3バカ兄弟の日常

世界一周やフィリピンに関する情報など色々なお役立ち情報を発信するブログメディア

ミャンマー

バガン遺跡のサンセット(夕日)をシュエサンドーパゴダで観光する注意点は?

2015-02-15

「大韓航空機がヤンゴン国際空港でバンコクエア機に接触!気付かず離陸」

ニュースで見ましたが、ボクがミャンマー旅行中ではない時でよかったです(ノω`●)

さて、「バガン遺跡観光」の後半戦ですよ!

バガン遺跡観光で最もハズせないイベントは、バガン遺跡からみるサンセットですよね?

今日は「バガン遺跡のサンセット(夕日)をシュエサンドーパゴダで観光する注意点は?」を書くよ♪

スポンサーリンク

バガン遺跡の観光では昔テレビでみたような景色、心を惹かれる光景にバガンで出会う

バガン遺跡を電動自転車(Eバイク)で観光する上の注意点

なんか生活と観光が入り混じってたなココ・・・。

バガン遺跡を一日で観光するボクら。

  1. Bulethiで気球と朝日のコラボ
  2. ちょっと睡眠
  3. Eバイクでバガン観光を、地球の歩き方の「バガン特急見学コース」

一日でバガン超特急観光をする為に地球の歩き方に書いてある「バガン特急見学コース」を周るのですが、さすがにこの辺りでバガン観光疲れが見え始めていたのです(ノω`●)

いや!!その前に朝からちゃんとバガン観光しようよ!!
長男:Yoshi
ゆうやくん
でも朝ごはんを食べたら、ボクらの行動は同じ一眠りでしたね!

そんな午後からのバガン遺跡観光にも関わらず、疲れ果ててきたボクたちだったのです(*´ω`*)

 

バガン遺跡を電動自転車(Eバイク)で観光するのはスタンド出し入れの繰り返しで疲労度がたまる

バガン遺跡を電動自転車(Eバイク)で観光するのはスタンド出し入れの繰り返しで疲労度がたまる

ちょ!!ちょっと怖いよ!ミャンマーのお土産で買うのも怖い!

バガン遺跡を電動自転車(Eバイク)で観光するのはスタンド出し入れの繰り返しで疲労度がたまる

か、かっこいい(ノω`●)

ここまでバガン観光には必須アイテムだった「Eバイク」だったのですが、思わぬ欠点があった!

メモ

バガン観光に電動自転車(Eバイク)は便利ですが、スタンドの出し入れが大変です!

なぜならバガン遺跡のパゴダに着くたびに、「電動自転車(Eバイク)のスタンドを出して、鍵をかけて、写真を撮ってはまた次に行く」の繰り返しなのです。

Eバイク自体がかなりの重さなのですが、毎回砂地で足場の悪い中でのスタンド出し入れの繰り返しはきつ過ぎなんです!

原付を毎回砂場で持ち上げるような感じです(ノω`●)

そりゃぁバガン観光も短時間で疲れ果てる(笑)

砂地に足を取られながらも、バガン遺跡観光に進む電動自転車(Eバイク)乗りの日本男児2人。

そしていつしか、「遺跡以外の光景」に目を奪われるようになったのです。

バガン遺跡観光でEバイクで走りながら周りを見渡すと、自然が作り上げる光景がとても神秘的、いや自然と一体化してできる必然的な光景

ちょ!!バガン遺跡では「馬車のおっちゃん」がなぜかカッコよくなる!!(笑)

背後にバガン遺跡のパゴダの建造物があるだけで、「ただ馬車に乗っているおっちゃん」が、こうも偉大でかっこよく映るとは・・・。

これぞ遺跡マジックですな♪

 

バガン遺跡の観光で牛の群れは絶景です

バガン遺跡の観光で牛の群れは絶景です

絵になる!!日差しがかっこいい!牛飼いの姿がいいの!

