3バカ兄弟の日常

世界一周情報、フィリピンセブ島ブログ。2年1ヶ月の世界一周情報とセブ島情報、語学留学情報を!

ボリビア

ボリビアのラパスのデスロードツアー!世界一デンジャラスな道を駆け抜ける!

投稿日:2013-02-13 更新日:

ボリビアのラパスの街はなかなか魅力的なアトラクションがあります。その一つに世界一周、旅人の間で有名なボリビアのデスロードというものがあります。

なんとも物騒な名前ですね(*´ω`*)

今日は「ボリビアのラパスのデスロード!アドレナリンでまくって崖から落ちずに無事生還できるのか!?」

スポンサーリンク

アドセンス 記事下

ボリビア ラパスのデスロードツアーとは!?

さて物騒な名前のボリビア ラパスのデスロードツアー

どういうものかというと「標高4,700mから標高1,200mまでをマウンテンバイクで駆け下りてくる」というもの。

これだけ聞くと「な~んだ。フツーじゃん」と思うかもしれませんが、ここはボリビアなんです。道路の整備もままならい国なんです。

 

ラパスのデスロード!年間250人が亡くなる地獄のロード!

 

そして「デスロード」という名前からするように、山道の砂利道&真横は崖のところをそれはそれはアドレナリン全開で駆け下りるというね(笑)

 

一歩間違えば崖落ちますよ!!!(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

てかこのデスロードなんですが本当に危険なのです。

車がしょっちゅう崖から落ちている&年間250人が亡くなっているという!?

 

数名はこのデスロードツアーで亡くなっていると(ノω`●)

そんな「死と隣り合わせ」のデスロードツアー・・・・。てかこの世界一周の旅で最大の死と隣り合わせになっている!!!!

 

ラパスのデスロードツアーは「エクストリーム ダウンヒル」 料金は?ツアー内容は?

危険がめっちゃ付きまとうので色々あるツアー会社から、ここなら命預けれるってツアー会社を選ばなければ!!

 

というよりもTシャツがかっこよかったからという理由でツアー会社を選んでしまった(´・ω・`)

そうなんです。このデスロードツアーはご飯に装備に自転車にメットもろもろレンタルなどついていて、最後にTシャツがもらえるんです。

そのTシャツのデザインは超重要じゃないか~い!!

 

ボクが選んだデスロードツアーの旅行会社は「エクストリーム ダウンヒル」

  • 場所:サガルナガ通り沿いにある
  • 料金:マウンテンバイクで異なる。フロントサスペンション 350ボリ、両方サスペンション 450ボリ
  • 朝、昼ごはんつき、ヘルメット、つなぎ、サポーター(肘、膝当て)、グローブ込み
  • デスロードツアーで撮った写真、動画をDVDでくれる
  • デスロード記念Tシャツ

 

「エクストリーム ダウンヒル」はデスロードツアーで10年の歴史があるって言われたのと、説明してくれたお姉さんがめっちゃ親切だったってことで選びました。

マウンテンバイクのサスペンション、タイプによって料金が変わるので自分にあったものを選んでね♪

大体デスロードツアーの会社を10軒くらいまわった感じでは、どこも安くて280ボリ~500ボリくらいで自転車によって変わる感じでした。

 

 

ボリビア ラパスのデスロードツアー!砂利道と崖から生還できるか!?

そして、朝7時。ラパスのデスロードツアー当日です。

旅行会社の前に集合して、デスロードツアーに参加するボクら・・・。ツアー参加者はボクら以外は南米の方ばかり。

でも女性比率がめっちゃ多いのですが?女性はこういう生死をかけたアトラクションが好きなの!?

 

コレクティーボに揺られて、デスロードツアーのスタート地点の山の頂上を目指す・・・。この先に待ち受ける、どのような運命かに不安を覚えつつ揺られていると、初めてリャマの交尾をみました(笑)

うん。幸先がいいのか悪いのか!?(笑)

 

デスロードツアー開始!まずはマウンテンバイクの練習・・・って霧で何も見えない!?

 

そして着いたデスロードツアーのスタート地点

 

え!?ちょ!!???これでいくの!!??(笑)霧がかかっていて、視界がめっちゃ悪いんですが!?

てか若干、小雨が降って・・・・っていうか「みぞれ」が降ってますが!?

