3バカ兄弟の日常

世界一周やフィリピンに関する情報など色々なお役立ち情報を発信するブログメディア

現地情報

フィリピンでコンドミニアムを賃貸する時の注意点を初めて借りる人にわかりやすく説明するよ

2015-06-07

先週から本格的に働く事になり、「英語関係の仕事」もちょくちょく入ってきました。

色んな職種を経験しましたが、人生で初めての「スーツ」で勤務している こんばんわ ボクです。

色んなところにまずは先輩についていっての勉強だったのですが、金曜日に今後ボクが関わる英語関係の事業のボスになる方と初対面でした。

そんなボスから初のお仕事の英文契約書から英文申請書、英文委任状の翻訳でした。

フィリピンでコンドミニアムの賃貸をするときなど英文契約書や申請書などの書類は難しいし、ちょっとでも内容を読み間違えてサインすると大変な事になりますよね?

フィリピンでもコンドミニアムを賃貸する時には英文契約書にサインをするけど、色々と注意点があります。

ということで、今日は実際にボクも失敗した「フィリピンでコンドミニアムを賃貸する時の注意点を初めて借りる人」にわかりやすく説明するよ

スポンサーリンク

フィリピンでコンドミニアムを賃貸する時の英文書類にサインする場合の注意点

フィリピンでコンドミニアムを賃貸する時の英文書類にサインする場合の注意点

英文契約書って難しい単語が並んでいるから読む気なくなるよね(ノω`●)

突然、新しいボスからこれからの事業に関わる英文の申込書・誓約書・委任状・契約書の数々の翻訳依頼の仕事をふられたボク。

三女:ウィラちゃん
英文の契約書って難しいわよね~♪
ちょ!大量にあるし、英文契約書とか苦手なんですけども(ノω`●)
長男:Yoshi

日本語の契約や定款でさえ難しいいいまわしや言葉が使われるのに、英語になると単語も難しくなりますよね?

半分以上泣きながら、土日の休日返上で翻訳作業をしましたよ・・・。

フィリピンでコンドミニアムを賃貸する人も英文契約書にサインをしないといけないです。

フィリピンのコンドミニアム賃貸も含めて、英文書類にサインをするときの注意点を説明するよ♪

 

フィリピンでコンドミニアムの賃貸などの英文書類は信頼できる人と一緒にサインしてください

セブ島生活でもDOLEにAEPの書類の提出にいったり、PEZAビザの申請書を書いたりと、色んなところで英文書類と戦いました。

ボクの場合は、ウチのアカウンタント(会計士)に聞きまくってたし、最悪わからなかったら書いてもらった・・・。

頼れるフィリピン人スタッフがいればまだいいけど、単身で海外やフィリピンに渡った人などはバンクアカウント開設やコンドミニアムの賃貸契約など、すべて英語でそしてまどろっこしいことが書いてある契約書と向き合わなければいけません!

英語が得意ではない人やビジネス英語がわからない人は、現地の人と一緒に英文契約書にサインをすると思うけど・・・。

注意ポイント

フィリピンのコンドミニアムの賃貸契約書やバンクアカウント開設など、英文契約書は本当に信頼できる人とサイン時はいってください!

長年の付き合いがある場合はいいけど、知り合ってすぐの場合やお店でであった外国人女性の場合は適当または乗っ取る可能性も十分にあります。

ここで日本と同じように大して読まずに英文契約書にサインしてしまうと、あとあと不利な請求・立場にたったりするから契約時は最も注意してください!

海外で「日本人がよくわからずに英文書類にサインをして、不利な履行が記入してあった、余分な金を請求された」という話は日常茶飯事で、ボクも相談されたことが多々あります。

特に、フィリピンの場合は

  • 会社の登記には5人以上の発起人が必要で過半数以上がフィリピン人(フィリピン在住者)でなければいけない。
  • 外国人は土地を所有はできない。
  • レストランなどの飲食店の権利を外国人は持つことができない。

など、法律に詳しくなければ外国人に不利な条項がいっぱい盛り込まれてます♪

英語があまりできない日本人のカモがやってきたならそりゃぁ向こうは狙ってきます!

会社、レストラン経営など裏切られたらすぐに乗っ取られますよ。

つまり、英文書類にサインする時にはよっぽど信頼がおけるフィリピン人弁護士や日本人と一緒に行ってください。

 

フィリピンでコンドミニアムの賃貸契約時は英文契約書のRefund(返金)をよく読む

フィリピンでコンドミニアムの賃貸契約時は値引き交渉ができるのを知っていますか?

ボクが結局セブ島生活最後まで住んでいたコンドミニアムは、契約したときも管理?顧客を任せられている「ベラ」っておばちゃんと交渉して、言い値から3,000ペソ(約8,000円)値下げしました!