それは疲れながらも、Eバイクのスロットルを惰性でフルであけて走っていた時でした。

ゆうやくん
だいぶバガン観光しましたね~暑いし疲れましたね~!
うん・・・ちょ!!待って!!
長男:Yoshi

突然、道路を横切る「何か」?

子供が飛び出てきたわけでもないが、ここにいる全員が「そこ」で止まっていた。

メモ

電動自転車(Eバイク)はほとんどエンジン音もないから、中国では「サイレントキラー」と呼ばれています

「牛の大群」と「牛使いのおっちゃん」

羊や、サルや世界各地のいろんなところで見なれた光景だったのですが、放牧して、その後家まで帰るこの光景。

でもここ「バガンで見た光景」は、もうなんとも言えなかったのです。

突然バガンの道路を横切る「牛の群れ」

何十頭いるのかわからないが、牛飼いに導かれて同じ方向に歩んでいく

遠い昔にテレビで見た「心惹かれる光景」

お日様の光が砂埃を照らし出す

あの太陽に向かって帰ろう。おうちへ帰ろう。

たぶんテレビで見たような景色だけど、遠い昔にみた景色のようで、西に傾いたお日様が木漏れ日をあて、そこに向かっていく牛の姿。

土煙が光のカーテンを誘いだす幻想的な光景でした。

まるでここだけ異空間のように、周りにいた人はその景色に心を魅了されて、静かにその光景に見入っていました。

ある人は微笑ましくその光景に魅了され、ある人はその景色を留めておこうと手に持った現代文明で捉えていた。

ボクもその一人だった・・・そして彼も・・・。

バガン遺跡 牛飼い 絶景 ミャンマー

ちょ!!!あんたどこまで追っていくねん!!!

彼はこの後、道なき道を電動自転車(Eバイク)で走り、この牛の群れを追い続けたのはいうまでもない(ノω`●)

ボクはタバコを吸って、彼を10分以上その場で待ち続けた!
長男:Yoshi

だけどその結果、彼が捉えた「牛と牛使いの写真」はもう、感動物でした♪

http://nana0410.com/myanmar-5/

ゆうやくん
頑張って追いかけて行った甲斐がありました!

 

バガン遺跡でサンセット(夕日)観光はシュエサンドー・パゴダ(Shwesandaw Pagoda)だけど注意が必要

バガン遺跡でサンセット(夕日)観光はシュエサンドー・パゴダ(Shwesandaw Pagoda)だけど注意が必要

バガン遺跡では美しい夕日とパゴダがなんともマッチする光景です!

バガン観光も一日の終わりを告げるように、だんだんと太陽は沈んでいきます。

バガン遺跡観光は「サンライズ」に始まり、「サンセット」で終わるのです(*´ω`*)
長男:Yoshi

そんなバガン遺跡のサンセット(夕日)観光ポイントのシュエサンドー・パゴダ(Shwesandaw Pagoda)と注意点、入れない人のための他ポイントを紹介するよ♪

 

バガン遺跡のサンセット(夕日)観光ポイントはシュエサンドー・パゴダ(Shwesandaw Pagoda)

バガン遺跡のサンセット(夕日)観光ポイントはシュエサンドー・パゴダ(Shwesandaw Pagoda)

もうすぐ日が落ちる!!ニューバガンを諦めて、シュエサンドー・パゴダに急がねば!!!

ボクらはニューバガンのパゴダを観光に行こうと思っていたけど、時間がないので、急遽方向転換して「バガン遺跡のサンセットポイントのシュエサンドー・パゴダ」を目指す事に!

メモ

シュエサンドー・パゴダはバガン遺跡のサンセットポイントで有名で、多くの人が集まるから早めに行かないと絶景ポイントが埋まります!

Eバイクをフルスロットルで駆け、シュエサンドー・パゴダを目指すボクら。

お日様はもうちょっと我慢しててね!

ボクらがもうすぐシュエサンドー・パゴダに着くから!!

