3バカ兄弟の日常

世界一周やフィリピンに関する情報など色々なお役立ち情報を発信するブログメディア

ブログ運営

ロリポップが遅いし重い!WordPressを高速化する方法を説明するよ

2016-03-27

初めてのWordPress(ワードプレス)でこのブログを作った時に選んだレンタルサーバーはロリポップです。

しかし、ロリポップがあまりにも遅くてワードプレスの管理画面も重い、こんにちはYoshi(@3bakayoshi)です。

月額500円と安いレンタルサーバーのロリポップだけど・・・。

マジで「レンタルサーバーのロリポップが遅いし重すぎ!」って感じない?

最近はWordPress(ワードプレス)のこのブログを開くのも激遅いし激重になったので、ロリポップの高速化を試してみました。

2019/9に新しくできたロリポップのハイスピードプランは、月額1,000円からでストレージがSSD、Webサーバーが第4のWebサーバーでmixhostカラフルボックスも使っている超高速のLite Speedで高速化できますよ!

⇒ロリポップ!公式ページをチェック

ということで、今日は「ロリポップが遅いし重い!WordPressを高速化する方法」を説明するよ♪

スポンサーリンク

ロリポップが遅いし重い時にWordPress(ワードプレス)のブログやサイトを高速化する方法

ロリポップが遅いし重い時にWordPress(ワードプレス)のブログやサイトを高速化する方法

ロリポップが遅いの!?重いから泣いちゃうよ?

最初はまだWordPress(ワードプレス)の知識が全然なくて、レンタルサーバーのロリポップでこのブログを運営していました。

でも、だんだんとWordPressの管理画面を開くのも重く感じるし、ブログの表示速度も遅いような・・・。

そう思って、ふとブログのサイト(ページ)の表示速度を計測してみたら?

次男:タクジ
ロリポップのスタンダードプランでも、表示スピードで30秒以上かかっていることがあるバイ!
毎回Page Speed InsightやGTmetrixの改善点で、CSSの調整や圧縮を有効って出てくるわ!
長男:Yoshi

サイトやブログの表示速度を計測ツールのPage Speed InsightGTmetrixで、改善点がボロボロでてくる・・・。

ロリポップが遅いし重いと感じる人がやるWordPressのブログやサイトを高速化する方法として、

ロリポップの高速化

  • ロリポップのモジュール版PHPを使用する
  • ロリポップ!アクセラレータを使用する
  • 画像を圧縮する
  • WordPress(ワードプレス)のプラグインのAutoptimizeでHTML・CSS・JavaScriptを縮小する
  • .htaccessで圧縮とブラウザのキャッシュを制御する

この5つの方法があります。

ということで、ロリポップが遅いし重いと感じる人がやるWordPressのブログやサイトを5つの方法で高速化してみたので紹介するよ♪

 

ロリポップのモジュール版PHPを使用する

ロリポップのモジュール版PHPを使用する

ロリポップのモジュール版PHPはCGI版に比べて7倍速くなる!?

ロリポップが遅いし重いと感じる人がまず一番最初にやるのが、PHPを最新版(モジュール版PHP)にすることです。

ポイント

PHPのCGI版を使用している人は、モジュール版PHPにすると従来の7倍速くなるとロリポップ公式でいわれています。

次世代ホスティングへの取り組み

ロリポップのモジュール版PHPを使用する

PHPのバージョンが古い人が最新版(モジュール版PHP)に変更する方法は、 ロリポップ! の管理画面から「ユーザー専用ページ」にログインします。

サーバー管理・設定>PHP設定で「PHP設定画面」に移動します。

PHPバージョンを変えたいドメインで、「7.1(モジュール版)」を選択します。

「変更」をクリックすれば完了です。

設定完了後、反映に5~10分ほどかかります。

ただし、モジュール版PHPに変更するとphp.iniの設定変更ができなくなるから注意してくださいね!

ロリポップのphp.iniを編集せずに画像のアップロードサイズの変更方法も参考にしてね♪

WordPressで「このサイトのアップロードサイズ上限を超えています」と表示された時の対処方法は?
WordPressで「このサイトのアップロードサイズ上限を超えています」と表示された時の対処方法は?

