも無料対応していて、24時間365日で電話サポートがある手厚いレンタルサーバー!

エックスサーバーは1,000円/月からで複数サイト運営もマルチドメイン無制限の安心のレンタルサーバー!

しかも初期費用無料キャンペーンや独自ドメインプレゼントなどをやっているので、今すぐチェックすべきです!

話題!SSD搭載のサイト表示速度の速いレンタルサーバーのmixhost

ボクが別ブログで使っている一押しレンタルサーバーのmixhostは、高速で高機能、高安定性を追求した初期費用無料のピュアSSD採用高性能クラウド型レンタルサーバーです。

SSDなのでページ表示速度も速いし、mixhostだけで使えるプラグイン「LiteSpeed Cache」を使えばほとんどデフォルト設定でキャッシュ+サイト高速化できます!

複数サイト運営もマルチドメイン無制限で、しかもアダルトサイトもOKな上にもちろん無料SSLも付いていて特にサーバー側で設定することなくSSL化できますよ♪

コスパ最強!話題の格安レンタルサーバーのカラフルボックス

mixhostよりも格安でそれ以上の機能が搭載されたカラフルボックス(ColorfulBox)は、初期費用無料のピュアSSD採用高性能クラウド型レンタルサーバーです。

マルチドメイン無制限で複数サイトが作れるし、SSL対応、リージョン(地域)が東京・大阪から選べてバックアップも別対応で安心できます!

アダルトサイトもOKで別IP・別領域なので、普通のサイトの人も安心でコスパ最強のレンタルサーバーです。

Wordpressテンプレートは評判の最強テーマAFFINGER5

めっちゃお世話になってるSEOに強いWordPressテーマのAFFINGER4が、改良されて新しくリリースされたAFFINGER5

AFFINGER4の機能に、さらにカラーデザインで、おしゃれなかわいい、かっこいいサイトやブログが作れる機能がいっぱいです!

配色センスがある人でも、ボクのようなない人でも、十人十色の個性豊かなオリジナルサイトが簡単に作れます♪

もちろんSEO最適化されていて、新記事だけはなく、重要といわれる過去記事のリライト作業も楽しくなるようなアイテムがいっぱいあります。

12,800円から5月の大幅アップデートで14,800円に値上がりして、次はいつ値上がりするかわからないからお早めにね!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ブログ運営
-, , ,

Copyright© 3バカ兄弟の日常 , 2019 All Rights Reserved.