だが、ここで事件は起こったのです(笑)

 

シュエサンドー・パゴダ(Shwesandaw Pagoda)は入村料の10ドルのチケットがないと入れない

シュエサンドー・パゴダ(Shwesandaw Pagoda)は入村料の10ドルのチケットがないと入れない

シュエサンドー・パゴダまで来たのに入れない!てかどんだけ人がいるんだ(笑)

コメントでも頂いていましたが、バガン遺跡の入り口で「入村料の10ドルのチケットチェック」があるところもあるみたいです。

ボクらがここまで周ったバガン遺跡では、チケットのチェックはなかったのです。

だけど夕日スポットのシュエサンドー・パゴダでは、チケットチェックがありました

もちろんバガンにきた時に入村料10ドルを払っていないボクらは、シュエサンドー・パゴダに入れないのです(ノω`●)

 

シュエサンドー・パゴダ(Shwesandaw Pagoda)周辺のパゴダからでもサンセット(夕日)が観れる

シュエサンドー・パゴダ(Shwesandaw Pagoda)周辺のパゴダからでもサンセット(夕日)が観れる

バガン遺跡のサンセットは諦めない心がある限り、観れる!

そんなことでボクらは「バガン遺跡のサンセット」を諦め切れない・・・。

バガン遺跡の夕日を遺跡の上から見たいんだ!!

どこかいいサンセットスポットがないかと探していると、その向かいに「小さな遺跡」を発見(*´ω`*)

そこには、たぶんボクらと同じようにチケットを持ってないであろう人たちが、同じようにバガン遺跡のサンセットを待っていたので、ボクらも混ぜてもらいました。

ミャンマー バガン遺跡 サンセット シュエサンドー・パゴダ
ミャンマー バガン遺跡 サンセット シュエサンドー・パゴダ

その光景は朝日とはまた違った角度で映し出された、バガン遺跡のパゴダとサンセットの調和が美しく描き出されていました。

気温は少しずつ下がり始めていたけれども、それすら気にならずに夢中でバガン遺跡のサンセットを写真に収める。

必見!
ミャンマー バガン遺跡 サンセット シュエサンドー・パゴダ

辺りが暗闇に覆われ始める、夜が始まる瞬間。

この広大な遺跡が眠りにつくとき。

バガンで「一日の始まり」を感じ、「一日の終わり」を感じれる。

ミャンマー旅行情報まとめも参考にしてね♪

ミャンマーの行き方は?バックパッカーが観光に行く前に知りたい約1週間で周るコースや物価など情報まとめ
ミャンマーの行き方は?バックパッカーが観光に行く前に知りたい約1週間で周るコースや物価など情報まとめ

前回のブログで、一応ミャンマー旅行は終わりました。 だいぶ真面目に書いてちょっと疲れた、こんにちはボクです。 ミャンマー ...

続きを見る

 

スポンサーリンク

まとめ バガン遺跡にきたならばサンライズ(朝日)とサンセット(夕日)は絶対に観るべきです

まとめ バガン遺跡にきたならばサンライズ(朝日)とサンセット(夕日)は絶対に観るべきです

こんな最高に贅沢で、最高に人生を謳歌できる瞬間が旅の醍醐味です!

まとめ バガン遺跡にきたならばサンライズ(朝日)とサンセット(夕日)は絶対に観るべきです

寒くなってきたんだから早く降りてこい!

それは人生でもっとも贅沢な時間を過ごしていたと思う。

仕事に追われるわけでもなく、生活に追われるわけでもなく、ただ自分の好きな事をし、好きな時間を過ごす・・・。

ここバガンでこうやって、サンセットから始まり、サンセットで1日を感じられる時間を過ごせて本当によかった。

一人でなく、気の会う仲間とね・・・。

ゆうやくん
最高ですね!写真撮ってください!
寒くなってきたし、疲れたから、はやく降りてこんかぁあぁいい!
長男:Yoshi

二回にわたってお伝えしてきたバガン遺跡ですが、必見のはずせない観光地ですな.

