3バカ兄弟の日常:世界一周旅行情報-セブ島生活ブログ

3バカ兄弟の日常 世界一周旅行情報-セブ島生活ブログ。2011/3/16より2年1ヶ月56カ国を世界一周バックパッカーの旅をしました。世界中で「今日のコーラ」と「今日の美女」を撮影!観光地、費用、持ち物、安宿、お土産、世界遺産、LCC、フィリピン・セブ島語学学校、留学情報などお届けします!

オロキエタ

ミンダナオ島オロキエタとは?フィリピンの昔の家がある平和な田舎町だった

投稿日:2016-08-28 更新日:

前回までで「ミンダナオ島オザミスの魅力は語りつくした」といっても、過言ではないだろう(笑)

うん。そんなオザミスからオロキエタ市(oroquieta)に移動したんだよ!!

ということで、今日は「ミンダナオ島オロキエタって?フィリピンの昔の家があるのどかで平和な田舎町!」

スポンサーリンク

アドセンス 記事下

ミンダナオ島オロキエタシティーに行くよ!オザミスからオロキエタの行き方は?

ミンダナオ島オロキエタシティーに行くよ!オザミスからオロキエタの行き方は?

うん。わかりやすいようにミンダナオ島拡大マップしたけど、セブ島より数倍も大きいよね♪

ミンダナオ島オロキエタシティーって言われても・・・。

うん。どこにあるかも、何があるかもさっぱりとわからない(*´ω`*)

 

ミンダナオ島 オロキエタ市って?

オロキエタの語源は、スペイン語で「金」を意味する「Oro」と、「見つかった」を意味する「Quieta」からなる。

オロキエタは第二次世界大戦の一時期、フィリピンの臨時首都だったことがある。フィリピン・コモンウェルス大統領マニュエル・ケソンは、マニラを脱出しオーストラリア経由でアメリカ合衆国へ向かう途中、まだ市ではなく町だったオロキエタに到着し、ここで亡命政府を樹立した。その後、彼はコモンウェルスの閣僚たちとアメリカ極東陸軍(U.S. Army Forces Far East)の潜水艦でオーストラリアに向かった。日本の降伏とフィリピン共和国の独立後、政府はオロキエタを戦時に果たした役割から市へ昇格させた。

参考 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%AD%E3%82%AD%E3%82%A8%E3%82%BF

 

オロキエタ市は金が見つかった都市なんだね!

 

え!!ちょ!!金あるん?掘ればでてくるん!?(笑)

それくらいの知識でしかなかったボク。

オザミス同様にネットに情報が英語ページですらないんだもの。外国人観光客なんて皆無なんだもの。

 

ただ一つ言える事は

外務省渡航情報でレベル3(渡航中止勧告)のエリアにボクはいる!この事実だけだ(ノω`●)

17,947view
まとめ CebuPacific(セブパシフィック)航空の特別セール「1Pプロモ」はスマホアプリから予約するのが秘訣!
いざフィリピン・ミンダナオ島オザミスへ!拉致・誘拐って治安は大丈夫?

フィリピンは、日本と同じ島国ですよね。 今回はそのフィリピン・ミンダナオ島のオザミス(Ozamiz)市とオロキエタ(Or ...

続きを見る

 

ミンダナオ島 オザミスからオロキエタの行き方は?

ミンダナオ島 オザミスのバスターミナルからオロキエタの行き方は

  • バン
  • ローカルバス(エアコン or  ノンエアコン)

で1時間くらいで着くよ♪

料金はバンもバスも50P(約110円)

 

オロキエタのバスターミナルに着いたら客引きのおっちゃん、兄ちゃんが群がってくるからそこについていけばよい!コイツラは妙に威勢がよくて笑えるよ♪

オザミスの中心地からバスターミナルまではトライシクルで20P(約50円)もあればいけるだろうから、交渉してみてね(*´ω`*)

 

 

ミンダナオ島 オロキエタシティー そこは田舎で素朴なオールドスペインを感じさせる街だった!

ミンダナオ島 オロキエタシティー そこは田舎で素朴なオールドスペインを感じさせる街だった!おぉ!イスラム違ったね!キリストがお出迎えしてくれたオロキエタ市!初めまして♪

 

オザミスからのんびりエアコン付きのバンでやってきたオロキエタ。

途中で後ろのフィリピーナが車酔いして、ゲーゲー吐いてバンの中の空気がすっぱくなった事は・・・・

 

キツかった!!エアコンで締め切り!!危うくもらいゲロしそうになったわ。・゚・(ノ∀`)・゚・。

 

オロキエタのバスターミナルを降りれば、田舎町がお出迎え!のどかで平和!