ゴールデンウィークなのに、真ん中が普通に出勤日になっている・・・。 有給の残り日数の関係上、3連休と4連休に分かれている ...

続きを見る

 

ロリポップ!アクセラレータ機能を使用する

ロリポップ!アクセラレータ機能を使用する

ロリポップアクセラレータをONにすれば速くなる!

ロリポップが遅いし重いと感じる人は、2019/9から実装されたロリポップアクセラレータ機能を有効にしてみましょう。

ポイント

ロリポップのハイスピードプランのセミナーで担当者の方からの説明を聞くと、24倍のパフォーマンス改善したとの事でした!

ロリポップアクセラレータはキャッシュ機能で、表示速度の向上とアクセス集中時のエラー回避になります。

キャッシュする設定を操作することもできて、画像やCSSのみに適用することもできます。

ロリポップアクセラレータ機能の設定方法は、

ロリポップ!アクセラレータ機能を使用する

ロリポップ!アクセラレータ機能を使用する

ロリポップの管理画面から「ユーザー専用ページ」にログインします。

サーバー管理・設定>ロリポップ!アクセラレータで「ロリポップ!アクセラレータ設定画面」に移動します。

対象のドメインの横を「ON」を選択すればOKです。

反映までに最大5分かかります。

キャッシュの設定を変更したいorCSSファイルをいじって外観が反映されない場合などは、設定から変更やキャッシュの削除ができますよ♪

 

サイト高速化で一番重要ポイントです!

画像を圧縮する

画像を圧縮する

画像圧縮プラグインでブログやサイトの画像を圧縮すると、PageSpeedInsightのスコアが上がるよ

ロリポップが遅いし重いと感じる人が一番効果があるのが、ブログ・サイトで使用している画像を圧縮することです。

画像圧縮方法は色々とあるけれど、一番みんなが使っているのがプラグインのEWWW Image Optimizerですね。

すでにEWWW Image Optimizerを使っている人は、圧縮サイトの「TinyPNG」で圧縮するとかなりサイズが小さくなります。

注意ポイント

ただし、TinyPNGは非可逆圧縮なので画像劣化はします!

まぁ、見た目にはあまりわからないくらいの画像劣化なので、サイト速度には変えられません・・・。

サイトやブログで使っている画像が少ない人は、1枚ずつ圧縮サイトのTinyPNGで圧縮でもいいけど、プラグイン版のCompress JPEG & PNG imagesで一気に圧縮することができますよ♪

ただし、無料版は一か月で500枚までしか圧縮できないので、課金をするか毎月少しづつ圧縮しましょう。

画像圧縮をすると、Page Speed Insightのスコアは一気にあがるよ!

 

WordPress(ワードプレス)のプラグインのAutoptimizeでHTML・CSS・JavaScriptを縮小する

WordPress(ワードプレス)のプラグインのAutoptimizeでHTML・CSS・JavaScriptを縮小する

プラグインのAutooptimizeでロリポップの高速化に挑戦!

ちょっとサイトの高速化に効果があるのかないのかいまいち感じられないけど、WordPress(ワードプレス)のプラグインAutoptimizeを使ってHTMLにCSS、JavaScriptを縮小します。

Autoptimizeの設定はチェックを入れるだけでできるので、人それぞれで色々と試してみてください。

WordPress(ワードプレス)のプラグインのAutoptimizeでHTML・CSS・JavaScriptを縮小する

WordPress(ワードプレス)のプラグインのAutoptimizeでHTML・CSS・JavaScriptを縮小する

ちなみにボクのAutoptimizeの設定は

Autoptimizeの設定

JavaScript オプション

  • JavaScript コードの最適化
  • Aggregate JS-files?

CSS オプション

  • CSS コードを最適化
  • Aggregate CSS-files?
  • インラインの CSS を連結

この項目にチェックを入れて、これ以外はデフォルトにしています。

実際にAutoptimizeを導入して設定してみたら、確かに遅いロリポップの速度やスコアも上がりました。

ただし、使っているテーマやプラグインによってサイト表示に不具合がでることもあるので、確認しながらチェックをいれてみてください。

チェックを外せば元に戻るので、色々試してみてくださいね♪

 

.htaccessで圧縮とブラウザのキャッシュを制御する

ロリポップの高速化!「.htaccess」で圧縮とブラウザのキャッシュを制御する

.htaccessを編集して圧縮とブラウザのキャッシュを制御をしてロリポップの高速化に!