バガン遺跡観光は「サンライズ」から始まって、「サンセット」で締めるのは絶対のおすすめ観光プランです!

マンダレーからバガンの行き方やバガン遺跡の観光や注意点について参考にしてね♪

今日の美女 マンダレーヒルの外国人

ミャンマー

2019/5/21

マンダレーからバガン(ニャウンウー)の行き方は?初めて行く人でもわかる3つの方法を説明するよ

ちょ!日本に帰国して早くもくしゃみが止まらないんですが、これはもしかして花粉症ってやつですか!? 日本に帰国して、花粉症が発生しているこんにちは ボクです。 世界一周バックパッカーの旅やフィリピン・セブ島生活、ミャンマー旅行と花粉とは無関係の身体だったのに蝕まれておりますが、「ミャンマー旅行の魅力の続きのブログ」を書かないといけないですよね♪ いよいよミャンマー旅行の1大イベント観光地のバガンに突入します! 今日は「マンダレーからバガン(ニャウンウー)の行き方は?初めて行く人でもわかる3つの方法」を説明す ...

続きを見る

バガンの観光で気球と朝日はBulethiで絶対に観るべき!おすすめのゲストハウスや観光方法、注意点まとめ

ミャンマー

2019/6/2

バガンの観光で気球と朝日はBulethiで絶対に観るべき!おすすめのゲストハウスや観光方法、注意点まとめ

いよいよミャンマー旅行の最大のイベントのバガン遺跡観光ですね。 帰国後の花粉症がひどくなっている、こんにちはボクです。 ミャンマーに観光に行くといったら絶対にハズせない観光スポットのバガン遺跡です。 バガン遺跡ってどれくらいの広さか知ってる?バガン遺跡の観光はツアー?自分で周れるの? 世界3大仏教遺跡でもあるバガン遺跡は、みるものをワクワクさせますよ♪ ということで、今日は「バガンの観光で気球と朝日はBulethiで絶対に観るべき!おすすめのゲストハウスや観光方法、注意点まとめ」を書くよ♪ スポンサーリン ...

続きを見る

今日の美女 バガン遺跡のミャンマー人のおねーちゃん

ミャンマー

2019/5/7

バガン遺跡の観光まとめ!1日で効率よく周れる遺跡のパゴダを紹介していくよ

マンダレーからやってきた「世界3大仏教遺跡のバガン遺跡」 ミャンマー旅行で絶対に訪れたい遺跡ですよね? 前回もちょろっと触れましたが、今回はミャンマーの「バガン遺跡の魅力」をたっぷりとお届けいたします♪ 今日は「バガン遺跡の観光まとめ!1日で効率よく周れる遺跡のパゴダ」を紹介していくよ♪ スポンサーリンク ミャンマーのバガン遺跡とは?観光方法やどこに各遺跡やみどころがあるか? バガン遺跡は広大な土地に、点々と大小さまざまなパゴダがありますよ(*´ω`*) ミャンマーのニャウンウーにある世界3大宗教遺跡のバ ...

続きを見る

準VIPのEliteが予想外に快適!ミャンマーの夜行バスでおすすめの理由を説明するよ

ミャンマー

2019/5/7

準VIPのEliteが予想外に快適!ミャンマーの夜行バスでおすすめの理由を説明するよ

うん。お金って切実ですね。日本に帰ってきてはや一ヶ月半が経過し、仕事もせずに家でダラダラするニート生活。 あかん!お金がどんどん減っていってるやん(笑) 「TOEIC勉強」という言い訳をしているこんばんわ ボクです。 楽しかったバガン観光も終わり、いよいよボクの「ミャンマー旅行」も終わりが近づいてきました。 その為にはバガンからヤンゴンに戻らないといけないのです。 今日は「準VIPのEliteが予想外に快適!ミャンマーの夜行バスでおすすめの理由」を説明するよ♪ スポンサーリンク バガンからヤンゴン行きのバ ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ミャンマー
-

Copyright© 3バカ兄弟の日常 , 2019 All Rights Reserved.