オロキエタ バスターミナル ミンダナオ奥に見えるバスが止まっているのがバスターミナルだよ♪ 意外と大きくてびっくりしたんだけどね(笑)

 

オロキエタのバスターミナルをでれば、そこは田舎町がお出迎え。

でも田舎街と言っても、立派な家とかは普通にそこらにある。

ただ、小さな街だけどセブやオザミスと違ってゴミゴミしていなく、のんびりした空気が流れている・・・。

 

 

 

オロキエタ 公園前 小学校 ミンダナオ のどかな空気

海沿いの公園にはみんながのんびりと座っている。

目の前には小学校があり、子供達が元気いっぱいに遊んでいる風景。

道路はモーターカブが行きかうが、そこまで車が多くなく、小学校の登下校の時間にはお出迎えのお父さん、お母さん、そして交通整理もしていてすっごくのどかで、そして日本の昭和の風景を感じさせてくれるオロキエタ・・・。

 

オロキエタのホテルはアジア ノボ ブティック ホテル

オロキエタのホテルはアジア ノボ ブティック ホテル

今回のミンダナオ島オロキエタのホテルは アジア ノボ ブティック ホテル

てかオロキエタってホテルが少なすぎる(ノω`●)

オザミスもそうだったけど、基本的に外国人観光客がいないからホテルもすくないんだよね・・・。

でも、キレイでWiFiも切れたりするけど、スタッフの女の子たちはめっちゃ明るくて親切で、海沿いで快適なホテルでしたよ!

 

オロキエタの観光地は?海沿いは、夕暮れ前は憩いの場に・・・。

オロキエタ 観光地 ミンダナオ島 oroquieta touristspotちゃんとオロキエタの周りにも観光スポットはあるみたいだが・・・。

 

公園の近くには旅行会社もあり、周りにも観光地はあるようです♪

まぁボクはどこにあるかわからなかったし、のんびりしたいから行かなかったんだけど(笑)

その代わりに・・・。

 

オロキエタ 海沿い 公園 憩いの場 

 

こんな感じに海沿いでのんびりと座ってましたよ(*´ω`*)

夕暮れ前にはみんな集まってきて、ここでのんびりとした時間を過ごす癒しの空間・・・。

 

オロキエタ 海 ミンダナオ島

海はやっぱり、黒い砂でそんなにキレイではないけど、子供達は海のはいって遊んでいる。

波も高くないからね♪ そして海に漁に行くバンカーボート。

オロキエタの民も海とともに生活しているんだね(*´ω`*)

 

オロキエタにはジョリビーが1軒のみ!他のファーストフードもカフェもないよ♪

オロキエタ ジョリビー Jolibee おぉ!!あのフィリピン国民フードのジョリビーは1軒のみ!(笑)

 

オロキエタのファーストフードはジョリビー(Jolibee)1軒のみ!!(笑)

他にカフェとかなにもないよ♪

でもアポ島、カモテス諸島、マラパスクア島とかもないか!ってか島か!!あっちは(笑)

 

ちっちゃなモールと市場、あとはよく見るパン屋、ちっちゃなスーパーのみ!!

 

オロキエタの中心地は夜7時には閉まるから真っ暗になるよ(*´ω`*)

いやぁ~のどかってか、ちょっとカフェでコーヒー飲みながらネットでも・・・・ってそんな事できるわけないよ♪

 

まとめ 昔の家が残るオロキエタ 平和でのんびりした空気でまったりできるよ!

オロキエタ 昔の家 スペイン ミンダナオこれはスペイン風の家?日本がフィリピンに侵略する前の家だね。

 

オロキエタの街中には立派な大きな家もあれば、このようにスペイン統治時代からの流れ?で日本軍がフィリピンに侵攻する前のような家がところどころに残っている。

このような家は空き家になっている家が多いけど、まだ人々がくらしている家もあった。

 

今までフィリピンの色々なところを旅したけど、まだ見たことがなかった景色に遭えたオロキエタ。

のんびり田舎で、観光客もいなくていいオロキエタ!まだまだ魅力を語るよ!

こんなに魅力!?いっぱい?オロキエタの記事はコチラ(笑)

11,815view
今日の美女 フィリピン人の子供ってかわいいね!
フィリピン人恋人がいる日本人が受ける洗礼をついに体験した事とは?

ミンダナオ島で昨日9/2にイスラム過激派アブサヤフの犯行と思われるテロがありましたね・・・。 今後の動きがない事を祈りま ...

続きを見る

オロキエタの安宿(ゲストハウス・ホテル)情報 Asia Novo Boutique Hotel Oroquieta(アジア ノボ ブティック ホテル)

Asia Novo Boutique Hotel Oroquieta(アジア ノボ ブティック ホテル)

デラックス:1泊850ペソ

デラックス、ツイン、ファミリー、スイート、VIP。トイレ、シャワー付き。 遅いけどWiFiあり

ノボホテルはオザミスにもあるフィリピン系列ホテル。スタッフの女の子たちも毎回挨拶してくれたり、明るくて、部屋もキレイでいいホテルです!1階にNovoってスーパーがあるのもまたいい(笑)

12時間、24時間で支払える、たぶんちょっとアッチ系でりようすることもできるホテルだけど、唯一日本からオロキエタ市の予約できるホテルです!

⇒アジア ノボ ブティック ホテルの料金をチェック

アドセンス 記事下

アドセンス 記事下

ブログ村

海外生活ブログ セブ島情報でセブ島情報・世界一周情報満載の人気ブログがみれます!

関連アドセンス PC

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Yoshi(丼)

Yoshi(丼)

長男の設定で「3バカ兄弟の日常」を書いてる人。 世界一周バックパッカー旅行を2年1ヶ月56カ国した後、フィリピン・セブ島で約2年間オンライン英会話の会社で現地人に揉まれながらマネージャーをやっていました。

-オロキエタ
-

Copyright© 3バカ兄弟の日常:世界一周旅行情報-セブ島生活ブログ , 2017 All Rights Reserved.