幸先・・・・・・よくないよ・・・死にたくないよ(ノω`●)

 

そんな中、デスロードの為の装備をつけ・・・。

 

 

デスロードツアー記念撮影!?それとも最後の有志の写真!!??(ノω`●)

肘あて、膝あてと装備ばっちりで固めております(笑)

そう、このデスロードツアーは「骨折したり、気絶したりすること多数」ですって

 

うん。死と怪我と常に隣り合わせなんです。うん。急がしいっちゃ。

まずはアスファルトの道路をマウンテンバイクに慣れる&デスロードツアーに慣れるって事で、慣らし運転でみんな一列になって40分ほど下る・・・。

あ!データDVDをもらったのだけれども、そのデータを取り出すドライブがないため写真がないんです。

あの勇ましいボクの姿を載せたかったな・・・・・。(笑)

 

そうして下った後にはおいしい朝食をみんなで食べる!!

 

てかその前に!!もうびしょ濡れで震えが止まらないほど寒いんですが!!!!!

そりゃそうだ(笑)デスロードの山の標高が高すぎ(笑)

 

いよいよラパスのデスロード本番!マジで砂利道で滑る&片側は断崖なんですけど!?

 

そんな中、お次が本番のデスロードツアー♪

「エクストリーム ダウンヒル」はしっかりデスロードツアーをサポートしてくれて、ちゃんとガイドは3人いて、2人が撮影係をしてくれます!

 

この山道を3時間くだるのか。標高1,200mまで・・・・(笑)

 

 

そして・・・ちょ!!!!マジで崖!!スリップしたらマジで落ちて死ぬ!!

途中途中で休憩をするんだけど、マジでやべぇえええ!!!砂利道だから後輪とられるわ、ハンドル押さえるのが大変だわ、マジではんぱねぇええ!!!

 

 

でも外国人さんはめっちゃぶっ飛ばしていく。ボクも初めビビッてたけど・・・。

アドレナリンってやつですかね!?ぱねぇえええええっぇええ!!!天国への階段みえてきた(笑)

下は崖なんですがね(笑)

 

デスロードのルール 人を追い抜く時はアウトサイドから「パサパサ」

デスロードのルールで、人を抜くときはアウトサイドから「パサパサ」っていって抜くのが掟なんですよ。

これは抜く人も抜かれる側も危険を察知して、譲り合うためですね!

 

 

しかしこの女!?笑顔でインサイドから人を抜きます(笑)

ええ。ワンパクですね♪前日にはワイナポトシへ登頂試みている伊代ちゃんは標高5,600mで途中で泣く泣く断念したみたいなんだけど・・・。アンタ凄すぎです(笑)

ワイナポトシは6,000mオーバーの山を2泊3日で途中であの命綱つけてアイスピッケルだっけ?で刺して登っていき、最後200mは幅50cmもない&両方断崖絶壁のところを進む。そして登れる確立は少ない山なんです。

絶対に挑みたくない山のぼりなんです(*´ω`*)

 

デスロードの途中には亡くなった人の石碑や十字架があります。

 

話がそれてましたね。デスロードですね。

このように、時々石碑や十字架があります。デスロードツアーで亡くなった人のものです。

ゆっくり、自分のペースで下れるのでホントに命は大切にね!!!

 

 

デスロードは滝になってるとこ潜らされたりと色々大変だけれども・・・。

てか汗だけになっているボク!!アドレナリンでまくりの興奮もあるけど、力づくでハンドルを押さえつけないと滑る&ふっとぶので手が痛いのです!!

 

 

心身ともに疲労困憊だけれども・・・。

燃え尽きた明日のジョーのような感じになっているけども(笑)

 

 

途中子供達にも癒されたりして、ボクはついに・・・・。

ついについにゴール地点が!!デスロードを下りきった!?

 

 

I'm a death road survivor!!デスロードサバイバー!!最高です!!

このTシャツが欲しかった(笑)

 

ついにボクはゴールしました!!デスロードから無事生還いたしました!!

「We are Death Road Survivors!!」

 

 

デスロードの山を降りた後は、お昼ご飯にシャワーを浴びて、ゆっくり山小屋で休憩。

めっちゃ達成感と生きた心地で快適でした♪

ラパスのデスロードは「死と怪我と隣り合わせ」の危険なアクティビティーなんだけれども、さいっこうに熱いアクティビティーです!!!

次はいよいよウユニ塩湖編スタート!

 

不定期コーナー 「今日の美女」

・同じツアーの子達 かわいかった(ノω`●)

 

今日のコーラ

・生きてコーラが飲める幸せ♪

お次はウユニ編スタート♪

スポンサーリンク

アドセンス 記事下

アドセンス 記事下

ブログ村

海外生活ブログ セブ島情報でセブ島情報、世界一周情報満載の人気ブログがみれます!

関連アドセンス PC

こんな記事も読まれています♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

@yottu33をフォロー

-ボリビア
-, ,

Copyright© 3バカ兄弟の日常 , 2016 AllRights Reserved.