WordPressのキャッシュ系のプラグインを使えばできるけど、.htaccessを編集してmod_deflateとmod_expiresでコンテンツ・画像の圧縮、ブラウザのキャッシュの有効期限を設定します。

ボクが他のサイトを参考に.htaccessに記載したのは、

 .htaccess
<IfModule mod_deflate.c>
SetOutputFilter DEFLATE
BrowserMatch ^Mozilla/4 gzip-only-text/html
BrowserMatch ^Mozilla/4\.0[678] no-gzip
BrowserMatch \bMSI[E] !no-gzip !gzip-only-text/html
SetEnvIfNoCase Request_URI \.(?:gif|jpe?g|png|ico)$ no-gzip dont-vary
SetEnvIfNoCase Request_URI _\.utxt$ no-gzip
#DeflateCompressionLevel 4
AddOutputFilterByType DEFLATE text/plain
AddOutputFilterByType DEFLATE text/html
AddOutputFilterByType DEFLATE text/xml
AddOutputFilterByType DEFLATE text/css
AddOutputFilterByType DEFLATE application/xhtml+xml
AddOutputFilterByType DEFLATE application/xml
AddOutputFilterByType DEFLATE application/rss+xml
AddOutputFilterByType DEFLATE application/atom_xml
AddOutputFilterByType DEFLATE application/x-javascript
AddOutputFilterByType DEFLATE application/x-httpd-php
</IfModule>
 
<ifModule mod_expires.c>
ExpiresActive On
ExpiresDefault "access plus 1 seconds"
ExpiresByType text/html "access plus 1 seconds"
ExpiresByType image/gif "access plus 30 days"
ExpiresByType image/jpeg "access plus 30 days"
ExpiresByType image/png "access plus 30 days"
ExpiresByType image/x-icon "access plus 30 days"
ExpiresByType text/css "access plus 7 days"
ExpiresByType text/javascript "access plus 7 days"
ExpiresByType application/x-javascript "access plus 7 days"
ExpiresByType application/x-shockwave-flash "access plus 7 days"
</ifModule>
 
FileETag none

https://dogmap.jp/2010/04/20/wordpress-htaccess/

ただし、.htaccessはWordPress(ワードプレス)の制御をしているので、FTPソフトでダウンロードして編集して書き換えましょう!

ボクは、過去に「.htaccessの保存方法を間違えてワードプレスが真っ白画面になったことがあります・・・。

つまり、最悪な場合はWordPressのファイルが壊れてブログやサイトが修復不可能になるから、気をつけて編集してください。

.htaccessで圧縮とブラウザのキャッシュを制御は、サイト表示スコアも改善されて表示スピードも3~4秒速くなりました。

 

New!ロリポップのハイスピードプランにすれば問題解決!

ロリポップのハイスピードプランにすれば問題解決!

ハイスピードプランはSSDにLite Speedやん(*´ω`*)

ロリポップのハイスピードプランにすれば問題解決!

最新のLite Speedに対応したんだね!

ロリポップのハイスピードプランのセミナーに行って説明を受けたからわかったけど、最終手段は2019/9から新設されたハイスピードプラン一択です!

多くのアフィリエイターさんの声を参考に、これまで安定性・サポートの充実のロリポップが変わりました。

三男:増田っち
おぉ!ロリポップのハイスピードプランってそんなにサイト速度が速くなるんか?
第4のサーバーとして大注目のLite SpeedにSSDまで搭載されてるから速い!
長男:Yoshi

ロリポップのハイスピードプランは、「もうロリポップは遅いし重いなんて言わせない!」とWordPressの管理画面もサクサクになるし、サイト表示速度も速くなります!

