3バカ兄弟の日常:世界一周旅行情報-セブ島生活ブログ

3バカ兄弟の日常 世界一周旅行情報-セブ島生活ブログ。2011/3/16より2年1ヶ月56カ国を世界一周バックパッカーの旅をしました。世界中で「今日のコーラ」と「今日の美女」を撮影!観光地、費用、持ち物、安宿、お土産、世界遺産、LCC、フィリピン・セブ島語学学校、留学情報などお届けします!

ボスニア・ヘルツェゴビナ

サラエボ観光で内戦の歴史を戦争トンネルから学んだ日でした

投稿日:2012-08-22 更新日:

現在フランスのパリ。そう、パリジェンヌに♪

そして宿はあすかちゃんオススメのドリームハウス。朝飯ついてめっちゃキレイでいいね♪

久々の日本人宿♪最高です!!

スポンサーリンク

アドセンス 記事下

ボスニア・ヘルツェゴビナ国内移動!モスタルからサラエボへの行き方情報も!

モスタルからサラエボへの行き方 バスの時刻表モスタルから各地のバスの時刻表と値段だよ♪

 

さて、モスタルからボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエボへ。

モスタルからサラエボへはバスで移動。

 

バスはめっちゃあります!

写真のモスタルからバスの情報は結構役にたつんじゃない?(笑)

 

 

サラエボの街もユーゴスラビア紛争の傷跡はいたるところに残っている

サラエボ ユーゴスラビア紛争 銃痕 ボスニア・ヘルツェゴビナここサラエボでもユーゴスラビア紛争の傷跡は街のいたるところにあります。

 

このサラエボの街もモスタルと同じく、戦争の傷跡がなまなましく残っています。

それは普通に街を歩いているだけで、至るところに見られます。

 

サラエボ ユーゴスラビア紛争 銃痕 ボスニア・ヘルツェゴビナ

 

サラエボもセルビア軍に包囲されていて、ものすごい被害がでた街でした。

そのユーゴスラビア紛争がほんの十数年前に起きていたなんて・・・。

 

サラエボの宿は中心街に近いHostel Ljubicica(ホステルルビシア)

サラエボの宿はバックパッカーに人気で安い ホステルルビシア

欧米人バックパッカーばっかりだった(*´ω`*)

ただ唯一の難点は、トイレ・シャワーの数が少なすぎて争奪戦になってたことだった(笑)

 

サラエボのホテル ホリデインは唯一世界中のジャーナリストがその戦争の模様を伝えた場所。

サラエボ ホリデインホテル 唯一ジャーナリストが伝えた今ではすっかりキレイになったサラエボの「ホリデインホテル」 ここからユーゴスラビア紛争の真実が伝えられた

 

そんなユーゴスラビア紛争を

 

世界中のジャーナリストが最前線で伝えたホテル ホリデイン

ここが唯一戦時中も営業を続けて、世界中のジャーナリストはここから戦争を伝えた。

 

戦地最前線で距離として300mくらいしかない。

 

サラエボのホテル ホリデインの前の通りは「スナイパー通り」容赦なく撃ち殺された場所

スナイパー通り ホテル ホリデイン サラエボ  ユーゴスラビア紛争 銃痕 ボスニア・ヘルツェゴビナ

ホリデイン ホテルの前の通りは「スナイパー通り」と呼ばれた

 

ホリデイン ホテルの前に通りがあるんだけど、そこは「スナイパー通り」といわれていた。

ここを通る人は

 

たとえ一般人の人、女の人、子供であろうとも

セルビア軍のスナイパーに打たれ何人もの人が亡くなった。

そんな悲しい歴史を勉強できるところがあるんです。

 

 

悲しきユーゴスラビア紛争の跡が見れるサラエボの「戦争トンネル」 行き方も

戦争トンネル サラエボ ユーゴスラビア紛争 ボスニア・ヘルツェゴビナ

サラエボの郊外にある「戦争トンネル」 壁には無数の銃痕が

 

ちょっと郊外になるんだけど「戦争トンネル」というものがあります。

行き方は3番のトラムで終点まで行き、そこからインフォでバスのNoを聞けば親切で教えてくれます。

番号忘れちゃった(笑)

 

サラエボの戦争トンネルはすべてにおいての生命線だった場所。唯一セルビア軍の包囲網をかいくぐった。

戦争トンネル サラエボ ユーゴスラビア紛争 ボスニア・ヘルツェゴビナ

この「戦争トンネル」が唯一の生命線だった・・・。

 

