3バカ兄弟の日常~世界一周旅行情報・セブ島生活ブログ~

3バカ兄弟の日常-世界一周旅行情報・セブ島生活ブログ-2011/3/16より2年1ヶ月56カ国をバックパッカー旅で得た費用,持ち物,観光,行き方,安宿,お土産,フィリピン・セブ島留学情報など更新中!

ミャンマー旅行

イッテQでミャンマーにイモトが行っていたミャンマー観光の魅力とは?

投稿日:2015-03-01 更新日:

今日のイッテQでイモトがミャンマーに行ってましたね。

TV番組だから、バガンで気球に乗っていたけどやっぱりバガン遺跡を気球から観る景色はめっちゃよかった(ノω`●)

そんな「イッテQでもロケを行っていたミャンマー人のその魅力とは?」

スポンサーリンク

アドセンス 記事下

ミャンマーの魅力とは?その優しいミャンマー人の笑顔と根底の同じ仏教

ミャンマーの魅力とは?その優しいミャンマー人の笑顔と根底の同じ仏教

バガン遺跡の気球とサンライズの景色は一生忘れられない光景だった

イッテQでイモトが乗っていたミャンマー・バガン遺跡の気球から景色。

ボクも気球には乗らなかったけど、気球とサンライズとバガン遺跡のコラボの景色にはめっちゃ感動していた。

8,440view
バガン観光情報!気球と朝日はBulethiで絶対に観るべき!
バガン観光で気球と朝日はBulethiで絶対に観るべきです

ちょ!日本に帰国して早くもくしゃみが止まらないんですが、これはもしかして花粉症ってやつですか!? 日本に帰国して、花粉症 ...

続きを見る

長男:Yoshi
ミャンマー旅行をしていて、どんどんミャンマーが好きになっていたボク。

旅行者がミャンマー旅行をして、どんどんミャンマーに魅了されるその理由とは?

 

軍事政権崩壊後のミャンマーを観光地化される前に観ておきたかった

軍事政権崩壊後のミャンマーを観光地化される前に観ておきたかった

ミャンマー人の屈託のない笑顔にどんどん魅了されていった

ミャンマー旅行者が「ミャンマーに魅了されていく」その理由は、もうそれは一言でいってしまえば・・・。

まだ発展していない、そして汚れていない「ミャンマー人の笑顔」だと思います♪

ボクもミャンマー旅行に行くまでは、ミャンマーは軍事政権が終わったと言っても、まだまだベトナムのような社会主義のような国だと思っていました。

 

軍事政権崩壊後に観光地化される前にミャンマーを観光したかっただけだった

まだ軍事政権後に国が変わりきっていない、そしてこれからどんどん観光客が押し寄せて、ミャンマーという国が変貌していってしまう。

そうなる前に、変わる前に「ミャンマーの今あるその姿、観光地化される前の姿を見ておきたい」という、そんな気持ちもありました。

 

でもミャンマー旅行をした人が口々にいった言葉で「あんなに心癒される国はないよ!」

長男:Yoshi
「ただ田舎で、のんびりしているんだろうなぁ~」というくらいの気持ちで受け止めていました

 

ミャンマーに入った瞬間から魅力を感じるその答えは根源にある同じ宗教「仏教」

ミャンマーに入った瞬間から魅力を感じるその答えは根源にある同じ宗教「仏教」

同じ日本人とミャンマー人の仏教

なんだろう?ミャンマーのあの居心地のよさ、そしてミャンマーに着いたその初日から「居心地のよさ、空気、ミャンマー人との関わり」を感じずにはいられなかった。

ミャンマー人は決してみんなが英語が話せるわけではないし、ボクもミャンマー語を話せるわけではない。

2,610view
今日の美女 シュエダゴン・パゴダのミャンマー人の女の子
ヤンゴン観光でシュエダゴン・パゴダの魅力とは?入場料・時間まとめ

さてなぜか日本に帰ってきて過去最大の下痢になってますが、何故でしょう!? こんばんわ!そんな体調不良のボクです。 &nb ...

続きを見る

 

たとえ言葉が通じなくても、素直に純粋に分かり合えるミャンマー人の魅力

でも、お互いに言いたい事は分かりあえて、身振り手振りでなしえる会話があった。

そこに面倒な感情や、汚れた感情は一切なく、純粋に「優しさ、親切な心」を持って接してくれるミャンマー人。

 

こんなに「優しさに溢れた人たちと出会えるミャンマーの魅力」

それだけで色んな国をみてきたボクは「人とは?どういう風に接するのか?」と距離をとっていた自分が、少しずつきれいになっていく気がした。

それはミャンマーのどの場所に行っても感じた、「他のアジアの国とは違う何か」だった。

 

同じ根源にある「仏教」根底の考え方は共通する

きっと同じ仏教国ということも、大きいのだと思う。

世界を周ったことで、すごくわかったことはボクら日本と同じ仏教で、分派して形は違ってはいるけども、元をたどれば最初は同じ仏教の国」はなぜか親密に感じた。

 

日本で暮らしていたときはあまり感じなかった宗教は、他の国では人々の生活、いや、根底の考え方にすごく密接に関わっている。

長男:Yoshi
「同じ仏教国のミャンマー」には、すごく魅力を感じたのです

 

まとめ ミャンマーの魅力は「ミャンマー人の笑顔」誰が訪れても魅了される国です!

まとめ ミャンマーの魅力は「ミャンマー人の笑顔」誰が訪れても魅了される国です!

広大な遺跡に自然とまだまだ残っているミャンマーが大好きです!

ボクがミャンマー旅行に行った後、2人の旅人がミャンマーに行った時に、こう言ったのです。

長男:Yoshi
ミャンマーは東南アジア、いや世界中で好きな国上位に入る国になったよ!ミャンマー人も優しいし、きっと好きになるよ。

その言葉通りに、彼らはすぐにミャンマーという国を好きになった。

 

ミャンマーは、決して先進国のような快適さがあるわけでもないし、かといって何もない田舎でもない。

彼らもボクも、ミャンマーを旅行した人は、ただ「ミャンマー人の温かさ、優しさ、素朴さ、そしてミャンマー人の笑顔」に魅入られたのだろう。

そしてまだまだ残る自然や広大な遺跡、信仰心。

 

まだミャンマー旅行、いやミャンマーに行ってない人は、ぜひミャンマーの良さに触れてみてください!!

きっとミャンマーという国に入ったその初日から、ミャンマーの魅力にひきつけられるから♪

ボクのミャンマーを楽しむ為の情報はすべてココに纏めた記事!

保存版!
ミャンマー観光!旅行する前に絶対に迷わない行き方・ビザ・両替・安宿情報まとめ
ミャンマー旅行をする人が知りたい行き方からビザ・両替・観光情報を説明するよ

前回のブログで一応「ミャンマー旅行」は終わったので、今回はミャンマー旅行をまとめてみよう! これを見れば、初めてのミャン ...

続きを見る

アドセンス 記事下

アドセンス 記事下

ブログ村

海外生活ブログ セブ島情報でセブ島情報・世界一周情報満載の人気ブログがみれます!

関連アドセンス PC

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Yoshi(丼)

Yoshi(丼)

長男の設定で「3バカ兄弟の日常」を書いてる人。 世界一周バックパッカー旅行を2年1ヶ月56カ国した後、フィリピン・セブ島で約2年間オンライン英会話の会社で現地人に揉まれながらマネージャーをやっていました。

-ミャンマー旅行
-,

Copyright© 3バカ兄弟の日常~世界一周旅行情報・セブ島生活ブログ~ , 2017 All Rights Reserved.