ポイント

ロリポップのハイスピードプランは、月額1,000円からでストレージにSSD、WebサーバーにNginxの10倍以上のパフォーマンスがでるLite Speedを採用しています。

他サーバーを研究して、最も速くなる設定を施されたハイスピードプラン。

ロリポップの担当者の人も、「サイト速度を求めるなら、中級者まで自信を持ってハイスピードプランをおすすめします!」と太鼓判を押していました♪

最新のWordPressを高速化する方法を詰め込んだハイスピードプランなら、もうロリポップが遅いと感じる人はいないっすな。

 

まとめ もうロリポップが遅いし重いと感じる事はなくなるでしょう

成功?
まとめ もうロリポップが遅いし重いと感じる事はなくなるでしょう

これでロリポップでも高速化できた!?

ロリポップは昔は遅いし重い事で有名だったけど、ちょっとサイト高速化をしてみると速くなります。

実際にボクもサイト高速化の施策をして、サイトやブログの表示速度を計測ツールの「Page Speed Insight」や「GTmetrix」のスコアがあがりました。

「ロリポップの高速化の方法」は、こんな感じですね♪

ロリポップの高速化の方法

  • ロリポップのモジュール版PHPを使用する
  • ロリポップ!アクセラレータ機能を使用する
  • 画像を圧縮する
  • WordPress(ワードプレス)のプラグインのAutoptimizeでHTML・CSS・JavaScriptを縮小する
  • .htaccessで圧縮とブラウザのキャッシュを制御する

最終手段として、ロリポップのハイスピードプランを選択してみてくださいね♪

次男:タクジ
おぉ!ロリポップが生き返ったケン!
三男:増田っち
ちょ!ハイスピードプランのスペックがすごいな!
他社と同等の料金設定にしているし、サーバー選びで迷うよね(ノω`●)
長男:Yoshi

ロリポップの高速化の方法を試したけど、ハイスピードプランが出る前だったから結局みんなが使っているエックスサーバーにサーバー移行したボク。

ロリポップの高速化の方法である程度は改善できるけど、やっぱりWordPress(ワードプレス)のサイト表示速度が遅いと感じたらサーバー移行も考えてくださいね♪

利用実績200万サイトのロリポップは、10日間のお試し期間もあります。

レンタルサーバーを移行する方法について参考にしてね♪

ロリポップからエックスサーバーにWordPressを移行・移転する方法と注意点を説明するよ

ブログ運営

2019/11/17

ロリポップからエックスサーバーにWordPressを移行・移転する方法と注意点を説明するよ

やっとWordPress(ワードプレス)のブログをロリポップ!からエックスサーバーに移転(移行)が終わったけど・・・。 まだリンク切れとか修正しないといけない、こんにちはYoshi(@3bakayoshi)です。 月額500円と安いレンタルサーバーのロリポップ!だけど、ぶっちゃけマジでレンタルサーバーのロリポップが遅いし重すぎって思わない? 色々なロリポップでWordPressの高速化の施策をしてみたけれど、やっぱり重いと感じる・・・。 3月になってブログを開くのも激遅いし激重になったので、からにWord ...

続きを見る

【Duplicator】mixhostにWordpressを他サーバーから移行する方法と注意点まとめ

ブログ運営

2019/7/11

【Duplicator】mixhostにWordPressを他サーバーから移行する方法と注意点まとめ

前回のブログ記事で、mixhostがまだ運用歴は短い新しいレンタルサーバーだけど、「安い、SSDストレージで速い、お試し期間も30日間と3拍子揃ったおすすめサーバー」と褒めましたね。 実際に、他ブログを海外サーバーの「Hostgator」からに移転させたけど、全く問題なしで安心している、こんばんわYoshi(@3bakayoshi)です。 レンタルサーバーの移行・引越し作業って難しいって思うし、失敗したら大変なことになるってボクも含めて感じるよね・・・。 mixhostを含めて、今ではより安全なレンタルサ ...

続きを見る

【All-in-One WP Migration】mixhostにWordpressを他サーバーから移行する方法と注意点まとめ

ブログ運営

2019/7/11

【All-in-One WP Migration】mixhostにWordPressを他サーバーから移行する方法と注意点まとめ

レンタルサーバーを変えようとして、なるべく簡単な移行・引越しのプラグインを使いたいですよね! mixhostに引越し・移行しようとして、プラグインのDuplicatorを使って失敗した、こんばんわYoshi(@3bakayoshi)です。 過去にWordPressを他サーバーに移行しようとして、プラグインのDuplicatorを使った時も失敗したけど・・・。 WordPressを他サーバーに移行・引越しが簡単なプラグインのAll-in-One WP Migrationって知ってる? レンタルサーバーの移行 ...