この「戦争トンネル」は当時セルビア軍に包囲されている時に、唯一盲点だったポイントに作られたトンネル

 

人、物資、武器を運んだ貴重な生命線だったトンネル。

 

戦争トンネル サラエボ ユーゴスラビア紛争 ボスニア・ヘルツェゴビナ

 

ここが今は戦争と伝える貴重な博物館となっており、当時の写真、武器、トンネルを見る事ができます。

あのホリデインも被害にあっています。

 

戦争トンネルでは戦時の映像が見られます。それは目を覆いたくなる光景でした・・・。

戦争トンネル サラエボ ユーゴスラビア紛争 ボスニア・ヘルツェゴビナ

戦争トンネルの中は物資輸送のためにトロッコレールがあるがむし暑いです

 

トンネル内の当時の映像もあり、どのように物資がはこばれていたりしたかの様子がわかります。

その中でも衝撃的だったのが戦争中の映像がショックでした。

 

平気で?ボクが見た限りはカオがにやけた感じで狙撃しているセルビア兵。ミサイルがそのままビルに着弾して燃えている映像。さっきまで見ていたスナイパー通りで狙撃されて逃げる子供、大人。

目を覆いたくなるような映像も流れていました。

 

戦争トンネル サラエボ ユーゴスラビア紛争 ボスニア・ヘルツェゴビナ

 

こんな戦争がつい20年もない前にあったんだって思うとショックでした。

その当時、自分は高校生で日本でのうのうと暮らしてたのに、この国の人々は生死をかけた、大変な目にあっていたんだなって思うとホントに日本で育った自分の環境に感謝します。

 

 

今ではサラエボの街の旧市街はだいぶ戦争の傷も癒えて、復興している。ただ傷跡は残っているが・・・。

サラエボ 旧市街 街並み

サラエボの旧市街はだいぶ傷が癒えてきていました

 

今ではだいぶ傷もいえて旧市街の街もきれいになっています。

それでもユーゴスラビアの内戦の跡はどこにでも見られます。

 

ユーゴスラビア紛争 慰霊碑 サラエボ

 

戦争を慰霊するものもたくさんあります。

 

サラエボ 日本製のバス

 

日本も復興支援にバスを大量に送ったみたいで、すべてのバスは日本製でした。

 

サラエボ 街並み

 

あの写真で壊れていた建物もキレイに直っています。

 

サラエボ事件 オーストリア皇太子暗殺 第一次世界大戦 サラエボ

サラエボ事件 オーストリア皇太子暗殺 第一次世界大戦 サラエボ

 

ここはオーストリアの皇太子夫妻が狙撃されて、これがきっかけで第一次世界大戦が発生しました・・・。

 

いまでは大分直って来たサラエボの街ですが、ほんのちょっと前までは戦争のあった国。

まだ地雷や傷があって自由の観光はできないですが、ぜひ訪れて欲しい国です。

 

サラエボの安宿(ゲストハウス・ホテル)情報 Hostel Ljubicica(ホステルルビシア)

6人ドミトリー:7ユーロ

3,4,6,12,14,21人ドミトリー(笑) シングル、ツイン。WiFiあり。トイレ、シャワー共同。キッチンあり。

旧市街に近くて立地はよいが、本館、別館があり、別館は人数のわりにトイレ、シャワーが少なすぎ!

泊まるだけならまぁいっかって感じです。

⇒ホステルルビシアの料金をチェック

今日のコーラ

・ピザめっちゃ安くてでかかった♪

今日のコーラ サラエボのピザは大きい

アドセンス 記事下

アドセンス 記事下

ブログ村

海外生活ブログ セブ島情報でセブ島情報・世界一周情報満載の人気ブログがみれます!

関連アドセンス PC

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Yoshi(丼)

Yoshi(丼)

長男の設定で「3バカ兄弟の日常」を書いてる人。
世界一周バックパッカー旅行を2年1ヶ月56カ国した後、フィリピン・セブ島で約2年間オンライン英会話の会社で現地人に揉まれながらマネージャーをやっていました。

-ボスニア・ヘルツェゴビナ
-,

Copyright© 3バカ兄弟の日常:世界一周旅行情報-セブ島生活ブログ , 2017 All Rights Reserved.