かんたん説明

フィリピンでコンドミニアムなどの賃貸契約時には、デポジット(敷金)、アドバンス(前家賃)が数か月分入居時に必要になります。

特に、コンドミニアムの英文契約書でRefund(返金)の方法は注意してください!

例えば、ボクのコンドミニアムの賃貸契約書を見たら、ベラと話したときは3,000ペソ引き/月だったのに、2,000ペソって記入されてモメました

また、ミャンマーに行く前日までコンドミニアム退去時のデポジット(敷金)のRefund(返金)の方法でモメました!

ウチのコンドミニアムのデポジット(敷金)のRefund(返金)の方法は銀行振込となっていて、フィリピンから脱出するから現金で貰おうとしたら、帰国日ギリギリまで支払いが遅れた!

このようにフィリピンのコンドミニアム賃貸時に英文契約書の記載をあまり読まずにサインをすると困ることもあるので、コンドミニアム賃貸契約時は「Refund(返金)」のところまでしっかりと読んで下さい!

英文契約書だと、見えないところに色々と書かれていることがあるから、英語が苦手な人は通訳を雇った方がいいよ(ノω`●)
長男:Yoshi

 

まとめ フィリピンでコンドミニアムを賃貸したい人は信頼できる人と一緒に行って英文契約書をしっかり読みましょう

快適!
まとめ フィリピンでコンドミニアムを賃貸したい人は信頼できる人と一緒に行って英文契約書をしっかり読みましょう

ボクがセブ島時代に住んでいたコンドミニアムです(*´ω`*)

リタイア後の夢の年金生活で海外移住や海外生活では、何をやるにしても英文契約書や英文誓約書などの英文書類を戦わなければなりません!

それはフィリピン移住も同じで、まず一番最初にフィリピンのコンドミニアム賃貸か購入でも英文契約書がきます。

「フィリピンでコンドミニアムを賃貸する時の注意点」は、こんな感じですね♪

フィリピンでコンドミニアムを賃貸する時の注意点

  • デポジット(敷金)、アドバンス(前家賃)が数か月分入居時に必要!
  • 信頼できるフィリピン人か日本人と一緒に行く!
  • Refund(返金)の方法をよくチェックする!

海外では日本人が権利を持てないモノが多くあるので、日本の契約書のようによく読まずにサインをするということは絶対に避けてください!

三女:ウィラちゃん
ちょっと~この英文契約書にサインしてくれない?
ちょ!待て!なんで土地の借用書にサインせなあかん!しかもWitness(連帯保証人)の欄じゃねぇか!
長男:Yoshi

今ではマレーシアでリタイアメントビザでの移住や、フィリピンで若い女の子を捕まえてのリタイア生活などいろんなパラダイスが待っていますが、そこには英語との関わりは切れません。

のんびりプール・ジム付きのいいフィリピンのコンドミニアムに住んでいたつもりが、「いつのまにか手持ちの資産がなくなった!乗っ取られた!」など困窮邦人にならないように、ちょっとは英語と向き合いましょう。

買い物・資産運用・病院にかかるにしても、英語を学ぼうとする努力があるなしでは大きく違いますよ♪

セブ島やバコロドのコンドミニアムについて参考にしてね♪

セブ島の新築コンドミニアム物件不動産は?投資したい人が知りたい内容を紹介するよ

現地情報

2019/9/30

フィリピンの不動産でセブ島の新築コンドミニアムに投資したい人が知りたい内容を紹介するよ

フィリピンのセブ島の発展はまだまだ続いていますね♪ フィリピンの大統領もドゥテルテ新大統領になって、犯罪者撲滅で治安がよくなるのか考えている、こんばんわボクです。 フィリピンの不動産事情で、ボクが居たころから建てまくっているセブ島のコンドミニアムが、まだまだ増えています。 日本で不動産投資をしている方も、海外不動産は注目していますよね? そんな海外不動産投資をしている人も注目しているフィリピンの不動産でセブ島のコンドミニアム。 ということで、今日はフィリピンのセブ島に旅行に行った時についでに調べた「フィリ ...

続きを見る

フィリピンのコンドミニアムでバコロドに購入したい人に実際に見て周った内容

現地情報

2019/6/16

フィリピンのコンドミニアムでバコロドに購入したい人に実際に見て周った内容を紹介するよ

去年の11月のフィリピンのバコロド旅行は、このコンドミニアムの視察がメインでもありました。 今年は動く年にする、こんばんわボクです。 だいぶフィリピンのバコロドの事ばかりこのブログに書いているけど、いかにボクが「フィリピンのバコロドが好き」か伝わったでしょう! フィリピンのバコロドは、今発展途中でコンドミニアムが建設ラッシュで、不動産投資案件としても熱いって知っていますか? 州庁舎の横には、新しく4つ星ホテルのが完成して、上々の評判です。 ということで、今日は「フィリピンのコンドミニアムでバコロドに購入し ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-現地情報
-

Copyright© 3バカ兄弟の日常 , 2019 All Rights Reserved.