続きを見る

【UpdraftPlus】ColerfulBoxにWordPressを他サーバーから移行する方法と注意点まとめ

ブログ運営

2019/11/17

【UpdraftPlus】ColerfulBoxにWordPressを他サーバーから移行する方法と注意点まとめ

いいレンタルサーバーの話を聞いても、レンタルサーバーを引越し・移行するのってメンドクサイですよね・・・。 そんな中、久しぶりに他社サーバーからColorfulBox(カラフルボックス)にWordPress(ワードプレス)を移行させた、こんばんわYoshi(@3bakayoshi)です。 過去に何度もサーバーのお引越し・移行をやってきたボクだけど、今回はロリポップに置いてあったサイトをColorfulboxに移行させました! でも、WordPressを他サーバーに引越し・移行って失敗するとデータが消えて怖く ...

続きを見る

旅行ブログで2019年12月のおすすめレンタルサーバー

ボクが10年以上かいていたブログを、無料ブログからWordpressへと移行させて約5年が経ちました。

そんなボクが最初に迷ったのがWordpress構築環境のレンタルサーバーとドメインです。

レンタルサーバーを実際に使って渡り歩いた経験から、信頼できるおすすめのレンタルサーバーを教えます♪

最速!国内最速レンタルサーバーのConoHa WING

このブログでも使っている国内最速と謳うレンタルサーバーのConoHa WINGは、マジで新鋭なのに速くて独自チューニングしたキャッシュ機能に高速WebサーバーのNGINXに対応しています。

WordPressかんたん移行機能やサイトコピー機能でワンクリックで複製できるし、なによりサーバー料金が時間単位という課金設定です!

2020/1/10まで14日間お試し無料いつでも解約できます。ConoHa WINGはホントにサイト表示速度が速くなるのでお試し&WordPressかんたん移行でサクっと実験できますよ♪

信頼度No1!安心と快適さのエックスサーバー

なんといっても、多くのブロガーから、アフィリエイター、ビジネスサイトオーナーまでも使用している信頼度バツグンのエックスサーバー

管理画面も初心者の人でもめっちゃ分かりやすいし、Wordpressの自動インストール機能にサイト高速化設定もあって、WordPressが初めての人でもおすすめのレンタルサーバーです。

独自SSLも無料対応していて、24時間365日で電話サポートがある手厚いレンタルサーバー!

エックスサーバーは1,000円/月からで複数サイト運営もマルチドメイン無制限の安心のレンタルサーバー!

しかも初期費用無料キャンペーンや独自ドメインプレゼントなどをやっているので、今すぐチェックすべきです!

コスパ最強!話題の格安レンタルサーバーのカラフルボックス

mixhostよりも格安でそれ以上の機能が搭載されたカラフルボックス(ColorfulBox)は、初期費用無料のピュアSSD採用高性能クラウド型レンタルサーバーです。

マルチドメイン無制限で複数サイトが作れるし、SSL対応、リージョン(地域)が東京・大阪から選べてバックアップも別対応で安心できます!

アダルトサイトもOKで別IP・別領域なので、普通のサイトの人も安心でコスパ最強のレンタルサーバーです。

Wordpressテンプレートは評判の最強テーマAFFINGER5

めっちゃお世話になってるSEOに強いWordPressテーマのAFFINGER4が、改良されて新しくリリースされたAFFINGER5

AFFINGER4の機能に、さらにカラーデザインで、おしゃれなかわいい、かっこいいサイトやブログが作れる機能がいっぱいです!

配色センスがある人でも、ボクのようなない人でも、十人十色の個性豊かなオリジナルサイトが簡単に作れます♪

もちろんSEO最適化されていて、新記事だけはなく、重要といわれる過去記事のリライト作業も楽しくなるようなアイテムがいっぱいあります。

12,800円から5月の大幅アップデートで14,800円に値上がりして、次はいつ値上がりするかわからないからお早めにね!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ブログ運営
-, ,

Copyright© 3バカ兄弟の日常 , 2019 All Rights Reserved.